スカイフィッシュのドローンブログ | カメラ・ガジェット・ドローンの撮影レビュー

東京在住のドローンブロガー"スカイフィッシュ"による、カメラ・ガジェット・ドローンの撮影&レビューブログです

スカイフィッシュのドローンブログ

【レビュー】一眼レフ、ミラーレスカメラが簡単にWEBカメラになる!キャプチャーボードの使い方


デジカメをウェブカメラに利用

コロナ禍の影響であっという間に普及した感のある、PCやスマホを使ったオンライン会議やリモートワーク

 

そんな急速に変化する世の中に応じて、オンライン通信で使うウェブカメラを、画質の良いミラーレスカメラなどのデジカメで利用するというのが人気になっています。

デジカメをウェブカメラに利用

 

実際に自分も手持ちのカメラでネットにつなげるのか試してみました。

使ったのはこちらの機器「キャプチャーボード」 

(おそらく中身一緒のキャプチャーボード) 

 

キャプチャーボードを使うことで、面倒な操作や複雑な設定をすること無く、シンプルな構成で簡単にデジカメをウェブカメラ化できます。

 

今回接続テストをしたカメラのラインナップはこちら

  • 一眼レフカメラ
  • ミラーレスカメラ
  • コンデジ
  • シネマカメラ
  • アクションカメラ
  • ドローン 

とりあえず僕の環境(Mac)では無事に使えましたよ!

 

自分の環境で行なった設定方法と、映し出される映像の使用感を紹介します。

 

 

 

【レビュー】キャプチャーボードを使って手持ちのデジタルカメラを高画質なウェブカメラ化!【Mac OS】

デジカメをウェブカメラに利用

今回の方法でデジカメをウェブカメラに応用すればこんな用途に使えます!

  • ライブ配信
  • オンライン会議
  • テレワーク(リモートワーク)
  • オンライン飲み会(ZOOM飲み) 
  • オンライン学習
  • オンライン帰省(?)

 

PCにカメラが付属していない場合の外付けカメラとしてはもちろん、PCのインカメラではできない高画質な撮影や、一眼カメラならではの交換レンズによる画角の変化も楽しめます。

 

 

手持ちのデジカメをWEBカメラに代用するキャプチャーボード

キャプチャーボードキャプチャーデバイスと呼ばれる機器を使い、カメラとPCの間に取り付けます。

手持ちのデジカメがWEBカメラになるキャプチャーボード

 

用意したキャプチャーボードの取り付け方法

手持ちのデジカメがWEBカメラになるキャプチャーボード

アマゾンで購入したこちらのキャプチャーボード 「HSV321」 という製品

 

キャプチャーボード本体と、USB3.0のケーブルが付属

手持ちのデジカメがWEBカメラになるキャプチャーボード

 

さらにHDMIケーブルを2本使用するので別途用意します。(カメラとモニターに接続用)

今回は余っていた手持ちのケーブルを使用。

 

※HDMIケーブルの種類は複数あり、モニター側とカメラ側の端子に合わせたケーブルの用意が必要なので注意

  • 一般的なタイプA
  • タイプC(HDMI ミニ)
  • タイプD(HDMI マイクロ)

が代表的なHDMI端子

HDMIケーブル(タイプA)

HDMIケーブル(タイプA)

HDMIケーブル(タイプC)

HDMIケーブル(タイプC)

HDMIケーブル(タイプD)

HDMIケーブル(タイプD)

 

カメラ側のHDMI端子
カメラ側のHDMI端子
カメラ側のHDMI端子
カメラ側のHDMI端子 (左)タイプA (中)タイプC (右)タイプD

  

キャプチャーボード本体の両側には1つのUSB端子と、2つのHDMI端子(IN・OUT) 

キャプチャーボード
キャプチャーボード
キャプチャーボード

HDMIのINは入力する側

カメラで取り込んだ映像をキャプチャーボードに入力します。 

 

HDMIのOUTは出力する側

キャプチャーボードに取り込んだ映像をモニターに出力します。

 

USBケーブルはキャプチャーボードからPCに接続

手持ちのデジカメがWEBカメラになるキャプチャーボード

 

各ケーブルを挿し込みました。 

手持ちのデジカメがWEBカメラになるキャプチャーボード

 

f:id:drone_skyfish:20200427111221j:plain

 

今回はPCもモニターも一体型の iMac に接続します。USBと出力のHDMIケーブルは同じiMacの端子に接続。

iMacにHDMIはそのまま取り付けられないので、USB-Cへの変換コネクターを使用し、iMacのThunderboltポートに接続します。

f:id:drone_skyfish:20180626214724j:plain

手持ちのデジカメがWEBカメラになるキャプチャーボード

 

 

自分のPC環境は macOS Mojave で使用しています。  

f:id:drone_skyfish:20181001231154j:plain

手持ちのデジカメがWEBカメラになるキャプチャーボード 

www.droneskyfish.com

 

試しにZoomでカメラ設定をしてみました。

f:id:drone_skyfish:20200427090623p:plain  

 

Zoomのビデオ設定の部分が初期設定ではPCのインカメラ(Macの場合、FaceTime HDカメラ)になっていますが、正しくセットできていれば外部デバイスの選択肢が追加されます。

今回の場合「MiraBox Video Capture」

あとはこれを選択するだけ。

f:id:drone_skyfish:20200427090635p:plain

 

試したカメラ

手持ちの複数のカメラを接続して映りをチェックしてみました。 

 

念のため、iMac初期設定のインカメラではこの様な写り。

ウェブカメラとしては一般的な雰囲気ではありますが、カメラの画角が広いのでごちゃついた部屋が丸見えなのと、画質も良くありません。

デジカメをウェブカメラに利用

デジカメをウェブカメラに利用

 

では手持ちのカメラに切り替えていきます。

 

一眼レフカメラ CANON EOS 6D

デジカメをウェブカメラに利用

一眼レフカメラ CANON EOS 6D   (HDMI端子・タイプC)

レンズはSIGMA 35mm F1.4 DG Art

 

デジカメをウェブカメラに利用 

さすがにフルサイズセンサーのカメラだけあって画質はキレイ。インカメラとは別格です。

 

短焦点レンズの35mmは普段から使いやすい焦点距離ですが、ウェブカメラとして自分を映すのにも寄り過ぎず引き過ぎず、ちょうど良い。

最初はf/1.4の開放で試してみましたがピント面が薄すぎだったので少し絞ると良いかと。

デジカメでwebカメラ 

ただ問題として、6Dは一昔前の世代のカメラ。

パススルーに対応していないため、カメラの設定メニューなども一緒に映し出されてしまう。

余計な情報が出ているため、ごちゃっとした表示画面。

よって正直ウェブカメラ用途としてはオススメしない。

 

 

www.droneskyfish.com

 

www.droneskyfish.com

 

ミラーレスカメラ SONY α7RIII 

デジカメをウェブカメラに利用

ミラーレスカメラ SONY α7RIII  (HDMI端子・タイプD)

レンズはSIGMA 24-70mm F2.8 DG DN Art

 

デジカメをウェブカメラに利用

こちらもフルサイズセンサーのカメラ

好評のレンズ描写と合わせ画質はかなり良い。f/2.8の開放で撮影すれば、メインはしっかりと映し出し背景もいい感じにボケてくれます。 

さすがSONYの顔認識で、ピント合わせもスムーズ

デジカメでwebカメラ

先ほどの6Dと比べると無駄なメニュー表示なども非表示になり、すっきりした画面。

 

ズームレンズを使用したので画角も自分の好みに。

これは焦点距離24mm

デジカメをウェブカメラに利用

 

これは焦点距離35mm

デジカメをウェブカメラに利用

 

これは焦点距離50mm

デジカメをウェブカメラに利用

50mmの時点ですでに寄り過ぎだったので、70mmはやめておきましたw

 

レンズをSIGMA 14-24mm F2.8 DG Art に変えて撮影してみましたが、14mmは広角過ぎて部屋が丸出しw

デジカメをウェブカメラに利用

逆に自分の環境を見せたい場合や、カメラに複数人が映り込む場合には、広角レンズを選ぶのはアリだと思います。 

 

 

www.droneskyfish.com

 

www.droneskyfish.com

 

www.droneskyfish.com

  

コンパクトデジカメ FUJIFILM X100V

デジカメをウェブカメラに利用

高級コンデジのFUJIFILM X100V  (HDMI端子・タイプD)

 

デジカメをウェブカメラに利用 

センサーはAPS-Cで、一般的な一眼レフカメラなどと同等の撮影ができるカメラ。

固定式レンズの焦点距離は換算35mmで、先ほどから言っている使いやすい画角。

AFのピント合わせも問題なし。

 

動画ではフィルムシミュレーションのエテルナを使っていますが、映し出すだけで映画っぽい良い感じの色味になるので、ウェブカメラとしてもおすすめ。

デジカメでwebカメラ

 

 

www.droneskyfish.com

 

www.droneskyfish.com

 

シネマカメラ BMPCC4K 

デジカメをウェブカメラに利用

シネマカメラのBlackmagic Design  Blackmagic Pocket Cinema 4K(BMPCC4K) (HDMI端子・タイプA)

レンズはOLYMPUS 12-100mm F4.0 IS PRO

 

デジカメをウェブカメラに利用

BMPCC4Kで収録する際の素の状態ではありますが、フィルム風のルックで雰囲気があり、そのまま配信でも良い感じ。

LUTを当てながら出力もできます。

ただマイクロフォーサーズセンサーのため、フルサイズやAPS-Cのセンサーと比べるとボケが弱いので、背景までピントが合いがち。

デジカメでwebカメラ

 

BMPCC4Kの弱点ともいえるバッテリーの持ちは、セットになっているACアダプターを利用すれば充電しながら撮影できそう。

デジカメをウェブカメラに利用

 

ピント合わせに関して、BMPCC4KのAFは追従しないので、片手でフォーカスリングを回してMFで調整しました。

デジカメをウェブカメラに利用

 

 

www.droneskyfish.com

 

www.droneskyfish.com

 

BMPCC6Kでも使用可能!

www.droneskyfish.com

 

アクションカメラ GoPro

デジカメをウェブカメラに利用

アクションカメラ GoPro HERO7  (HDMI端子・タイプD)

 

デジカメをウェブカメラに利用 

人気のアクションカメラGoProもHDMI端子があるので接続可能です。

 

ただ他の一眼カメラと比べると、センサーが小さいため画質は良くないのと、アクションカムらしい画角が広すぎなので使いどころは難しいかな。

先ほどの広角レンズを使った時と同じく、自分の環境を映したり、複数の人数を画面に入れたいならアリかも。

f:id:drone_skyfish:20200427180246j:plain

また手振れ補正のビデオ安定化をオンにすると遅延が発生するので注意

 

ちなみに似ているアクションカメラのOSMO ActionにはHDMI端子が無いので、この様に使うことはできません。

今まで GoPro よりもレスポンスが良いOSMO Action の方が気に入っていましたが、WEBカメラに使えるという拡張性を考えれば GoPro に軍配が上がります。

 

 

www.droneskyfish.com

 

www.droneskyfish.com

 

ドローン DJI Phantom4Pro

デジカメをウェブカメラに利用

DJI のドローン Phantom4Pro  (HDMI端子・タイプA)

 

ドローンをウェブカメラに利用 

試しに接続してみたら出力できたので、一応使うことは可能です。

 

接続方法は、ドローンではなくプロポ(送信機)のHDMI端子にケーブルを挿すだけ。

デジカメをウェブカメラに利用

  1. ドローンのカメラで映している映像が
  2. リアルタイムでプロポのディスプレイに表示され
  3. HDMIでPCモニターに映される

という仕組み

 

Phantom4Proでは出来ましたが、機種によってはプロポにHDMI端子が無いのできない。

他には Inspire2 ならできます。

DJI Inspire2をウェブカメラ化

 

又、HDMI出力端子を備えたDJIスマート送信機を使えば、Mavic2 ProMavicAir 2 も対応可能なはず。

 スマート送信機

 

 

www.droneskyfish.com

 

 つまりこれ、やろうと思えばリモートで空撮の映像を届けることが可能になります。

デジカメでwebカメラ

ということで実際に屋外でドローンのウェブカメラ化をテストしてみた。 

www.droneskyfish.com

 

 

www.droneskyfish.com

 

www.droneskyfish.com

 

www.droneskyfish.com

 

www.droneskyfish.com

  

間違いの無いベストなドローンの選び方について

www.droneskyfish.com

 

画角について

複数のレンズを試してみましたが、やっぱり画角は35mmあたりが使いやすい。

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art

広角域の24mmは広すぎて部屋が映りすぎるし、標準域の50mm以上だとデスクから自分の距離が近くてアップになりすぎる。

 

個人的には35mmがバランス良いけど、映したい環境や使い方によってそれぞれかな。

 

 

音声について

f:id:drone_skyfish:20200520221600j:plain

色々やってみましたが自分の環境では、キャプチャーボードにつないだカメラからの音声は拾えませんでした。

理由は今のところ不明。なので音声はPC側のマイクから拾っています。

音声にもこだわりたいなら、PC側に外付けマイクを使うことで高音質な音声にすることが可能。

 

僕はマランツのコンデンサーマイクを使用しています。高音質でかなり良い。USB接続で取り付けも簡単です。

f:id:drone_skyfish:20200520221616j:plain

デザインも高級感があってデスク周りの雰囲気にぴったり。

 

デスク上に置くと場所を取ってしまうので、マイクスタンドで可動式にしていますが、位置の調整から収納、引き出しも楽々でめちゃくちゃ快適です。

f:id:drone_skyfish:20200520221610j:plain

f:id:drone_skyfish:20200520221605j:plain

 

他にもマランツから出ているマイクは性能も折り紙つきです。 

 

 

三脚について

大抵の場合デスクにそのままカメラを置くとアングルが調整できないので、小型の三脚は必須。

Gitzoミニトラベラー三脚

小型三脚

 

Leofoto MT-03 

leofoto

  

こちらの記事でおすすめの小型三脚を紹介しています。

www.droneskyfish.com

 

実際に試して意外だったのは、少しオーバーなサイズと思っていたピークデザインの三脚が、目線の高さになってちょうど良い感じだったこと。

ピークデザイン 三脚

 

 

www.droneskyfish.com

 

卓上三脚に変換するウルトラライトコンバージョンキットを利用しています。

 

www.droneskyfish.com

  

デジカメをウェブカメラに活用まとめ

デジカメをウェブカメラに利用 

高画質なカメラをウェブカメラに活用する方法についてでした。 

 

一通りのカメラを接続してみましたが、一眼のフルサイズセンサーのカメラはやっぱりキレイで、PCのインカメラとは別次元の映像になります。

又、今回は試していませんが、HDMI端子があればビデオカメラでも使えます。

 

個人的には FUJIFILM X100V

  • 映像の色のキレイさ
  • 開放のボケ具合
  • レンズの焦点距離が丁度良い
  • 卓上で邪魔にならないサイズ

という点で、意外にもウェブカメラ用途にぴったりだと感じた。

FUJIFILM X100Vの写真

 

 

www.droneskyfish.com

  

初めての挑戦でしたが、思った以上に簡単に取り付け&映像出力に成功しました。

おそらく今回使用したキャプチャーボード以外の製品でも、取り付け方法などは大きく変わることはないはず。

f:id:drone_skyfish:20200427003549j:plain

 

今回はZoomで使ってみましたが、ウェブカメラを使うその他のアプリ、例えばFaceTime、ハングアウトなんかでもカメラ設定をすれば使えます。

デジタルカメラをお持ちの方、ぜひこの機会にオンラインで高画質配信に挑戦してみましょう!

 

今回書いたウェブカメラにする方法ですが、 SIGMA fpであればUSB-Cケーブル一本でウェブカメラになる仕組みだそう。(キャプチャーボードは必要なし)

これからカメラ買うなら間違いなく SIGMA fp です!

 

 

ドローンのウェブカメラ化の記事はこちら

www.droneskyfish.com