【PHANTOM 4 PRO V2.0】DJIの定番ドローンが復活!今でも買いです!

f:id:drone_skyfish:20180508202010j:plain

DJIの定番ドローン Phantom 4 Pro V2.0 が再販売になりました!

 


DJI – Introducing Phantom 4 Pro

 

 

 

 

目次

【PHANTOM 4 PRO V2.0】DJIの定番ドローンが復活!今でも買いです!

DJIのスタンダードモデルのドローンPhantom 4 Pro V2.0が帰ってきました!

f:id:drone_skyfish:20180508202031p:plain

 

DJI-Phantom-4-ProV20が再販売”>DJI Phantom 4 Pro V2.0が再販売!

f:id:drone_skyfish:20180508202300j:plain

DJIのPhantom 4 Pro V2.0

 

ドローンを代表するモデル、ファントムシリーズ 

 僕が持っているドローンもPhantom4 Proです。今も現役で使用しています。

(基本のカメラ性能などは同じ仕様)

あわせて読みたい
【どっちがいいの?】DJIのドローンPhantom4 ProとAdvancedの違い【性能の差】
【どっちがいいの?】DJIのドローンPhantom4 ProとAdvancedの違い【性能の差】 DJIのドローンを代表する「Phantom」シリーズ。  もうすぐ黒いファントムも出ることだし、https://www.droneskyfish.com/dji-phantom4-pro-obsidiandroneskyfish.com ...

droneskyfish.com

あわせて読みたい
【初めてのドローン】DJIのドローンPhantom4 Proを初心者にこそおすすめする理由【レビュー】
【初めてのドローン】DJIのドローンPhantom4 Proを初心者にこそおすすめする理由【レビュー】 初心者にこそおすすめするDJIのドローンPhantom4 Proドローン初心者にこそおすすめ!Phantom4 Proなぜ最初がPhantom4 Pro+で良かったのか。最新モデルの方が優れた安定...

droneskyfish.com

 

販売がストップし、Phantomシリーズは終了かと思われていましたが、2020年に入り再販売がスタートしました!

 

 

DJI-Phantom-4-ProV20の外観”>DJI Phantom 4 Pro V2.0の外観

f:id:drone_skyfish:20180508202355j:plain

ドローンといえばPhantomというくらい、有名なドローン

ドローンに興味は無くても、なんとなく見たことある人も多いのでは?

f:id:drone_skyfish:20180508202400j:plain

f:id:drone_skyfish:20180508202411j:plain

f:id:drone_skyfish:20180508202413j:plain

f:id:drone_skyfish:20180508202417j:plain

f:id:drone_skyfish:20180508202424j:plain

こちらはセット内容

f:id:drone_skyfish:20180508202439j:plain

 

 

Phantom-4-ProV20の特徴”>Phantom 4 Pro V2.0の特徴

Phantom 4 Pro V2.0の特徴はこちらの通り

 

OcuSync(オキュシンク) HD伝送システム

以前のバージョンからPhantom 4 Pro V2.0の一番の進化した特徴は、

OcuSync HD伝送システム(オキュシンク)を搭載したこと。

f:id:drone_skyfish:20180508232308p:plain

 

これはドローンを飛行中に、手元のデバイスに送られてくるビデオデータの伝送システムのこと。

OcuSyncは独自のシステムで、リアルタイムの映像を、より遠くまで安定して送ることができます。

 

このOcuSyncは今までMavic Proでのみ採用されているシステム。

この点がMavic AirよりもMavic Proが優れている点でもあります。

以前、こちらの記事で書きました。

あわせて読みたい
【ドローン】DJIのMavic AirとMavic Proのスペック比較まとめ【どっちがおすすめ?】
【ドローン】DJIのMavic AirとMavic Proのスペック比較まとめ【どっちがおすすめ?】3/7追記しました DJIのMavic AirとMavic Proのスペック比較まとめMavicAir発表Mavic Air公式動画 Mavic AirとMavic ProMavic AirとMavic Proのスペックカメラ性能 デザ...

droneskyfish.com

 

DJI Goggles (DJI ゴーグル)

OcuSyncシステムで通信するDJI Goggles(ゴーグル)のワイヤレス接続は、今までMavic Proのみでした。

f:id:drone_skyfish:20180509102826j:plain

 

Phantom 4 Pro V2.0でもDJI Gogglesをワイヤレス接続で使うことが出来る様になります。

f:id:drone_skyfish:20180508204043j:plain

DJI Gogglesを使うと、リアルタイムで飛行中のドローンの映像に入り込むことができ、本当に空を飛んでいる様な体験をすることが可能です。

f:id:drone_skyfish:20180508204007p:plain

 

 

OcuSync 対応送信機

こちらはOcuSyncシステム対応のPhantom 4 Pro V2.0用のディスプレイ一体型送信機

f:id:drone_skyfish:20180508231338p:plain

 

購入する際には送信機の種類を選ぶことになります。上のディスプレイ一体型と、ディスプレイ無しの送信機

f:id:drone_skyfish:20180508231440p:plain

 

ディスプレイ無しの場合には、スマホやタブレットを設置します。

f:id:drone_skyfish:20180508231726j:plain

 

ディスプレイ一体型を選ぶと正式名称はPhantom 4 Pro + V2.0 となります。

ちなみにPhantom4 ProではPhantom 4 Pro V2.0用の送信機は使えません。

 

低ノイズプロペラ

f:id:drone_skyfish:20180508204538j:plain

新しく採用された航空力学デザインのプロペラと、モーターの電子制御で、飛行ノイズを改善。

飛行時のノイズは4dB (従来比の60%)まで軽減され、飛行がより快適になります。

 

このプロペラは以前のPhantom 4 Proにも使えるそうです。

(ただしノイズ軽減はプロペラだけの効果ではないのでPhantom 4 Pro V2.0ほどのノイズ軽減は無いと思われます)

 

低ノイズプロペラを買ってみた↓

あわせて読みたい
【ドローン】DJI PHANTOM 4 PRO V2.0用の低ノイズプロペラを購入してみた!【新旧プロペラ比較】
【ドローン】DJI PHANTOM 4 PRO V2.0用の低ノイズプロペラを購入してみた!【新旧プロペラ比較】DJIのアップデートした新ドローン「PHANTOM 4 PRO V2.0」新ドローン用に新しくなったプロペラを単品で購入してみました。 DJI PHANTOM 4 PRO V2.0用の新しいプロペラを...

droneskyfish.com

 

ロゴ部分

f:id:drone_skyfish:20180508204826j:plain

従来はシルバーだったロゴ部分が、ゴールド仕様に。

 

Phantom-4-Pro-V20とPhantom-4-Proの比較”>Phantom 4 Pro V2.0とPhantom 4 Proの比較

f:id:drone_skyfish:20180509103226j:plain

 

Phantom 4 Pro V2.0とPhantom 4 Proの変わらない点はこんな感じ

変わらないと言っても、そもそも性能がすごいので、その性能のおさらいと言う意味で紹介。

 

カメラ性能

f:id:drone_skyfish:20180508225033j:plain

1インチ2,000万画素のCMOSセンサーを搭載

H.264フォーマットで4K動画を60fps、H.265フォーマットでは30fpsで撮影し、最大ビデオビットレートはともに100Mbps

驚くほど綺麗な映像が撮影できます。

 

障害物センサー

f:id:drone_skyfish:20180508225107j:plain

ステレオビジョンセンサーを機体の前方と後方、赤外線センサーを機体の左右に、ビジョンポジショニングシステム を機体下部に設置

合計で5方向にある障害物を認識できます。

 

バッテリー

f:id:drone_skyfish:20180508225128j:plain

最大フライト時間は30分

これにより余裕を持ってフライトを行うことができます。

 

インテリジェントフライトシステム

f:id:drone_skyfish:20180508225501j:plain

デバイスの画面をタップするだけでルート設置ができたり、ターゲットを自動追尾したり、様々なインテリジェントな自動飛行が行えます。

又、自動帰還システムも搭載しており、万が一の場合でも、安全な経路でオートで離陸場所に戻ってきます。

 

Phantom-4-Pro-V20のポイントをまとめると”>Phantom 4 Pro V2.0のポイントをまとめると

f:id:drone_skyfish:20180508225843j:plain

Phantom 4 Proの性能を引き継ぎ、より強力なビデオ伝送システムを搭載し、ノイズ制御が向上したプロペラとモーター周り。

 

やっぱり一型センサーのカメラはかなりのポイント。かなり綺麗な映像が撮影できます。

現時点でカメラ性能に関して言えば、携帯性を重視したMavicシリーズではPhantom4 Proシリーズに太刀打ち出来ません。

f:id:drone_skyfish:20180508225924p:plain

  

Mavicシリーズと比べる優位性”>Mavicシリーズと比べる優位性

Phantom4Pro
Mavic Air
Mavic2 Pro
Mavic Mini

左からPhantom4Pro、Mavic Air、Mavic2 Pro、Mavic Mini

 

今ではコンパクトなドローンのMavicシリーズがバリエーション豊富に出ているので、Phantomを選ばなくても様々な選択肢があります。

f:id:drone_skyfish:20180824115937j:plain

 

自分はどちらも使っているので、比較した感想をざっくり紹介します。

f:id:drone_skyfish:20190601024909j:plain

 

映像の幅

Phantom > Mavic

Phantom4 Proは4K/60FPSで撮影できるのが長所。どのMavicシリーズにも搭載されていません。

Mavic2 Proは1インチセンサー搭載で、写真だけでいえばPhantom4 Proと同等。

動画で、よりクオリティを高めたいのであればPhantom4 Pro

f:id:drone_skyfish:20171126233507j:plain

 

操作性

Phantom > Mavic

個人的にですが、丸みを帯びたPhantom4 Proの送信機の方が操作しやすい。

細かな操縦もしやすい印象です。

左がMavicの送信機、右がPhantomの送信機

f:id:drone_skyfish:20180411120752j:plain

 

風への耐性

Phantom > Mavic

本体が大きい分、風への耐性が強いのはPhantom

Mavicシリーズだと風に流されたなんて話も聞きます。

(それでもMavic2は安定しているけど) 

f:id:drone_skyfish:20171204164758j:plain

 

携帯性

Phantom < Mavic

コンパクトなのはMavicシリーズ。これは圧倒的。

旅行で荷物を増やしたくない人にはMavicシリーズを。

Phantomを選ぶ際にはある程度荷物になる覚悟を。

f:id:drone_skyfish:20170919112320j:plain

 

コンパクトで軽いMavicシリーズを選ぶか、クオリティでPhantomを選ぶのか、個人の判断に分かれるところです。

 

 

 

 

Phantom4-Proは今買いなのか”>Phantom4 Proは今買いなのか?

f:id:drone_skyfish:20171205013620j:plain

ドローンに興味がある人にとっては、Phantom4 Proという機体は今さらと思う人も少なくないかもしれません。

でも個人的にはめちゃくちゃ買いです! 

 

個人の趣味でも、法人の業務にも、間違いなく安定した仕事をしてくれるのがPhantom4 Pro

ドローンブロガーSKYFISH

 

Phantom4 Proを使って中国で撮影した映像


– Trip to China with Drone – 中国で撮影した4Kドローン空撮映像

  

中国で撮影した写真、映像 

あわせて読みたい
【ドローン空撮】中国で撮影したダイジェスト映像とベストな絶景写真を紹介
【ドローン空撮】中国で撮影したダイジェスト映像とベストな絶景写真を紹介カメラ、ドローンを使って撮影した中国の映像の中から個人的にベストなものを紹介します! 中国で撮影したダイジェスト映像とベストな絶景写真を紹介中国で撮影したドロ...

droneskyfish.com

 

中国に持って行った機材 

あわせて読みたい
【海外旅行】個人ブロガーが中国に持っていったカメラ・ドローン・三脚・バッグ【撮影機材】
【海外旅行】個人ブロガーが中国に持っていったカメラ・ドローン・三脚・バッグ【撮影機材】先日、ブログネタの為に中国にドローンを持って行って来ました。 っといっても8月のことで、なかなか記事を書くことが出来ていません・・・ これから地道に公開していこ...

droneskyfish.com

 

 

最後に”>最後に

Phantom4 Pro を悩んでいた方には良いタイミングではないでしょうか?

f:id:drone_skyfish:20180508202031p:plain 

プロ用エントリーモデルのPhantom 4 Pro V2.0

このドローンであれば、感動するような空撮の映像が撮影可能です!

f:id:drone_skyfish:20180508230008p:plain

 

 

 

  

あわせて読みたい
2021年に一番おすすめのドローンはコレだ!間違いの無いベストなドローンの選び方
2021年に一番おすすめのドローンはコレだ!間違いの無いベストなドローンの選び方ドローンブロガーが自信を持っておすすめする2021年のベストドローンドローンといっても入門機の様なモデルから、本格的な空撮ができるモデルまで様々。今まで沢山のド...

droneskyfish.com

  

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ドローンブロガー /ドローン飛ばしたり、ブログ書いたり、写真撮ったりしています。 ドローンはDJI、カメラはCANON、SONY、FUJIFILMを使っているSIGMAのArtレンズ好き。

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる