スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮するBLOG-

東京在住のドローンブロガースカイフィッシュのブログ

スカイフィッシュのドローンブログ

【中国旅行記 NO.9】憧れの地、世界自然遺産の武陵源へ


武陵源

中国旅行記は、

桂林からスタートし、鳳凰古城に滞在しました。

ここからは世界自然遺産の武陵源を目指します。

武陵源

 

 

【中国旅行記 NO.9】憧れの地、世界自然遺産の武陵源へ

 

憧れの地、武陵源に向かいます!

武陵源

 

武陵源とは

武陵源(ぶりょうげん、拼音Wǔlíngyuán)は、湖南省張家界市にある、張家界森林公園、索渓谷自然保護区、天子山自然保護区などの地域からなる自然保護区の総称。1992年より、ユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録。

武陵源 - Wikipedia

 

前回までの情報はこちら 

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

 

 

鳳凰古城から高速バスで移動 

武陵源

 

武陵源

 

バスガイドさんが話し始めたと思ったら1時間くらいぶっ通しで喋ってた・・・

内容は不明

武陵源

そのあとこんなおやつ?配ってたからセールストークだったのか?

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

 

経由地点の張家界に到着

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

 

後日ここに戻ってきます。

 

武陵源に到着

夜8時ごろ?ようやく到着

武陵源

武陵源

武陵源

こちらが宿泊したゲストハウス

武陵源

武陵源

武陵源

 

部屋はこちら

こじんまりしてるけど、バス停からも近くて便利!

武陵源

武陵源

ベッド横の青枠のガラスは謎にトイレが見える作り。

武陵源

昔のラブホやんけ!

武陵源

 

武陵源

窓からの眺め

武陵源

 

 

夜の武陵源市街地 

もっと田舎感あると思ってたけど、意外と栄えている武陵源の街

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

 

宿の前の店でご飯

定員の女の子に

指差しでコレとコレと伝えると

武陵源

武陵源

翻訳アプリで「写真とは違います」と言われ、

面白いのでそのまま注文

正直!

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

 

確かに写真とは若干違うけど美味しいよ!

武陵源

 

武陵源の朝 

翌朝はあいにくの雨です。

武陵源

武陵源

 

装備も雨仕様に

武陵源

カメラは防水カバーを取り付け 

www.droneskyfish.com

 

武陵源

武陵源

武陵源

バッグ(Endurance  HG)には専用レインカバーが付属

www.droneskyfish.com

 

出発!

武陵源

武陵源

ピークデザインのキャプチャーがあるとカメラが楽に持ち運べます。 

www.droneskyfish.com

 

 

武陵源の絶景の景色は世界自然遺産になっていることから、このゲートを越えた先にあります。

武陵源

めっちゃ広い武陵源

ここは武陵源門というゲートですが、もう一箇所別のゲートもあるそうです。

武陵源

武陵源

期待値が高まるパネル

武陵源

武陵源

 

荷物検査がある

武陵源

武陵源

 

で、武陵源は有料なのでチケットを購入

武陵源

4日間の有効券を買います。

入場チケットは保険?も合わせて248元(日本円で約4000円)

今までの食事や交通費から考えるとかなり高い。

武陵源

武陵源

チケットはここのゲートで使います。

武陵源

初めてチケットを使うときは

最初、親指の指紋を登録し、次からは指紋認証で入れるようになります。

(おそらくチケットの譲渡や不正利用の防止のため)

武陵源

武陵源

 

コースがいくつか分かれているので、行きたいコースのバスに乗ります。

武陵源

くねくねした道を高速で入るバス

武陵源

 

憧れの地、武陵源

憧れの武陵源に到着!

武陵源

すげー!!

武陵源

武陵源

雨のお陰で、めっちゃ雰囲気ある

武陵源

武陵源

 

  

で、どうやらバスを間違えてたみたいで、一人道路を歩く・・・

武陵源

武陵源

 

武陵源

 

世界一のエレベーター

武陵源

武陵源の有名な景勝地に向かうため、エレベーターに乗ります

武陵源

なんでも世界一の屋外エレベーターなんだとか

武陵源

武陵源

 

入場券とは別でエレベーターもチケットを買う必要があります。

武陵源

片道72元(1200円くらい)

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

かなりの人人人

武陵源

 

映画アバターのモデルとなった場所として有名で、割と良く見たパネル

武陵源

武陵源

 

世界一のエレベーターに乗り込む!

武陵源

最初は岩?の中を通過で真っ暗

武陵源

武陵源

武陵源

歓声が上がる(一番後ろのため見えず)

武陵源

メートルの表記かな?

武陵源

 

武陵源の絶景

到着!

武陵源

もうね、語彙力なくてごめんだけど

スゴイしか出てこないのよ

武陵源

ぜったい仙人いるよね??

武陵源

武陵源

雨模様の天気のお陰でこんな幻想的な世界を生で見ることができた。 

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

 

お土産屋さん

武陵源

 

謎なクオリティの映像が流れる・・・

武陵源

武陵源

 

これは分かるよ

武陵源

 

これもまだ分かるよ

武陵源

 

これはええんか!?

武陵源

 

独特な形状の奇岩

武陵源

柱のようにそびえる奇岩は、武陵源に

3000千以上あると言われています。

武陵源

 

武陵源

 

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

 

観光地としての武陵源  

かなり広いので、武陵源のエレベーターで登った先も巡回バスで移動

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

 

右の小さい白いのが人

武陵源

 

壮大すぎる景観

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

 

武陵源

 

武陵源

高所恐怖症の僕はかなり無理しました

武陵源 

 

武陵源

 

アバターT

武陵源

武陵源

このミスマッチ感が中国らしくていいね! 

武陵源

楽しそう

武陵源

武陵源

 

武陵源

こえー

武陵源

武陵源

 

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

 

武陵源

武陵源

こんな場所でもブツ撮りを欠かさない、ブロガーの鑑やね!

武陵源

武陵源

武陵源

 

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

 

お金を払うと王様システムもある模様

武陵源

武陵源

武陵源

  

歩いて帰ろう

武陵源

行き同様エレベーターで帰ることもできるのですが、

せっかくなので徒歩で下まで行くことにしました。

武陵源

 

途中の見晴らしの良い場所で写真を撮っていると

中国人の女の子2人組の写真を撮ってあげることに。

武陵源

そこで片方の子が日本語が話せたので、かなり盛り上って夜ごはんを食べようということになりました。

ここではWechat(中国版のLINEみたいなアプリ)で連絡先を交換して一旦お別れ。

 

中国行くならWechatはガチ!

WeChat

WeChat

  • WeChat
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料

 

武陵源

武陵源

武陵源

帰りの道はかなり長い

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

ここで突然の大雨

武陵源

武陵源

武陵源

雨の武陵源も良い

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

ひとり旅って気楽なんだけど、この生の感動を分かち合えないってのが辛いね。

武陵源

武陵源

武陵源

 

ここでも王様システムはあるみたい

武陵源

 

帰路

武陵源

無事に下山

武陵源

 

ここで帰りのバスを待つ間、中国人ファミリーと楽しく会話

会った中国人ってみんな優しい人ばかりだったな。

f:id:drone_skyfish:20180821084536j:plain

 

帰りの客を待ち構えるお土産おばさん 

武陵源

武陵源

 

武陵源門に戻りました!

武陵源

武陵源

武陵源

  

とりあえず疲れたので帰り道のビール

武陵源

武陵源

  

その後出会った子たちと連絡を取り、一緒に食事へ 

武陵源

武陵源

武陵源

武陵源

 

左からキティちゃん、スカイフィッシュ、チンリンちゃん

あれ?中国って天国かな?

f:id:drone_skyfish:20180821084551j:plain

 

普段の行いが良いからやで!

 

 

最後に  

カメラ SONY α7RIII + SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSMで撮影

 

念願だった憧れの地、武陵源

この奇峰、奇岩が知られるようになったのは、なんと1970年代、近年のこと。

それまで人知れず秘境として存在していました。

カメラ SONY α7RIII + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMで撮影

 

夢にまで見た武陵源の景色は、奇跡の絶景でした。

 

【NO.10】に続きます。 

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

   

virtual trip CHINA 武陵源【張家界】 LONG VERSION [DVD]

virtual trip CHINA 武陵源【張家界】 LONG VERSION [DVD]

 

 

中国旅行の関連記事

中国に行って来ました!

www.droneskyfish.com

 

中国でドローンを飛ばす方法

www.droneskyfish.com

 

中国に持っていったドローンとカメラ

www.droneskyfish.com

 

中国のベストショット

www.droneskyfish.com