スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮するBLOG-

東京在住のドローンブロガースカイフィッシュのブログ

スカイフィッシュのドローンブログ

【BMPCC6K】驚異の6K!Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K を使ってみた!【使用レビュー】


f:id:drone_skyfish:20190924090845j:plain

Blackmagic Design社から発売されたコンパクトサイズシネマカメラ
Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K 

 

通称 BMPCC6K(ポケシネ6K

 

Blackmagic Designといえば、4Kの映像が撮れる BMPCC4K が人気ですが、

BMPCC6K では6K撮影でき、さらに突然の発表!ということでかなり話題になりました。

 Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

 

今回パンダレンタルさんでお借りしたので、テストした使用レビューです。

 

 

 

【BMPCC6K】Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K を使ってみた!【使用レビュー】

シネマクオリティの撮影ができるコンパクトカメラ

Blackmagic DesignのBMPCC4K

 

www.droneskyfish.com

 

BMPCC4Kの片手でハイクオリティな撮影ができる機能はそのままに、新たにパワーアップしたBMPCC6K

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

 

Blackmagic Designのカメラが気になる人は、そもそもカメラに詳しい人が多いと思うので、BMPCC4Kとの違いと、実際の使い勝手について紹介します。 

 

 

BMPCC6K の特徴

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

BMPCC4K同様、ムービー撮影に特化したカメラのBMPCC6K

 

6K解像度

【BMPCC6K】Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

解像度、フレームレートは以下の様に選べます。

  • 6144 x 3456 16:9で最大50 fps
  • 6144 x 2560 2.4:1で最大60 fps
  • 5744 x 3024 17:9で最大60 fps
  • 2.8K 2868 x 1512 17:9で最大120 fps
  • 3728 x 3104で3.7K 60 fpsのアナモフィック6:5モード 

 

最大の6Kでも50fpsで撮影できるので、24fpsで書き出す時には2倍のスローモーションを選択できることになります。

 

ただし、BRAWで撮る場合、4Kでは撮影できません。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

 

4Kで撮影できるのはProResでのみ

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

せっかくBMPCC6Kを使うのなら、BRAW使わないのは意味がない?ので、4Kの画角が必要なら必然的に6Kで収録して編集でクロップすることになります。

 

スーパー35mmセンサー

BMPCC4KのMFTセンサーから、スーパー35mm(およそAPS-Cセンサー)へと変わりました。 

f:id:drone_skyfish:20190924184427j:plain

 

センサーサイズが大きくなることにより、

  • 浅い被写界深度(ボケ)
  • 広い画角
  • 明かりの少ない場所でより綺麗に撮れる

などの利点があります。

 

EFレンズマウント

【BMPCC6K】Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

マウントがEFに変更になり、多くのキヤノン用レンズがそのまま使えることになりました!

 

(BMPCC4Kではマウントアダプター経由で接続可能でした) 

www.droneskyfish.com

 

SIGMAのArtレンズなどの大きなレンズを取り付ける場合、マウント部分が心配でしたが、この様に安定しています。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

 

軽量のボディ

【BMPCC6K】Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

ボディの作りはBMPCC4Kと同様の、カーボンファイバー・ポリカーボネート製の軽量ボディ

扱いやすく、相変わらずシネマカメラとは思えない様なメカニカルなデザイン

 

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K 

排熱機構も大きくなりました。より熱を吐き出しやすい仕様に。(より熱を持ちやすいということかな?)

 

そういやこんなことに。かなり熱されます。

 

分かりやすいインターフェイス

【BMPCC6K】Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

日本のカメラメーカーとは全く異なるシンプルなメニュー表示

BMPCC4Kを購入した時にはあまりにも違いすぎて困惑しましたが、今ではかなりシンプルで使いやすいと感じています。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

 

13ストップのダイナミックレンジ

【BMPCC6K】Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

BMPCC4Kと同じ13ストップのダイナミックレンジに対応。通常のビデオカメラと比較して、イメージの中の最も明るい部分と最も暗い部分で、より多くのディテールを保存します。 

 

デュアルゲインISO

【BMPCC6K】Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

BMPCC4Kと同様、ISO400と3200のデュアルゲインISO 

明かりの少ない場所でも驚くほど綺麗な映像を残せます。

 

5インチの大型タッチスクリーン

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

大きく見やすいタッチセンサーモニター

サイズは5インチの1920 x 1080

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K 

 

ただしモニターは相変わらず固定式だったり、屋外の明るい場所では見えづらいという点も。

撮影時にがっつり作り込むのであれば、外部モニターは必須です。

 

バッテリー

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K 

BMPCC4Kと同じ、CANONカメラでもお馴染みのLP-E6タイプのバッテリー

電池持ちは良くありません。

ここは諦めて予備バッテリーを複数用意するか、DC電源コネクターからVマウントバッテリーなどを利用して給電をするしかないかな。

 

一応、USB-C拡張ポートから、モバイルバッテリーなどを利用してバッテリーの充電ができるみたいです。

 

収録メディア 

【BMPCC6K】Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K  

記録メディアはこちら

  • CFastカードスロット x1
  • SD UHS-IIカードスロット x1、
  • USB-C 3.1 Gen 1拡張ポート x1(外付けメディアへのBlackmagic RAWおよびProRes収録用)

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

試しにいつも使っているSanDiskのSDカード(UHS-I)で撮影してみましたが、6Kはものの数秒で止まりました。

SanDisk SDXC カード 128GB Extreme Pro UHS-I 超高速Class10

SanDisk SDXC カード 128GB Extreme Pro UHS-I 超高速Class10

 

 

改めてProgradeのSDカードに入れ換えてみましたが、こちらは問題なく撮影できました。

 

SanDiskのSDカードでも、UHS-IIであれば問題なさそうです。

サンディスク SDXCメモリカード 128GB Class10 UHS-II SDSDXPK-128G-JNJIP

サンディスク SDXCメモリカード 128GB Class10 UHS-II SDSDXPK-128G-JNJIP

 

  

個人的におすすめは外付けのSSD

大容量で速度も速く、CFastカードよりもコスパが良い。

SanDisk Extreme ポータブル SSDを使用しています。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

 

 

www.droneskyfish.com

 

高品質なマイク

f:id:drone_skyfish:20190924184432p:plain

4つの内蔵マイクとプロ仕様のオーディオ入力で、サウンドレコーダーを持ち運ぶ必要なく収録可能

  1. マイク入力
  2. 3.5mmステレオ入力
  3. フルサイズHDMIコネクター
  4. DC電源
  5. USB拡張ポート
  6. XLRオーディオ接続 

 

Blackmagic RAW

BMPCC4K

BlackmagicのRAW動画のコーデック Blackmagic RAW

RAWフォーマットの品質とワークフローで、ビデオコーデックの速度と使いやすさを実現しています。

【BMPCC6K】Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

Blackmagic RAWは、12:1までの圧縮レベルから選択でき、劇場映画、ドキュメンタリー、テレビ番組に使用できる程の美しい映像が撮影できます。

ポストプロダクション(編集)においては、DaVinci ResolveでISO、ホワイトバランス、露出、コントラスト、彩度などのRAW設定を自由にコントロールできます。

 

 

DaVinci Resolve Studioを同梱

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K

BMPCC4Kと同じく、動画編集ソフトのDaVinci Resolve Studioのフルバージョンが同梱

3万5千円ほどする有料版のDaVinci Resolve Studioがセットになっています。

 

DaVinci Resolveはハリウッド映画で使用されているほど業界ではスタンダードなソフト。

 

DaVinci Resolve Studioでは動画の編集、カラーコレクション、エフェクト、オーディオ、書き出しが全て一つに収まっています。

BMPCC4Kで撮影した高品質な素材を、DaVinci Resolve Studioで一貫して編集することで、円滑な映像作成が可能になります。

 

DAVINCI RESOLVE デジタル映像編集 パーフェクトマニュアル

DAVINCI RESOLVE デジタル映像編集 パーフェクトマニュアル

 

 

一応写真も撮れる

【BMPCC6K】Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

ムービーに特化しているので、おまけ程度ですが、21.2メガピクセルの写真も撮影可能。DNGファイルで収録されます。

(JPEGに変換はされません。)

 

実際の写真(DNGファイルからJPEGに書き出し)

f:id:drone_skyfish:20190924200826j:plain

 

オリジナルストラップ

オリジナルのストラップも付属(ぶっちゃけ使わないけど)

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

 

 

BMPCC6Kで撮影したテスト動画 

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

早速、夜の街に出かけて撮影

 

こちらの動画にまとめました。

ロケーションは深夜の都内の道路、明かりの少ない街頭での撮影。

悪条件の中でも車のヘッドライト、光に照らされたスチールの素材感など出ています。


【4K】"TOKYO CITY LIGHTS" BMPCC6Kで撮影したテスト映像(Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K Test Footage)

 

撮影に使った機材はBMPCC6K以外では

 

レンズは

  • SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM Art
  • SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Art
  • SIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art

 

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM Art

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

 

 

www.droneskyfish.com

 

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Art

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

 

 

www.droneskyfish.com

 

 

SIGMA 85mm F1.4 DG HSM Art

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

 

 

ジンバルは

  • DJI Ronin-S

BMPCC4KとDJI Ronin-S 

 

 

www.droneskyfish.com

 

三脚は

  • マンフロット 190GO! 

f:id:drone_skyfish:20180520135715j:plain 

 

 

www.droneskyfish.com

 

今回の撮影ではジンバルか三脚に載せて撮影しましたが、手ブレ補正のないレンズということもあり、手持ちでは厳しいと思います。

 

 

BMPCC6Kを使ってみた感想 

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

6KのRAW動画が、こんなに簡単に手に入るのか!というのが最初の印象

BMPCC4Kの4Kの時も驚きでしたが、6Kということで、さらに進化が進んでいます。

しかもBRAWのデータは4Kと同じく、6KのRAWデータとは思えないほど軽くて編集でもスムーズでした。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

 

メリット

【BMPCC6K】Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

スーパー35mmのセンサーにより、ボケを取り入れた表現が可能になります。

又、直接EFレンズが取り扱えるということで、EFレンズ持ちには嬉しいところ。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

 

データは6Kでそのまま書き出すことはないので、4KやFHDに書き出すことになると思うのですが、最大6144 x 3456の解像度は編集の段階で圧倒的に自由度があります。

まさに大は小を兼ねるといったところ。

 

デメリット

【BMPCC6K】Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

ただデメリットとしては、ボケを活かせる分、ピント面はシビアになるので、BMPCC4Kよりも気軽に使う点では劣ります。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K  

又、BRAWがいくら軽い動画コーデックとはいえ、6Kには変わりはないので、保存しておくストレージの確保、編集するPCのスペックという撮影後の環境を整えることも必須です。

 

BMPCC4Kと比べてみて

【BMPCC6K】Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K

比べてみてBMPCC4Kの利点はOLYMPUSの12-100レンズを使えること。

このレンズは手ブレ補正が鬼のように強力な上、35mm換算で24-200mmというめちゃくちゃ便利な性能。

OLYMPUS 12-100mm

わりとこの1本で何でも撮影できてしまいます。

MFTセンサーはボケが作りづらく、エモさを出すには物足りないかもしれませんが、逆に言えばピントが合わせやすく、ソロ撮影ではかなり取り回しやすいと思います。 

左がBMPCC6K、右がBMPCC4K

左がBMPCC6K、右がBMPCC4K

 

 

www.droneskyfish.com

 

インドにもこの組み合わせで旅行

インドのカメラ 

こちらは実際にインドでBMPCC4Kと12-100mmのみで撮影した動画

一人旅でも問題無く使えました。9割がた手持ちで撮影しています。


”Agra” Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO 

  

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

 

  

最後に

BMPCC6K

正直、一般ではオーバースペックで尖りまくったカメラBMPCC6K

気軽におすすめということは言えません。

 

ですが、このカメラでないと撮れない映像があるのも事実

シネマクオリティを手にしたい方、挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

パンダレンタルさんはこちら

パンダスタジオ・レンタル公式サイト

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K