スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮する一般人のBLOG-

東京在住の普通の会社員がDJIのドローンを勢いで買ってしまったブログです。

スカイフィッシュのドローンブログ

【ドローン・カメラ】エンジェルズラダー(光芒)を撮影する方法【天使の梯子】

f:id:drone_skyfish:20180827000054j:plain

エンジェルズラダー(日本語では天使の梯子)と呼ばれる光芒の撮影について

 

 

ドローンとカメラを使って、幻想的な光芒(エンジェルラダー)を撮影する方法

エンジェルズラダー、エンジェルラダー、日本語では天使の梯子(はしご)と呼ばれる気象現象

 

名前は馴染みが薄いかもですが、厚い雲の切れ間から太陽の光が差し込むあれです。

f:id:drone_skyfish:20180829010446j:plain

 

幻想的な風景写真を彩る光芒

この光芒、俗称で薄明光線と言うそうです。

薄明光線(はくめいこうせん、英語crepuscular rays)は、太陽に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端からが漏れ、光線の柱が放射状に地上へ降り注いで見える現象の俗称。通常とは逆に、雲の切れ間から上空に向かって光が出ることもある。おもに、地上から見た太陽の角度が低くなる早朝夕方に見られる。世界中の人々の間で美しい自然現象と認識されており、写真撮影における人気も高い。

薄明光線 - Wikipedia

 

名称は色々あり、 

  • 光芒
  • 天使の梯子、天使のはしご
  • 天使の階段
  • ゴッドレイ
  • ヤコブの梯子、ヤコブのはしご
  • レンブラント光線

 

英語表記だと 

  • Angel's Ladder
  • Angel's Stairs
  • Angel's Stairway
  • Jacob's ladder
  • God Ray 

 

こんなにも呼び方があります。

それくらい印象的だし、名前を付けたくなるほど素敵な現象ということですよね!?

 

 

先日、日本海側に行った時に偶然この「エンジェルズラダー」が発生していたので、持って行ったカメラとドローンで撮影しました。

f:id:drone_skyfish:20180829012154j:plain

その時の様子を紹介。

 

SONY a7Riii・SIGMA 35mm Art で撮影した光芒の写真

とりあえず写真をどうぞ!

f:id:drone_skyfish:20180829004627j:plain

f:id:drone_skyfish:20180829004643j:plain

f:id:drone_skyfish:20180829084657j:plain

f:id:drone_skyfish:20180829004649j:plain

f:id:drone_skyfish:20180829004638j:plain

f:id:drone_skyfish:20180829004654j:plain

 

撮影に使ったカメラはSONY a7Riii

レンズはSIGMA 35mm Art f:id:drone_skyfish:20180726013142j:plain

 

この時は35mmの単焦点レンズしか持っていませんでしたが、

高画素機であればがっつりトリミングしても問題無し!

f:id:drone_skyfish:20180829004633j:plain

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

  

SONYの高画素カメラと、SIGMAの抜群の描写力のArtレンズの組み合わせは最強

Eマウントでは無く、Canonも持っているので、キヤノンEFマウントのSIGMAレンズ

SIGMAのマウントコンバーターMC-11を使って撮影します。

f:id:drone_skyfish:20180726013055j:plain

 

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

  

Phantom4 Pro で撮影した光芒の写真

ドローンで撮影した写真はこちら

f:id:drone_skyfish:20180829010429j:plain

f:id:drone_skyfish:20180829010441j:plain

f:id:drone_skyfish:20180829010438j:plain

f:id:drone_skyfish:20180829075623j:plain

f:id:drone_skyfish:20180829010434j:plain

 

ドローンを使えば、地上では出来ないアングルでの撮影が可能です。 

f:id:drone_skyfish:20180829010423j:plain 

  

実際に使用したドローンはDJI Phantom4 Pro 

f:id:drone_skyfish:20171204164758j:plain

 

空撮をするなら間違いの無いベストドローン! 

www.droneskyfish.com

 

今まで撮影したエンジェルズラダー(天使の梯子)

ちゃんと見返したわけではないけど、これもエンジェルズラダーの写真 

チェコのプラハ、モルダウ川に架かる有名なカレル橋を撮影したもの。

10年以上前にSONYのコンデジで撮影した写真です。

f:id:drone_skyfish:20180805113721j:plain

チェコの写真についてはこちらの記事をご覧下さい! 

www.droneskyfish.com

  

エンジェルズラダーを撮影する方法とポイント

エンジェルズラダーを撮影する方法、まずエンジェルズラダーに遭遇しないといけません。

厚めの雲があって、早朝か夕方で、空気が澄んでいる様な気象条件。

そして大体です。

 

ということで偶然その場に遭遇したら、失敗しないエンジェルズラダーを撮影する際のポイント

 

アンダーめ(暗め)で撮影するのがおすすめ!

エンジェルズラダーは暗めの雲の間から射し込む光のコントラストが重要。

明るく撮ってしまうと、重要な光芒の魅力が引き出せません。

アンダーめ(暗め)に撮影するのが正解です。

f:id:drone_skyfish:20180829012938p:plain

 

出来ればRAWで撮影して、現像するのがベスト

 

時間との勝負!

常に流れて形が変わっていく雲

f:id:drone_skyfish:20180829012632p:plain

雲の切れ間から入ってくる太陽光は絶えず変化します。

今ある雲の形、今ある光の出方は一度のみ!同じものはありません!

限られた時間の中で、無駄なく撮影に挑みたいところ。

 

ズームレンズがあるといいかも!

エンジェルズラダーは場所によっても変わります。

エンジェルズラダー単体の空でも幻想的ですが、その下に街があったり、手前にアクセントになるものがあると、また違った印象になります。

 

限られた時間の中で、色んな構図で撮影するならズームレンズがあるとベスト

f:id:drone_skyfish:20180829012624p:plain

高倍率のズームレンズなら、色んな表情のエンジェルズラダーが撮影できます!

(今回僕は35mmの単焦点レンズ1本しか持ってなかった・・・)

 

例えばほんとざっくり望遠ズームレンズを挙げると

 

Canonのレンズ、焦点距離は100-400mm

 

NIKONの70-300mmのレンズ。比較的お手頃価格

 

SIGMAの100-400mmのレンズ。コスパ高いと評判

 

とってもお手頃価格の望遠ズームレンズはこちらがオススメ! 

www.droneskyfish.com

 

天気が悪い可能性もあり!

気象条件にもよりますが、厚い雲があるという事は、雨をたくさん溜め込んでいる雨雲の可能性が十分にあります。

f:id:drone_skyfish:20180829012611p:plain

 

大切な機材を守るため、突然の雨にも大丈夫な様に準備しておきましょう。

Peak Designのこれとかオススメ!

 

本当におすすめのカメラグッズメーカーPeak Designのまとめ記事はこちら

www.droneskyfish.com

 

最後に

今回はエンジェルズラダー(光芒)の写真と、撮影についてでした。

 

エンジェルズラダーが発生するのは早朝や夕方が多いのですが、遭遇できるかどうかは運次第。

いつでも撮影できる準備はしておきましょうね!

f:id:drone_skyfish:20180827225519j:plain

 

【撮影に使用した機材】