【Adobe Photoshop CC】ドローンで撮った写真をレタッチしよう!【空撮写真を作品にする】

f:id:drone_skyfish:20170920160100j:plain

 

先日

Adobe Lightroom CC】ドローンで撮った写真を現像しよう! 

というタイトルで、簡単なLightroomの現像をしてみました。

 

こちらの記事

あわせて読みたい
【Adobe Lightroom CC】ドローンで撮った写真を現像しよう!【Adobe Creative Cloud】
【Adobe Lightroom CC】ドローンで撮った写真を現像しよう!【Adobe Creative Cloud】ドローンで撮影した写真をAdobe Lightroom CCで編集する方法  【Adobe Lightroom CC】ドローンで撮った写真を現像しようAdobe Lightroomドローン(カメラ)での保存形式...

droneskyfish.com

 

今回はPhotoshopを使った簡単なレタッチをやってみます。

 

フォトショップとは – コトバンク

 米国アドビシステムズ社が開発した画像編集用アプリケーションソフトウエア。印刷、デザインの分野で広く利用されるフォトレタッチソフトの一。商標名。

レタッチ(レタッチ)とは – コトバンク

画像の色の補正や汚れの除去、合成といった画像の修整や加工作業のこと。印刷写真業界ではフォトレタッチと呼ばれた。フォトレタッチソフトの代表的なものにアドビ システムズ社のPhotoshopがある。 

 

 

  

目次

ドローンで撮った写真をレタッチしよう

 

今回の記事も

ドローンで撮影した写真を

Photoshopを使って、どう扱うのかを簡単にご紹介します!

 

これは前回同様に、ドローンの写真に限らず、

一眼レフ、ミラーレスのカメラでも同じですので

 

これから本格的にカメラを始めたい方や

レタッチを始めてみたい方もぜひご覧下さい!

 

レタッチをすることで、ただの写真が作品に変わります! 

 

Photoshopでできること”>Photoshopでできること 

 画像、写真に関するコトならなんでもできます。

ざっと挙げると

  • 汚れ除去
  • 色、明るさの補正
  • 写真の合成
  • ぼかしたり
  • 切り抜いたり
  • サイトのパーツを作ったり
  • ポスター作ったり

まぁ色々できます。

 

Adobe-Photoshop”>Adobe Photoshop

まずAdobe Photoshopを用意しましょう!

 

LightroomPhotoshopがセットになったフォトプランがおすすめ!

 

Lightroomでは写真管理と簡単な現像

Photoshopでは本格的なレタッチや加工、作品作り 

自分の中の使い分けはこんな感じです。 

 

 

Photoshopを使う際に便利なもの”>Photoshopを使う際に便利なもの

皆さんパソコンを使う時にマウス使いますか?

僕は全く使いません!

それはMacBook Pro使っているので、

トラックパッドが便利過ぎてマウス要らないんですよね。 

きっとMac使っている方は分かってくれると思います。

 

で、そんなマウスを普段使わない僕は、

本気でレタッチする時にはペンタブレット

を使います。

これです。

WacomIntuos Pro

f:id:drone_skyfish:20170920104248j:plain

ペン?ってなると絵を描きそうですが、

僕はイラストは描けません。

 

写真の修正や加工でも

このペンタブレットは、手やマウスでは出来ない

自然な仕上げにできるので

ぜひ導入をおすすめします!

(僕は旧モデルのIntuos Proを使っています)


ワコムストア

 

ペンタブレットの使い方はまた後日!

 

Photoshopでレタッチ”>Photoshopでレタッチ 

長々と書いてしまいましたが、いよいよ本番!

 

とりあえず写真のレタッチの基本的なことを。

Photoshopを起動しましょう。

 

写真を開く

Photoshopから写真を選ぶ場合には

一番上のメニューの中から

ファイル>開く から写真を選択。

 

f:id:drone_skyfish:20170920110306p:plain

もしくはショートカットで

Macだと 「Command」+「O」

Windowsだと「Ctrl」+「O」

(ショートカットはまじ便利なので覚えて下さい。ってか使ってると勝手に覚えます。

「O」はオープンの「O」とか、結構覚えやすい

 

Lightroomの中の管理してる写真から、

Photoshopで開く場合には

一番上のメニューの中から

写真>他のツールで編集>Adobe Photoshop〜 を選択。

f:id:drone_skyfish:20170920111306p:plain
f:id:drone_skyfish:20170920111228p:plain

LightroomからPhotoshop

 

これで写真が展開され、いよいよレタッチのお時間です!

f:id:drone_skyfish:20170920111850j:plain

 

レイヤー

Photoshopを使う際には絶対に知っておかなくてはいけないもの

「レイヤー」です。

 

例えるなら、最初に配置した写真(背景)の上に

薄い下敷きを何枚も重ねます。これがレイヤー

 

薄い下敷きがそれぞれ、色だったり、明るさだったり

調整するパーツです。

 

分かりやすようにシンプルなレイヤーで色味を調整してみました。

右下の背景(元の写真)の上から、

トーンカーブで明るさを上げ、

色相・彩度で 青みを上げて鮮やかにしています。

f:id:drone_skyfish:20170920113032p:plain

 

レタッチ

やぱりPhotoshopといえば、写っていたものを消したり、移動させたり、ではないでしょうか?

 

ということで、左下のブロックを消してみます。

 

方法は様々あるのですが、

とりあえずシンプルなやり方で。

  

ツールの中からコピースタンプツールを使います。

 

コピースタンプツールとは、名前そのままですが、

自分の指定した部分をコピーし、

別の場所にスタンプの様に塗りつぶすことができます。

f:id:drone_skyfish:20170920114922p:plain

 

ツールを選択したら

スタンプの大きさ(効果の範囲)を決めます。

 

硬さは効果を適用する境界部分のことです。

%が小さければぼんやり、%が大きければくっきり。

この場合には小さい方が自然に仕上げれます。

f:id:drone_skyfish:20170920115002p:plain

 

 

不透明度(コピーする濃さ)の調節は上のメニューバーで調整します。

f:id:drone_skyfish:20170920122922p:plain
f:id:drone_skyfish:20170920122946p:plain

コピーする濃さも調節。少し薄めにして、何度も重ねていくと自然な仕上げに。

 

で、ここからが一番大切なんですが、

コピー元を選びます。

 

今回は左下のブロックを消したいので、

周りの海と同化させる為、海面をコピー元にします。

 

コピー元にしたい場所の上にカーソルを置き、

Macだと 「Option」+クリック

Windowsだと「Alt」+クリック

 

今回は赤丸辺りがコピー元です。

その後、コピー先でクリック

そうするとこんな感じ

f:id:drone_skyfish:20170920125225j:plain

 

これを繰り返していきます。

自然な仕上げにする為には

コピーの大きさを変えたり

不透明度を小さくして薄めにして、何度もコピーしたり、

コピー元を変更したり、

f:id:drone_skyfish:20170920125948j:plain
f:id:drone_skyfish:20170920125944j:plain

トントントン地道な作業

それはそれはとっても地味な作業です。 

 

仕上がり 

 最後は面倒くさくなって若干雑になりましたが、こんな感じに。

f:id:drone_skyfish:20170920114815g:plain

 

Photoshopを使って”>Photoshopを使って

僕にとってはLightroomと一緒で

Photoshopはなくてはならないツールの一つ。

  

人物であれば、肌の質感もコントロールできるし

風景であればその空気感を、より演出することができます。

 

今回の使い方は初歩的な、基本の使い方なので、

使いこなせば可能性は無限です!!

 

レタッチってものすごく奥深いし

楽しいのでぜひチャレンジして見て下さい!

 

最後に”>最後に

よくPhotoshop「フォトショ詐欺」とか、

レタッチがネガティブなイメージで広まっている側面もあります。

日本はレタッチ=悪、撮って出し(カメラで撮ったまま)志向の人が多い印象です。

特に高齢の人に多い気がする。

 

でも写真って、英語でphotograph

語源はギリシャ語でphoto(光)+ graph(書く)で

光の絵画といってもいいと思います。

 

真実を写すなんて意味はないです。これは日本だけ。

(他の国でもあるかもしれませんがそれはしらん)

日本でこの写真って漢字を付けたからややっこしい。

 

つまり写真をいじるとは何事か!と怒っている人は

その日本語の漢字のイメージに囚われているだけに過ぎないのです。

 

Adobe社も「写したままから、感じたままへ」とうたっています。

レタッチは、より自分の感じたままに表現できる、表現方法の一種です。

  

前も言いましたが、

自分の写真、自分の好きな様に表現しましょう!

 

僕はレタッチ賛成派です。

 

 

 

 

 

ただし

プリクラ詐欺

 

てめーダメだ

 

 

元刑事が教える ウソと心理の見抜き方 (アスカビジネス)

元刑事が教える ウソと心理の見抜き方 (アスカビジネス)

 

 

あわせて読みたい 読んでください! 写真のレタッチについて 

あわせて読みたい
Adobe Lightroom Classic CCでドローン空撮した写真を現像する。フォトレタッチのすゝめ
Adobe Lightroom Classic CCでドローン空撮した写真を現像する。フォトレタッチのすゝめ写真現像ソフトAdobe Lightroom CCがAdobe Lightroom Classic CCにアップデートしました!今回はそのLightroom Classic CCの使い方などについて。 デジカメをお持ちの方...

droneskyfish.com

あわせて読みたい
Adobe Lightroom・Photoshopによる空撮写真のフォトレタッチ(現像)と表現の可能性
Adobe Lightroom・Photoshopによる空撮写真のフォトレタッチ(現像)と表現の可能性Lightroom・Photoshopによる空撮写真のフォトレタッチと表現の可能性世界はPHOTOSHOPで出来ている写真を女性に例えると レタッチの方法Lightroomで写真の現像と管理Phot...

droneskyfish.com

あわせて読みたい
【PhotoshopとWacomのペンタブレット】人物写真を爽やかに仕上げるレタッチの方法とは?
【PhotoshopとWacomのペンタブレット】人物写真を爽やかに仕上げるレタッチの方法とは?前回はLightroomとPhotoshopのレタッチの話と、Photoshopで写真の合成を行いました。 https://www.droneskyfish.com/aerial-photo-kanouseidroneskyfish.com 今回はPhot...

droneskyfish.com

あわせて読みたい
【モノクロ写真】カメラの保存形式をRAW+JPEGで白黒撮影するとどうなる?【撮影方法】
【モノクロ写真】カメラの保存形式をRAW+JPEGで白黒撮影するとどうなる?【撮影方法】 突然ですが、皆さんカメラ使う時にモノクロで撮ったことありますか? 一眼レフ、ミラーレスカメラでは(多分コンデジでも)各メーカー名称は違いますが、撮影モードを切...

droneskyfish.com

あわせて読みたい
初心者でも出来るドローン空撮でミニチュア写真の作り方【Lightroom Classic CC】
初心者でも出来るドローン空撮でミニチュア写真の作り方【Lightroom Classic CC】 最近では様々な媒体で見る機会が多くなったドローン僕の様な個人でも持っている人が増えてきました。自分の見ている世界をガラリと変えるドローンの空撮今までドローン...

droneskyfish.com

あわせて読みたい
【モノクロ空撮写真】ドローンから見た世界を白黒写真でRAW現像する【モノトーンレタッチ方法】
【モノクロ空撮写真】ドローンから見た世界を白黒写真でRAW現像する【モノトーンレタッチ方法】ドローンで撮影した写真を、モノクロ写真に編集する方法とその効果について ドローンの空撮写真をモノクロ写真にフォトレタッチする方法モノクロ写真についてカラー写真...

droneskyfish.com

 

あわせて読みたい
【フィルムカメラ風に再現】レトロな雰囲気にするドローン空撮写真のフォトレタッチ術とは?
【フィルムカメラ風に再現】レトロな雰囲気にするドローン空撮写真のフォトレタッチ術とは?まるでフィルムカメラで撮影した様な、そんな写真現像のテクニックについて フィルムカメラで撮影した様なドローン空撮写真の写真現像テクニックについてRAWデータで撮...

droneskyfish.com

 

夕方の撮影も狙い目! 

あわせて読みたい
【ドローンの空撮術】ドローンで印象的な写真を撮りたいなら、夕方に逆光で撮影してみよう!
【ドローンの空撮術】ドローンで印象的な写真を撮りたいなら、夕方に逆光で撮影してみよう!ドローンの空撮で簡単に印象的な写真を撮る方法 ドローンで印象的な写真を撮りたいなら、夕方に逆光で撮影しよう!夕日を使った簡単にかっこいい写真を撮る方法今ではあ...

droneskyfish.com

  

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ドローンブロガー /ドローン飛ばしたり、ブログ書いたり、写真撮ったりしています。 ドローンはDJI、カメラはCANON、SONY、FUJIFILMを使っているSIGMAのArtレンズ好き。

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる