【Adobe Lightroom CC】ドローンで撮った写真を現像しよう!【Adobe Creative Cloud】

f:id:drone_skyfish:20170915133641j:plain

ドローンで撮影した写真をAdobe Lightroom CCで編集する方法

  

 

目次

【Adobe Lightroom CC】ドローンで撮った写真を現像しよう

 

今回の記事では、

ドローンで撮影する写真を

どの様に扱うのかを簡単にご紹介します!

 

これはドローンに限らず、

一眼レフ、ミラーレスのカメラでも同じですので

 

これから本格的にカメラを始めたい方も読んでみて下さい!

 

Adobe-Lightroom”>Adobe Lightroom

何はともあれ、まずAdobe Lightroomを用意しましょう!

 

パソコンソフト!?いる??
と思う方もいるかもしれませんが、

写真の管理がとっても優秀なソフトです!

さらに!本格的に写真の現像ができます!

 

必須です!

 

 

 

現像とは

デジタルカメラの場合、撮影・記録したRAW形式の未加工のデータを、専用のソフトウエアを使って処理することを指す。

現像(げんぞう)とは – コトバンク 

 

Lightroomは、今では最もスタンダードな写真管理ソフトで、

写真をやるのであれば導入しないと

話にならないと言っても過言ではありません。

 

僕はもともとApertureという、apple純正の写真管理ソフトを使っていました。

ですが、開発が終了してしまったので、

最初はしょうがなくLightroomに移行しました。

 

ただそこからLightroomが便利すぎて

(Apertureをちゃんと使ってなかったのもありますが)

最初からLightroom使っとけばよかった!と後悔したくらいです。

  

ドローンカメラでの保存形式”>ドローン(カメラ)での保存形式

 

保存形式はRAWで撮るのがオススメ!

 

RAWとは

英語で「生の」という意味。一般にデジタルカメラの イメージセンサー で受けた光はカメラ内で処理されてフルカラーの JPEG や TIFF といった画像ファイルに変換される。一方、RAWはイメージセンサーで受けた光の情報(画像処理を施す前の状態)をそのまま保存する形式のこと。

RAW(ろう)とは – コトバンク

 

最初から完璧な写真を撮れればベストですが、

何事も失敗はつきもの。

 

RAWで撮っていれば

後々、ちょっとくらいの失敗なら持ち直せるケースもあります!

 

又、明るさ、色などの調整も自由にできるので

撮った後からでも、

明るい or 暗い、可愛い or かっこいいなど

イメージに合わせて調整して、

作品を作ることが可能です!

 

 

ただRAWはデータ量が大きいのでそこは予めご注意を!

 

Lightroomで写真の現像”>Lightroomで写真の現像 

Lightroomで写真の現像のことを書こうと思うと

1記事では足りないので、とりあえず基本的なことだけ。

 

以前ドローンで撮影した写真を現像してみます。

この写真はRAWデータの画像

f:id:drone_skyfish:20170915122403j:plain

シャッタースピード1/120 F値5.6 ISO500

これはわざとアンダーめに(暗めに)撮っています。

画像というのは極端に言うと、

白い部分に情報は無く、黒い部分には情報が入っています。

白飛び写真よりも、黒つぶれ写真の方が、

情報を引き出せる可能性があります。

ですので僕は基本少し暗めに撮る様にしています。 

 

それではまず写真を取り込み開きます。

f:id:drone_skyfish:20170915123746j:plain

右のパラメーターで調整します。

 

っとその前に!

写真調整する前に大切なこと”>写真調整する前に大切なこと

まず調整する前にどんなイメージしたいのか

自分の中で決めることです!

具体的なイメージがあるといいですが、ざっくりでも問題はありません!

 

写真には、明るい写真がいいか、暗めの写真がいいか、

正解はありません。

強いていうなら、正解は自分の中だけです。

最初に自分のゴールを作るのです。

 

自分の中にゴールを作ることで

そこに向かって進むことができるのです。

ゴールがなければ終わりも分かりませんし、

本当にこの道で合っているかすらも、分からなくなってしまいます。

 

 

では、主要なパラメーターを動かしてみて

どのような変化が起きるのか写真を載せます。

(分かりやすい様に極端にしています)

色温度(ホワイトバランス)

f:id:drone_skyfish:20170915130209j:plain
f:id:drone_skyfish:20170915130227j:plain

青みがかった色合い、黄色みがかった色合いを調整します。
と書くと語弊があるかもしれませんが、
光にはそれぞれ色があるので、どの光を基準にするのかの設定です。
それにより結果的に青くなったり黄色くなったりします。
露光量(明るさ)

f:id:drone_skyfish:20170915130251j:plain
f:id:drone_skyfish:20170915130258j:plain

写真全体の明るさの調整です。
コントラスト

f:id:drone_skyfish:20170915130308j:plain
f:id:drone_skyfish:20170915130318j:plain

明るい部分と暗い部分のコントラストの調整です。
ハイライト/シャドウ

f:id:drone_skyfish:20170915130328j:plain

ハイライトは画像の明るい部分、シャドウは暗い部分のみを調整します。
この写真では明るい部分をより明るく、暗い部分をより暗く設定しています。
明瞭度

f:id:drone_skyfish:20170915130338j:plain
f:id:drone_skyfish:20170915130346j:plain

輪郭をはっきりするか、ぼかしたいか。この写真だと分かりにくいですが、
人物の写真だと、男性は明瞭度を上げ、はっきりとさせるとかっこよくなり、
女性や子供は、明瞭度を下げぼんやりさせると、優しい雰囲気になってしっくりきます。
自由な彩度(彩度)

f:id:drone_skyfish:20170915130356j:plain
f:id:drone_skyfish:20170915130400j:plain

画像の鮮やかさです。上げすぎると、ちょっとどぎつい下品な感じになるので注意!
それを狙っていればいいですが。
下げるとモノクロっぽくなります。

 

他にも色々あるのですが、基本のところはこんな感じ。

上記の設定を組み合わせ、イメージに近づけていきます。

 

ということで今回は

「人里離れた、暗く神秘的な森」をイメージしてみます。

上で挙げた様な基本の調整だけを使ってやってみます。

 

 そうするとこんな感じに

f:id:drone_skyfish:20170915131824p:plain

 

最初のと比べるとこんな感じ

GIF動画

f:id:drone_skyfish:20170915132241g:plain

 

どっちが好きかは人それぞれかと思います。

でも大丈夫!人の感性は人それぞれ!

自分の写真だからこそ、自分の好きな様に現像してみましょう!

 

今回は基本調整でざっくりとした現像ですが、

Lightroomは本当であればもっと奥深く、

部分的な細かな調整も可能です。

 

Lightroomの使い方は色々なサイトで説明があります!

気になる方は検索したり

本で読んで見てください。

 

作品づくりが上達するRAW現像読本 〜Lightroom CC/6で写真編集力アップ! (玄光社MOOK)

 

 

まとめ”>まとめ

まずはドローン(写真)を始めるなら Lightroomは必須です!

とにかくこれを用意しないと始まりませんので、必ず導入しましょう。

これだけでもドローンライフ、カメラライフが全く違います。

 

又、僕は普段、 Lightroomと一緒にPhotoshopを使っていて、

 

Lightroomでは写真管理と簡単な現像

Photoshopでは本格的なレタッチや加工、作品作り

 

といった具合にソフトを使い分けています。

 

Photoshopは本当に想像力と妄想力で、できることは無限大です!

 

そのうちPhotoshopの使い方も紹介できればと思います!

 

RAWを扱うのならLightroomでぜひ現像を!

 

 

 ドローンの写真編集について

あわせて読みたい
【Adobe Photoshop CC】ドローンで撮った写真をレタッチしよう!【空撮写真を作品にする】
【Adobe Photoshop CC】ドローンで撮った写真をレタッチしよう!【空撮写真を作品にする】 先日【Adobe Lightroom CC】ドローンで撮った写真を現像しよう! というタイトルで、簡単なLightroomの現像をしてみました。 こちらの記事https://www.droneskyfish.co...

droneskyfish.com

あわせて読みたい
Adobe Lightroom Classic CCでドローン空撮した写真を現像する。フォトレタッチのすゝめ
Adobe Lightroom Classic CCでドローン空撮した写真を現像する。フォトレタッチのすゝめ写真現像ソフトAdobe Lightroom CCがAdobe Lightroom Classic CCにアップデートしました!今回はそのLightroom Classic CCの使い方などについて。 デジカメをお持ちの方...

droneskyfish.com

あわせて読みたい
Adobe Lightroom・Photoshopによる空撮写真のフォトレタッチ(現像)と表現の可能性
Adobe Lightroom・Photoshopによる空撮写真のフォトレタッチ(現像)と表現の可能性Lightroom・Photoshopによる空撮写真のフォトレタッチと表現の可能性世界はPHOTOSHOPで出来ている写真を女性に例えると レタッチの方法Lightroomで写真の現像と管理Phot...

droneskyfish.com

あわせて読みたい
初心者でも出来るドローン空撮でミニチュア写真の作り方【Lightroom Classic CC】
初心者でも出来るドローン空撮でミニチュア写真の作り方【Lightroom Classic CC】 最近では様々な媒体で見る機会が多くなったドローン僕の様な個人でも持っている人が増えてきました。自分の見ている世界をガラリと変えるドローンの空撮今までドローン...

droneskyfish.com

あわせて読みたい
【モノクロ空撮写真】ドローンから見た世界を白黒写真でRAW現像する【モノトーンレタッチ方法】
【モノクロ空撮写真】ドローンから見た世界を白黒写真でRAW現像する【モノトーンレタッチ方法】ドローンで撮影した写真を、モノクロ写真に編集する方法とその効果について ドローンの空撮写真をモノクロ写真にフォトレタッチする方法モノクロ写真についてカラー写真...

droneskyfish.com

 

あわせて読みたい
【フィルムカメラ風に再現】レトロな雰囲気にするドローン空撮写真のフォトレタッチ術とは?
【フィルムカメラ風に再現】レトロな雰囲気にするドローン空撮写真のフォトレタッチ術とは?まるでフィルムカメラで撮影した様な、そんな写真現像のテクニックについて フィルムカメラで撮影した様なドローン空撮写真の写真現像テクニックについてRAWデータで撮...

droneskyfish.com

あわせて読みたい
【ドローンの空撮術】ドローンで印象的な写真を撮りたいなら、夕方に逆光で撮影してみよう!
【ドローンの空撮術】ドローンで印象的な写真を撮りたいなら、夕方に逆光で撮影してみよう!ドローンの空撮で簡単に印象的な写真を撮る方法 ドローンで印象的な写真を撮りたいなら、夕方に逆光で撮影しよう!夕日を使った簡単にかっこいい写真を撮る方法今ではあ...

droneskyfish.com

  

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ドローンブロガー /ドローン飛ばしたり、ブログ書いたり、写真撮ったりしています。 ドローンはDJI、カメラはCANON、SONY、FUJIFILMを使っているSIGMAのArtレンズ好き。

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる