スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮する一般人のBLOG-

東京在住の普通の会社員がDJIのドローンを勢いで買ってしまったブログです。

スカイフィッシュのドローンブログ

【Adobe Photoshop CC】ドローンで撮った写真をレタッチしよう!【空撮写真を作品にする】

f:id:drone_skyfish:20170920160100j:plain

 

先日

Adobe Lightroom CC】ドローンで撮った写真を現像しよう! 

というタイトルで、簡単なLightroomの現像をしてみました。

 

こちらの記事

www.droneskyfish.com

 

今回はPhotoshopを使った簡単なレタッチをやってみます。

 

フォトショップとは - コトバンク

 米国アドビシステムズ社が開発した画像編集用アプリケーションソフトウエア。印刷、デザインの分野で広く利用されるフォトレタッチソフトの一。商標名。

レタッチ(レタッチ)とは - コトバンク

画像の色の補正や汚れの除去、合成といった画像の修整や加工作業のこと。印刷写真業界ではフォトレタッチと呼ばれた。フォトレタッチソフトの代表的なものにアドビ システムズ社のPhotoshopがある。 

 

 

  

ドローンで撮った写真をレタッチしよう

 

今回の記事も

ドローンで撮影した写真を

Photoshopを使って、どう扱うのかを簡単にご紹介します!

 

これは前回同様に、ドローンの写真に限らず、

一眼レフ、ミラーレスのカメラでも同じですので

 

これから本格的にカメラを始めたい方や

レタッチを始めてみたい方もぜひご覧下さい!

 

レタッチをすることで、ただの写真が作品に変わります! 

 

Photoshopでできること 

 画像、写真に関するコトならなんでもできます。

ざっと挙げると

  • 汚れ除去
  • 色、明るさの補正
  • 写真の合成
  • ぼかしたり
  • 切り抜いたり
  • サイトのパーツを作ったり
  • ポスター作ったり

まぁ色々できます。

 

Adobe Photoshop

まずAdobe Photoshopを用意しましょう!

 

LightroomPhotoshopがセットになったフォトプランがおすすめ!

 

Lightroomでは写真管理と簡単な現像

Photoshopでは本格的なレタッチや加工、作品作り 

自分の中の使い分けはこんな感じです。 

 

Photoshopを使う際に便利なもの

皆さんパソコンを使う時にマウス使いますか?

僕は全く使いません!

それはMacBook Pro使っているので、

トラックパッドが便利過ぎてマウス要らないんですよね。 

きっとMac使っている方は分かってくれると思います。

 

で、そんなマウスを普段使わない僕は、

本気でレタッチする時にはペンタブレット

を使います。

これです。

WacomIntuos Pro

f:id:drone_skyfish:20170920104248j:plain

ペン?ってなると絵を描きそうですが、

僕はイラストは描けません。

 

写真の修正や加工でも

このペンタブレットは、手やマウスでは出来ない

自然な仕上げにできるので

ぜひ導入をおすすめします!

(僕は旧モデルのIntuos Proを使っています)

 

 ペンタブレットの使い方はまた後日!

 

Photoshopでレタッチ 

長々と書いてしまいましたが、いよいよ本番!

 

とりあえず写真のレタッチの基本的なことを。

Photoshopを起動しましょう。

 

写真を開く

Photoshopから写真を選ぶ場合には

一番上のメニューの中から

ファイル>開く から写真を選択。

 

f:id:drone_skyfish:20170920110306p:plain

もしくはショートカットで

Macだと 「Command」+「O」

Windowsだと「Ctrl」+「O」

(ショートカットはまじ便利なので覚えて下さい。ってか使ってると勝手に覚えます。

「O」はオープンの「O」とか、結構覚えやすい

 

Lightroomの中の管理してる写真から、

Photoshopで開く場合には

一番上のメニューの中から

写真>他のツールで編集>Adobe Photoshop〜 を選択。

f:id:drone_skyfish:20170920111306p:plain
f:id:drone_skyfish:20170920111228p:plain
LightroomからPhotoshop

 

これで写真が展開され、いよいよレタッチのお時間です!

f:id:drone_skyfish:20170920111850j:plain

 

レイヤー

Photoshopを使う際には絶対に知っておかなくてはいけないもの

「レイヤー」です。

 

例えるなら、最初に配置した写真(背景)の上に

薄い下敷きを何枚も重ねます。これがレイヤー

 

薄い下敷きがそれぞれ、色だったり、明るさだったり

調整するパーツです。

 

分かりやすようにシンプルなレイヤーで色味を調整してみました。

右下の背景(元の写真)の上から、

トーンカーブで明るさを上げ、

色相・彩度で 青みを上げて鮮やかにしています。

f:id:drone_skyfish:20170920113032p:plain

 

レタッチ

やぱりPhotoshopといえば、写っていたものを消したり、移動させたり、ではないでしょうか?

 

ということで、左下のブロックを消してみます。

 

方法は様々あるのですが、

とりあえずシンプルなやり方で。

  

ツールの中からコピースタンプツールを使います。

 

コピースタンプツールとは、名前そのままですが、

自分の指定した部分をコピーし、

別の場所にスタンプの様に塗りつぶすことができます。

f:id:drone_skyfish:20170920114922p:plain

 

ツールを選択したら

スタンプの大きさ(効果の範囲)を決めます。

 

硬さは効果を適用する境界部分のことです。

%が小さければぼんやり、%が大きければくっきり。

この場合には小さい方が自然に仕上げれます。

f:id:drone_skyfish:20170920115002p:plain

 

 

不透明度(コピーする濃さ)の調節は上のメニューバーで調整します。

f:id:drone_skyfish:20170920122922p:plain
f:id:drone_skyfish:20170920122946p:plain
コピーする濃さも調節。少し薄めにして、何度も重ねていくと自然な仕上げに。

 

で、ここからが一番大切なんですが、

コピー元を選びます。

 

今回は左下のブロックを消したいので、

周りの海と同化させる為、海面をコピー元にします。

 

コピー元にしたい場所の上にカーソルを置き、

Macだと 「Option」+クリック

Windowsだと「Alt」+クリック

 

今回は赤丸辺りがコピー元です。

その後、コピー先でクリック

そうするとこんな感じ

f:id:drone_skyfish:20170920125225j:plain

 

これを繰り返していきます。

自然な仕上げにする為には

コピーの大きさを変えたり

不透明度を小さくして薄めにして、何度もコピーしたり、

コピー元を変更したり、

f:id:drone_skyfish:20170920125948j:plain
f:id:drone_skyfish:20170920125944j:plain
トントントン地道な作業

それはそれはとっても地味な作業です。 

 

仕上がり 

 最後は面倒くさくなって若干雑になりましたが、こんな感じに。

f:id:drone_skyfish:20170920114815g:plain

 

Photoshopを使って

僕にとってはLightroomと一緒で

Photoshopはなくてはならないツールの一つ。

  

人物であれば、肌の質感もコントロールできるし

風景であればその空気感を、より演出することができます。

 

今回の使い方は初歩的な、基本の使い方なので、

使いこなせば可能性は無限です!!

 

レタッチってものすごく奥深いし

楽しいのでぜひチャレンジして見て下さい!

 

 最後に

よくPhotoshop「フォトショ詐欺」とか、

レタッチがネガティブなイメージで広まっている側面もあります。

日本はレタッチ=悪、撮って出し(カメラで撮ったまま)志向の人が多い印象です。

特に高齢の人に多い気がする。

 

でも写真って、英語でphotograph

語源はギリシャ語でphoto(光)+ graph(書く)で

光の絵画といってもいいと思います。

 

真実を写すなんて意味はないです。これは日本だけ。

(他の国でもあるかもしれませんがそれはしらん)

日本でこの写真って漢字を付けたからややっこしい。

 

つまり写真をいじるとは何事か!と怒っている人は

その日本語の漢字のイメージに囚われているだけに過ぎないのです。

 

Adobe社も「写したままから、感じたままへ」とうたっています。

レタッチは、より自分の感じたままに表現できる、表現方法の一種です。

  

前も言いましたが、

自分の写真、自分の好きな様に表現しましょう!

 

僕はレタッチ賛成派です。

 

 

 

 

 

ただし

プリクラ詐欺

 

てめーダメだ

 

 

元刑事が教える ウソと心理の見抜き方 (アスカビジネス)

元刑事が教える ウソと心理の見抜き方 (アスカビジネス)