スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮する一般人のBLOG-

東京在住の普通の会社員がDJIのドローンを勢いで買ってしまったブログです。

スカイフィッシュのドローンブログ

【Ryze Tech Tello】話題のトイドローンTelloの初期設定と使い方【ハンズオンレビュー!】

f:id:drone_skyfish:20180325125318j:plain

 

今話題のトイドローンTello(テロー)!!

実際に飛ばしてみたハンズオンレビュー

 

 

Ryze TechのミニドローンTelloの設定方法と実機レビュー!

Telloって?という方はこちらの過去記事をご覧下さい! 

www.droneskyfish.com

 

Telloが我が家に到着!www.droneskyfish.com

 

Telloではないのですが、こちらは価格も安いホビードローン。割引クーポンもあり!www.droneskyfish.com

 

Telloの詳細

手のひらサイズのミニドローンf:id:drone_skyfish:20180325133138j:plain

720pのHD動画撮影が可能なカメラf:id:drone_skyfish:20180325133144j:plain

f:id:drone_skyfish:20180325133156j:plain

f:id:drone_skyfish:20180325133203j:plain

サイドには電源ボタンf:id:drone_skyfish:20180325133217j:plain

反対サイドには充電用のマイクロUSBポートf:id:drone_skyfish:20180325133223j:plain

 

Telloを操作するための送信機(プロポ)とアプリ

f:id:drone_skyfish:20180110111645j:plainTelloを操作する専用の送信機(プロポ)はありません。スマートフォンを使って操作します。スマホに専用のアプリをインストールして使用します。

こちらのアプリがTelloの操作をするアプリ

f:id:drone_skyfish:20180325134645p:plain

TELLO

TELLO

  • Shenzhen RYZE Tech Co.Ltd
  • 写真/ビデオ
  • 無料

  

これは起動直後の画面 f:id:drone_skyfish:20180325135011p:plain

f:id:drone_skyfish:20180325140201p:plain

そのまま進むと一応操作画面になりますが、機体とリンクされていないので画面は真っ黒な状態。f:id:drone_skyfish:20180325140257p:plain

以下の方法で本体とリンクします。 

 

Telloの初期設定

電源を入れると正面ランプが点滅します。

f:id:drone_skyfish:20180325141400j:plain

f:id:drone_skyfish:20180325133150j:plain 

スマホ側の設定で、Wi-Fi設定を開きます。

Wi-Fiの中に

TELLO-○○○○○○

というアクセスポイントが出てくるのでここに接続します。

f:id:drone_skyfish:20180325141426p:plain

これで本体とのリンク成功です。

先ほどのアプリを開きます。

するとビギナーズガイドが表示されます。(英語表記)

f:id:drone_skyfish:20180325142351p:plain

操作方法について。ドローン操作でいうモード2です。

初期設定ではモード2ですが、後で設定は変更できます。f:id:drone_skyfish:20180325142426p:plain

画面表記の説明f:id:drone_skyfish:20180325142647p:plain

f:id:drone_skyfish:20180325142656p:plain

f:id:drone_skyfish:20180325142702p:plain

フライトモードで様々な動きが簡単にできます。f:id:drone_skyfish:20180325142713p:plain

最後はプロペラの取り外しについてf:id:drone_skyfish:20180325142721p:plain

 

Telloの基本の操作方法 

f:id:drone_skyfish:20180325144721j:plain

実際に庭で操作してみました!

f:id:drone_skyfish:20180325143551j:plain

家はDID地区(人口密集地)なので、航空法により基本的に200g以上のドローンは飛ばせないのですが、Telloの重量は80g!

航空法に関係なく飛ばせるのもTelloの魅力の一つだと思います。

www.droneskyfish.com

 

Telloは 左上のボタンから、離陸、着陸が出来ます。

f:id:drone_skyfish:20180325151534p:plain

 

離陸ボタンを押すとこんな画面が。ここで真ん中の「Slide to Take Off」をスワイプすると自動で離陸します。f:id:drone_skyfish:20180325152610p:plain

初フライト!!f:id:drone_skyfish:20180325153652j:plain

トイドローンなのにめちゃくちゃ安定してる!!f:id:drone_skyfish:20180325153659j:plain

 

操縦に関して、初期設定のモード2では

左の操作で、上下は上昇下降、左右は旋回になります。f:id:drone_skyfish:20180325152223p:plain

右の操作で、前進、後進、左右の移動になります。(あくまでTello視点での左右です)f:id:drone_skyfish:20180325152239p:plain

 

着陸方法は先ほどと同じ左上のボタン

f:id:drone_skyfish:20180325151534p:plain

実際に押すとこの画面に。

上の「Tap to Land」がそのまま着陸

「Hand Landing」は手の上に着陸します。f:id:drone_skyfish:20180325171943p:plain

ドローンの下に手を入れると、通常はセンサーが働き自動で上昇するのですが(高度を自動で維持!)、上の「Hand Landing」後に下にレバーを入れることで手の上に着陸することができます。f:id:drone_skyfish:20180325172701j:plain

 

Telloでの撮影について

f:id:drone_skyfish:20180325181036j:plain

スマホの画面、右上のボタンですが、それぞれ

シャッターボタンf:id:drone_skyfish:20180325180506p:plain

写真、動画の切り替えf:id:drone_skyfish:20180325180510p:plain

写真、動画の確認になっています。f:id:drone_skyfish:20180325180514p:plain

ここを押すと

撮影した写真の確認

f:id:drone_skyfish:20180325180910p:plain

動画の確認ができます。

f:id:drone_skyfish:20180325180933p:plain

この様にTelloはトイドローンの為、本体にSDカード等保存出来る場所は無く、撮影した写真と動画はスマホのアプリ内に保存されます。 

アプリ内に保存されている状態なので、スマホのカメラロールに保存して使い易い状態にするには

右上の「Select」を押し

f:id:drone_skyfish:20180325181343p:plain

保存したいものをチェックしたら「Save File to Your Device」を選択

これでカメラロールに保存完了です。f:id:drone_skyfish:20180325181352p:plain

 

Telloで撮影した写真

Telloで撮影した写真をアップ

全てTelloで撮ったままアップしています。

f:id:drone_skyfish:20180325175714j:plain

f:id:drone_skyfish:20180325175718j:plain

被写体が無いので三脚に立てたカメラを撮影f:id:drone_skyfish:20180325175723j:plain

f:id:drone_skyfish:20180325175729j:plain

f:id:drone_skyfish:20180325183508j:plain

正直トイドローンということで全く期待していませんでしたが、思ったより写りは悪くありません。むしろトイドローンであれば全然満足の画質!

 

Telloで撮影した動画

せっかくなのでTelloの動画もアップ

正直言いますと、映像飛ぶし、ノイズも出るし、あんまり良くありません。

これはあくまでおまけ程度の感じが良いと思います。

 

Telloのフライトを撮影した動画

簡単にフライトの様子を撮影。かなり安定しています。

 

Telloをより楽しむ為のアクセサリー

Telloを楽しむのに、こんなアクセサリーがあるとより快適に楽しめます。

 

最大飛行時間は13分。体感ではもっと短く感じます。予備バッテリーは必須! 

 

サードパーティ製のバッテリーセットも売られています!

 

Tello本体を使わず、同時に複数のバッテリーを充電できる充電ハブ。これも必須!

  

トップカバーのカラーを変えることもできます。カラーバリエーションは3色

f:id:drone_skyfish:20180326205019p:plain

 

基本はスマホで操作しますが、Bluetoothの付いたゲーミングコントローラーで操作することも可能です! 

 

 

Tello専用のバッグが続々発売されています!ぴったり入るので外出にも! 

 

Wi-Fiエクステンダーを使うことで、安定したフライトと映像の受信ができます。 

 

Telloの良いところ

実際に使ってみて分かった良いところ

 

驚異の安定感

f:id:drone_skyfish:20180326095826j:plain

一般的なおもちゃのトイドローンは、GPS等のセンサーが付いていないので、基本的に安定感はありません。

TelloにもGPSは付いていませんが、独自のセンサーのお陰でかなり安定したホバリングができています。

 

手軽に飛ばせる

f:id:drone_skyfish:20180326095755j:plain

設定、機体とのリンクが済めば驚くほど簡単に飛ばすことが出来ました。

ストレス無くすぐに飛ばせるのは高ポイント!

 

写真が思ったより綺麗

f:id:drone_skyfish:20180326095736j:plain

空撮ドローンでは無く、あくまでトイドローンなので、カメラ機能には期待していませんでした。

ただ撮った写真を見ると期待以上の出来!

手軽に飛ばして、自撮りなんかには良いかも。

 

 

Telloの注意するところ

ここからは気になったところ

 

マイクロUSBケーブルが入っていない

f:id:drone_skyfish:20180326100039j:plain

充電用のケーブルが同梱されていません。別で買うか、手持ちの物で代用することになります。マイクロUSBケーブルは一般的なので、1本くらいは持っていると思いますが、最悪の場合Tello買ったのに充電できない・・・なんて可能性も。 

 

本体にバッテリーを接続して充電

f:id:drone_skyfish:20180326100143j:plain

バッテリーの充電は本体に接続が必要。

なので予備バッテリーを持っていたとしても、飛ばしている間に充電はできません。

 

解決策として充電ハブがあれば別でバッテリーが充電できます!これ便利!

f:id:drone_skyfish:20180411182421j:plain

 

 

バッテリー充電ハブの仕様レビュー! 

www.droneskyfish.com

  

カメラアングルは固定

f:id:drone_skyfish:20180326100212j:plain

カメラアングルは固定されています。

なのでドローンの空撮でよくある真下を撮影する俯瞰のアングルでは撮影出来ません。

 

操作には注意が必要

f:id:drone_skyfish:20180326100357j:plain

良い面でもあるのですが、Telloはかなり俊敏に動きます。

初めてドローンを触れる方は、最初はゆっくり操作すること!プロペラガードが付いているとはいえ安全に注意しましょう。

 

TELLOの問題点について考えてみた 

www.droneskyfish.com

 

最後に

実際に飛ばしてみましたが、この価格帯のトイドローンとしては驚異の性能です!

ドローンが気になっている方、試してみたい方

まじで!

Telloは買いです!!

 

 

Telloに用意されたフライトモードについて!

www.droneskyfish.com

 

TelloとSparkをあえて比較してみる!

www.droneskyfish.com

 

Telloと一緒にどうぞ!

www.droneskyfish.com

 

Telloを外で飛ばしてみた!

www.droneskyfish.com

 

Telloの持ち運びにはこちらのケースがおすすめ!

www.droneskyfish.com

 

Telloのプログラミングに挑戦してみた! 

www.droneskyfish.com