スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮するBLOG-

東京在住のドローンブロガースカイフィッシュのブログ

スカイフィッシュのドローンブログ

【カスタマイズ】Apple iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017の) メモリ増設の方法


f:id:drone_skyfish:20180621100942j:plain

先日購入したiMac 2017年モデルの27インチ

選んだ理由の一つは、コストを抑えて性能をアップ出来るからです。

今回実際に性能アップの為に、自力でメモリを増設してみました。

 

 

【カスタマイズ】Apple iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017の) メモリ増設の手順

ブログ用にiMacを購入

21インチと27インチと選べる中、27インチにしたのは自分でメモリが追加できるから。

自分でやることでAppleでカスタマイズオーダーするよりも、かなり安くカスタマイズ出来ます。

www.droneskyfish.com

 

こちらはiMacを買って最初にした初期設定

www.droneskyfish.com

 

PCとデスク周りの環境について

www.droneskyfish.com

  

パソコンのメモリとは

そもそもパソコンのメモリとは

単にメモリと言った場合には、一般的にCPU中央処理装置)が高速アクセスできる半導体記憶装置を指す。中でも特に、CPU直接読み書きできるRAMDRAMなどの半導体記憶装置メインメモリ呼ばれるメインメモリコンピュータ性能大きく左右する重要な装置である。

メモリとは - IT用語辞典 Weblio辞書

一般的にはメモリが多いほど、処理能力が向上します。

f:id:drone_skyfish:20180621100656p:plain

 

パソコンのことあまり知らないとストレージ(保存領域)のこととごっちゃになるので注意。

 

昔どこかで見て妙に納得したのは、

メモリが机の広さ、ストレージが引き出しの大きさ、という例え。

 

メモリ

f:id:drone_skyfish:20180621100715p:plain

机が狭いと出来ることが限られてしまうけれど、机が広ければ同時に行う作業が沢山あってもストレスになりません。同時に色んな事が出来ます。

メモリは処理能力の高さのこと。

 

ストレージ

f:id:drone_skyfish:20180621100726p:plain

引き出しが大きければ沢山収納しておくことができます。

ストレージはデータの収納場所の大きさのこと。

 

最近友達にどんなパソコン買えばいいかな?と相談され話してて、友人はこのメモリとストレージがごっちゃになっていた・・・どっちも単位がGB(ギガバイト)だしね。

 

iMacのメモリ

今回購入したiMacのメモリは初期の8GBの状態

4GB×2=8GB 

f:id:drone_skyfish:20180621095001p:plain

iMac 2017 27インチでは、4ヶ所にメモリを設置します。

各16GBのメモリが設置でき、最大64GBにすることが可能。

16GB×4=64GB

 

しかし、安くカスタマイズ出来ると言ってもメモリって結構高い・・・

今回は空きスロットの2ヶ所分の、16GBを2枚購入しました。

2枚で4万・・・

 

購入したメモリはこちら。2枚セット

f:id:drone_skyfish:20180620183040j:plain

品番とか見ても、正直どれを買えば良いのかまったく不明でしたが、Amazonレビューを頼りにこちらを購入。

すでにiMac 2017 27インチでメモリ増設が出来たという書き込みがあったので同じ物を選びました。 

f:id:drone_skyfish:20180620183043j:plain

設置が成功すれば合計でメモリ40GBになります。

 

iMac 27インチのメモリ増設の手順

実際のメモリ増設の流れを写真に撮りました。

 

最初に電源を切り、コード類は全て抜いておきます。

f:id:drone_skyfish:20180621095233j:plain

 

メモリの設置は液晶の裏側

まず、液晶を下側にして寝かせます。

画面が傷つかない様にタオルを敷きました。

f:id:drone_skyfish:20180620183106j:plain

 

f:id:drone_skyfish:20180620183123j:plain

 

ここは電源コードの差し込み口。

f:id:drone_skyfish:20180620183525j:plain

矢印部分を硬いもので押します。(指だと痛くて出来なかったのでドライバーなどにハンカチとか巻いてやることを推奨)

 

ちゃんと押し込むとフタがかぱっと開きます。

f:id:drone_skyfish:20180620183202j:plain

 

これはフタ。内側に説明付き。

f:id:drone_skyfish:20180620183220j:plain

 

矢印のレバーを左右に広げると、メモリ収納部が持ち上がります。

f:id:drone_skyfish:20180621095249j:plain

 

f:id:drone_skyfish:20180620183600j:plain

 

先ほど説明した通りメモリのスロットは4ヶ所あり、8GBの場合は4GBが2枚差し込まれた状態。

 

f:id:drone_skyfish:20180620183612j:plain

用意した16GBのメモリを差し込みます。

メモリはかなり精密で、静電気には特に気をつける事。

f:id:drone_skyfish:20180620183628j:plain

しっかりと奥まで押し込みます。

f:id:drone_skyfish:20180620183634j:plain

差し込みが出来たら、両脇のレバーを押し込み元に戻します。

f:id:drone_skyfish:20180620183640j:plain

iMacではデュアルチャンネルと言って、メモリを2枚1組で管理し処理を分担する様になっています。例えば16GBを1枚追加するよりも、8GBを2枚追加した方がパフォーマンスは上がるそうです。

f:id:drone_skyfish:20180620183647j:plain

外したカバーをはめ込みます。このカバー、湾曲してるのに上下逆でも取り付けられる作りになっています。細かなところもすごい。

f:id:drone_skyfish:20180620183652j:plain

これで完了!

ケーブルを差し、電源が入ればオッケー。

 

ここで僕の場合、電源が入らない(正確に言うとスイッチはつくけど液晶が暗いまま)という現象に!

かなり焦りましたが、電源を切り、もう一度メモリの差し込みを確認して、水平になる様押し込んだら起動する事が出来ました。

ヨカッタ・・・

メモリの差し込みには注意しましょう!

 

起動後、40GBを認識していることを確認!

無事成功です!

f:id:drone_skyfish:20180621095413p:plain

 

メモリ8GBと40GBの違い

実際にどのくらい変わったのか簡単に比べてみました。

 

今回はiMovieにドローンで撮影した4Kの動画を取り込み、そのまま未編集の状態で書き出ししてみました。

f:id:drone_skyfish:20180621095432p:plain

 

素材はコレ。50秒ほどの動画。

f:id:drone_skyfish:20180621095452p:plain

 

iMovieに取り込みます。

f:id:drone_skyfish:20180621095512p:plain

  

まずこちらはメモリ増設前の8GBの状態

品質などは最高の状態で未編集で書き出します。 

f:id:drone_skyfish:20180621095623p:plain

f:id:drone_skyfish:20180621095835p:plain

f:id:drone_skyfish:20180621095842p:plain

(50秒で4GBのデータ量・・・汗)f:id:drone_skyfish:20180621095850p:plain

 

ストップウォッチで測ると1分6秒ほどかかりました。

f:id:drone_skyfish:20180620105337p:plain

 

 

こちらはメモリ増設後の40GBの状態

同様に品質などは最高の状態で未編集で書き出します。 

f:id:drone_skyfish:20180621095623p:plain

f:id:drone_skyfish:20180621100024p:plain

 

ストップウォッチで測ると49秒ほどかかりました。

f:id:drone_skyfish:20180620105340p:plain

 

およそ15秒の短縮

15秒か・・・

4万円で15秒を買ったと思うとかなり高いね泣

 

きっともっと重いデータや、複数の作業を同時に行う時に真価を発揮すると思います!(というかそれを切に願う)

 

最後に

とりあえず40GBへのメモリ増設が無事に終わって良かった!

これで動画の編集も出来そう!

f:id:drone_skyfish:20180621100123p:plain

 

その内、状況を見てメモリを最大の64GBにしてみるかもしれません。

 

後日、さらにメモリを増設しました!記事はこちら 

www.droneskyfish.com

 

自分でも無事に出来たのでiMac 27インチをお持ちの方はぜひお試しを。

どれを買えばいいか不明であればコレ買えば間違いないです。

 

後日 macOS Mojaveにアップグレードしてみた 

f:id:drone_skyfish:20181001231154j:plain

www.droneskyfish.com

 

正しいMacの壁紙の楽しみ方

www.droneskyfish.com