スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮する一般人のBLOG-

東京在住の普通の会社員がDJIのドローンを勢いで買ってしまったブログです。

スカイフィッシュのドローンブログ

【Photoshop】初心者が最初に覚えるべき写真の切り抜き方法

f:id:drone_skyfish:20170928203756j:plain

前回の記事の続きです!

写真の切り抜きができると

色々な画像を自分で作ることができます。

 

もし写真の切り抜きがしたかったら

この方法を覚えましょう。

 

前回の記事

今夜も僕はパソコンに向かってシコシコ抜くはこちら

www.droneskyfish.com

 

 

 

初心者が最初に覚えるべき写真の切り抜き方法

 

Photoshopのペンツールのパスを使った切り抜きの方法です。

 

全ての写真に使えるわけではありませんが、

この基本があれば、

今後応用して使うことができます。

 

手軽に切り抜く方法もあったりしますが、

写真によっては使えませんし、

クオリティを考えれば

これから紹介する方法を覚えておいて損はないです。

 

 

Adobe Photoshop

Adobe Photoshopを用意します!

 

以前も書きましたが 

LightroomPhotoshopがセットになった

フォトプランがおすすめです。

 

Lightroomでは写真管理と簡単な現像

Photoshopでは本格的なレタッチや加工、作品作り 

自分の中の使い分けはこんな感じです。 

 

 

Photoshop 

 

Photoshopを起動しましょう。

 

以前、Photoshopを使った簡単なレタッチ方法は

【Adobe Photoshop】ドローンで撮った写真をレタッチしよう!で書いています。

www.droneskyfish.com

 

写真を開く

Photoshopから写真を選ぶ場合には

一番上のメニューの中から

ファイル>開く から写真を選択。

 

f:id:drone_skyfish:20170920110306p:plain

もしくはショートカットで

Macだと 「Command」+「O」

Windowsだと「Ctrl」+「O」

(ショートカットはまじ便利なので覚えて下さい。ってか使ってると勝手に覚えます。

「O」はオープンの「O」とか、結構覚えやすい

 

Lightroomの中の管理してる写真から、

Photoshopで開く場合には

一番上のメニューの中から

写真>他のツールで編集>Adobe Photoshop〜 を選択。

 

 今回はこの写真の一部を切り抜いて見ます。

f:id:drone_skyfish:20170928175016j:plain

最初なので簡単な四角をパスで切り抜きます。

 

スマホでは夜景の撮影に限界があるので、

一眼レフで撮った写真をはめ込んで見ようと思います。

いわゆるはめ込み画像。

 

赤丸の中の撮影画面を切り抜きます。

(実は最後に気づいたのですが、画面内のアイコンも含めて切り抜いてました・・・凡ミス。気にしない気にしない。)

f:id:drone_skyfish:20170928175213j:plain

 

 

パス

今回使うツールはこちら「ペンツール」

f:id:drone_skyfish:20170928175944j:plain

 

ペンツールという名前が紛らわしいのですが、

絵を描いたりするペンではありません。

 

ペンツールで画面をクリックすると

アンカーポイントという支点が作られ、

アンカーポイントを増やしていくと、

このポイント同士が自動で線で繋がれていきます。

これがパスです。

 

このパスで対象を囲み、最終的に切り抜くのですが、

最初の内はなかなかこれが大変で・・・

 

とりあえず一連の流れを写真で。

最初に(僕のやり方ですが)写真の背景を複製します。

f:id:drone_skyfish:20170928183148g:plain

 

四角い画面が分かりやすい様に、

今回はレベル補正を使って全体を明るくしました。

f:id:drone_skyfish:20170928183717j:plain

 

パスの最初の場所を決め、

ペンツールでクリック。

小さいですが点が付きます。

f:id:drone_skyfish:20170928180933j:plain

 

f:id:drone_skyfish:20170928180949j:plain

 

f:id:drone_skyfish:20170928181304j:plain

この繰り返しで四角くなぞっていきます。

 

アンカーポイントをつないで、最初のところにくると

パスで四角く囲むことができます。

f:id:drone_skyfish:20170928184120j:plain

 

そしたらパスでやりやすい様に明るくしただけなので、

この背景のコピーは一旦削除。

改めて背景のコピーを作ります。

 

f:id:drone_skyfish:20170928184353j:plain

 

パスの赤丸のサムネイルを

Macだと 「Command」+クリック

Windowsだと「Ctrl」+クリック

これで囲んだパスを選択できました。 

 

f:id:drone_skyfish:20170928184742j:plain

 

そしたら今回は画面を切り抜きたいので

選択肢を反転させます。

f:id:drone_skyfish:20170928185111j:plain

すると先ほどの囲んだiPhoneの画面以外が選択されます。

 

この状態でマスクをクリック。

f:id:drone_skyfish:20170928185424j:plain

一見分かりませんが、背景のコピーの一部がマスクされました。

この場合、iPhoneの画面がマスクされています。

(マスクは人がマスクする感覚で、画面の一部を隠せます。)

 

試しに背景と、背景のコピーの間にベタ塗りのレイヤーをいれます。

そうすると・・・

 

f:id:drone_skyfish:20170928185754j:plain

 

あとは

別で撮った画像を差し込みます。

今回はこれ

f:id:drone_skyfish:20170928185942j:plain

 

追加した画像を

レイヤーの背景と背景のコピーの間に配置

f:id:drone_skyfish:20170928190511j:plain

 

位置や大きさを調整します。

f:id:drone_skyfish:20170928190853g:plain

 

完成

 

とりあえず完成です!

ここで上のアイコンまで切り抜いてたの気付きました・・・

 

写真のアングルとかがおかしいとかのツッコミは無しで!

f:id:drone_skyfish:20170928191225g:plain

 

本来であれば、切り抜く境界線を馴染ませる為に、ほんの少しだけボカしたり、

明るさや色を調整するのですが、

練習なのでこれで良しとします!

 

最後に

雑な感じの解説でしたが・・・

 切り抜きはとにかく練習あるのみ!

 最初は大変ですが、慣れれば楽々出来るようになります!

 

次回はこのパスを使った、

曲線の切り抜き方をやってみます!