スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮するBLOG-

東京在住のドローンブロガースカイフィッシュのブログ

スカイフィッシュのドローンブログ

【写ルンです】ミラーレスカメラ用超広角レンズ「Wtulens」を買ってみた【Utulensとの違いを比較】


f:id:drone_skyfish:20180218184910j:plain

 

 

【使用レビュー】写ルンですのミラーレスカメラ用レンズ「Wtulens」を買ったので「Utulens」と比べてみた

 

先日購入した「写ルンです」のレンズを使ったミラーレスカメラ用交換レンズ「Utulens」

f:id:drone_skyfish:20180122201151j:plain 

www.droneskyfish.com

 

  

今回新たに発売された「写ルンです」のレンズを2枚使用したミラーレスカメラ用交換レンズ「Wtulens」

f:id:drone_skyfish:20180217002058j:plain

 

前回のUtulensが良かったので今回もギズモショップで注文してみました 

 

GIZMON Wtulens / ギズモショップ - GIZMOSHOP -

 

ちなみにWtulens、Utulensともに「ウツレンズ」と呼ぶそうです。このネーミングセンスもオシャレ。

 

Wtulensとは

FUJIFILMの代名詞とも言えるレンズ付きフイルム「写ルンです」

 

写ルンですの使用済みレンズを加工した商品がWtulensです。

f:id:drone_skyfish:20180122201028j:plain

 

「写ルンです」のレンズは非球面メスカスレンズという高い描写力のレンズだそうです。

下の図のダブルガウス型のように、2枚のレンズを対象に配置することで17mm相当の広角レンズになりました。

APS-Cのカメラでは約28mmの広角レンズになります。

f:id:drone_skyfish:20180217002708j:plain

 

Wtulensの魅力

Wtulensの魅力としてはこんな感じ

 

価格が安い

税込4,980円

一般的な交換レンズは数万〜何十万の世界。

それに比べるとこの「Utulens」「Wtulens」の価格は安い!

前回のUtulensが一枚のレンズで税込3,980円だったので何となくお得な感じ。

  

軽くて薄い

かなり薄いレンズで46g!

プラスチック製でかなり軽くて薄いです。

 

写ルンですの様な味のある写真

f:id:drone_skyfish:20180217003746j:plain

作品例:GIZMON Wtulens / ギズモショップ - GIZMOSHOP -

トイカメラ風の独特な雰囲気の写真になります。

 

大体のミラーレスカメラで使える

前回のレンズと同様、各社のミラーレスカメラに取り付けられる様、取り付け部分も5つのマウントから選んで注文します(マウント違うと付けられないから注意!)

具体的には下記のマウントの中から選びます。

  1. マイクロフォーサーズ(OLYMPUS、Panasonicなど)
  2. Eマウント(SONY)
  3. XFマウント(FUJIFILM)
  4. EOS Mマウント(Canon)
  5. ニコン1マウント(Nikon)

 

注文したWtulensが到着

到着!在庫があった様ですぐに送ってくれました。

f:id:drone_skyfish:20180218165311j:plain

 

Wtulensのセット内容

f:id:drone_skyfish:20180217003849j:plain

  • レンズユニット
  • ミラーレスマウント
  • L字型レンチ
  • ポーチ
  • 日本語マニュアル

 

レンズユニットとマウントを組み合わせますf:id:drone_skyfish:20180218163939j:plain

f:id:drone_skyfish:20180218163943j:plain

 

今回もポーチ付き f:id:drone_skyfish:20180218165546j:plain

 

Wtulensの仕様

主な仕様は下記になります。

  • 焦点距離は17mm
  • 絞りはF16固定
  • 撮影距離は0.5m〜∞
  • 動画撮影でも利用できます
  • プラスチック製の非球面メスカスレンズ2枚
  • マウント部分は金属製
  • ポーチ付き

 

前面のレンズユニットのネジを緩めると、近い場所へのフォーカスを合わせることができるそうです。※レンズユニットを緩め過ぎると落ちてしまうので注意

f:id:drone_skyfish:20180123012703j:plain

 

WtulensとUtulensのスペック比較

  Wtulens Utulens
サイズ 縦60mm × 横15mm 縦60mm × 横15mm
重量 約46g 約46g
焦点距離 17mm 32mm
絞り F16 (絞り固定) F16 (絞り固定)
フォーカスレンジ 0.5m ~ ∞ 1m ~ ∞
対応機種 マイクロフォーサーズ マイクロフォーサーズ
Eマウント Eマウント
XFマウント XFマウント
EOS Mマウント EOS Mマウント
Nikon1マウント Nikon1マウント

 

焦点距離以外の違いはほとんど無し!

焦点距離が広角から広角レンズになりました。

 

WtulensとUtulensの実物の比較

左がWtulens、右がUtulens

f:id:drone_skyfish:20180218165702j:plain

f:id:drone_skyfish:20180218165710j:plain

f:id:drone_skyfish:20180218165715j:plain

 

SONY a7 IIでWtulensを付けてみる

f:id:drone_skyfish:20180218170520j:plain

薄いパンケーキレンズ

f:id:drone_skyfish:20180218170529j:plain

f:id:drone_skyfish:20180218170533j:plain

f:id:drone_skyfish:20180218170540j:plain 

 

Wtulensで撮影した写真

Wtulensとa7 II で簡単に撮影してみました。

前回のUtulens同様、F値が固定で16なので、シャッタースピードとISO感度で調整します。

f:id:drone_skyfish:20180218180804j:plain

f:id:drone_skyfish:20180218180747j:plain

f:id:drone_skyfish:20180218180740j:plain

f:id:drone_skyfish:20180218180752j:plain

f:id:drone_skyfish:20180218180758j:plain

 

WtulensとUtulensの写真の比較

分かりやすい様にWtulensとUtulensの写真を比較してみます。

どちらも同じ場所から同じ設定で撮影しています。

 

Wtulensf:id:drone_skyfish:20180218175149j:plain

Utulensf:id:drone_skyfish:20180218175204j:plain

 

Wtulensf:id:drone_skyfish:20180218175232j:plain

Utulensf:id:drone_skyfish:20180218175248j:plain

 

全然違う!!

焦点距離が違うので写る範囲が違うのは当然ですが、仕上がりの雰囲気が全然違います

Wtulensは周辺減光が大きいトイカメラ風。周りも流れています。

Utulensは全体的に淡い感じになります。ホワイトバランスの関係か(太陽光で撮影)、明るい光が入るとマゼンタに転びます。

 

最後に 

今回のWtulensもかなりコスパ良し!前回のUtulensとはまた違った味になります。

 

「写ルンです」の写りですが、デジタルで撮影するので、RAW現像でさらに違った雰囲気に仕上げることも可能です。

ぜひミラーレスカメラのお持ちの方は試してみては?

  

GIZMON Wtulens / ギズモショップ - GIZMOSHOP -

  

最後にWtulensで撮った一枚。それでは!

f:id:drone_skyfish:20180218180830j:plain