激レア体験!世界遺産 軍艦島を空から見る!!エアシェアの遊覧フライト

AIR SHARE

こんにちはブロガーのスカイフィッシュ(@drone_skyfish)です。

先日、AIR SHARE(エアシェア)というサービスを利用して、セスナに乗って長崎の軍艦島を撮影してきました!

軍艦島フライト


友人で廃墟の写真を撮っているtoshibo(@JIYUKENKYU_jp)とSaho君(@urbex_34)の3人。

人生初のセスナだったのでめちゃくちゃ緊張したのですが、軍艦島の上空を飛びながら撮影するという、かなり貴重な時間を過ごせました。

軍艦島フライト
Phot by Saho

今回はそんなエアシェアを利用した感想を紹介します。

こちらは2時間のフライトを2分にまとめたダイジェスト映像です。

目次

エアシェアとは

AIR SHARE

今回のフライト&撮影にはエアシェアというサービスを利用しました。

エアシェアは北海道のスタートアップ企業で

飛行機に乗りたい人、プロのパイロット、セスナやヘリコプターなどの機体(機体オーナー)をつなぐ新しいシェアリングサービス。

エアシェアの仕組み

AIR SHARE

日本ではなかなか聞いたことのない航空機のシェアリングサービスですが、

  • 飛行機に乗りたい人は、自分の旅のプランに合わせた飛行ルートを選ぶことがでる
  • パイロットは資格を有効活用できる
  • 機体オーナーは所有機体を有効活用できる

という3者のメリットを活かすことができる仕組みです。

AIR SHARE

エアシェアの利用方法

AIR SHARE

飛行機に乗りたい人は、エアシェアのサイト内で、乗りたい場所〜行きたい場所で検索し、空いている航空機とパイロットにお願いすることで、希望の場所まで乗せてくれる。という流れです。

安全面にも配慮

AIR SHARE

シェアリングと言っても安全面にも十分注意されており

  • 国の検査をクリアし整備点検された機体
  • 国が証明したプロ操縦資格を持ったパイロット

が登録されているので安心して利用できます。

軍艦島フライト

このエアシェアが目玉サービスとして提案しているのが、長崎沖の軍艦島(端島)の遊覧フライト。

熊本空港から軍艦島への遊覧飛行ができて、ルート次第では周りの気になるポイントも経由してフライト可能です。

熊本空港から空の旅

熊本空港から軍艦島までは片道約20分。

僕も知らなかったのですが、熊本空港は小型航空機のメッカとも呼ばれる場所だそうで、この熊本空港から長崎の軍艦島までの遊覧フライトを楽しめます。

今回は廃墟つながりで、軍艦島を経由した後、長崎県佐世保市の廃墟針尾送信所、円形の人工島、三池島と初島のフライトを行なってきました。

(本来は長崎県の池島にも行く予定でしたが、軍艦島の滞在時間を増やした為、急遽予定を変更し今回は諦めました)

世界遺産 端島(通称 軍艦島)

軍艦島フライト
端島(通称 軍艦島)

佐世保市の廃墟 針尾送信所

https://youtube.com/shorts/Q5RoVCSLJsE?feature=share

三池炭鉱の人工島 三池島、初島

金額感

気になる値段ですが、航空機をチャーターすることを考えれば意外と安く、

(パイロット含め4人乗りなので)3人で乗れば1人3万円台〜利用できます。

機体、パイロット、飛行時間によって変動するので気になる方はエアシェアに確認してみてください。

実際に撮影した映像、写真

動画はこちらで公開しています!

フライト直前の準備から、軍艦島上空、離陸までの興奮の様子をVLOGにしています。

僕は動画担当だったので2人の写真を紹介します

軍艦島フライト

Saho君撮影

toshibo撮影

撮影のコツはこちらで紹介

あわせて読みたい
人生初のセスナから空撮!撮影のポイントとアドバイス、失敗談を紹介します!
人生初のセスナから空撮!撮影のポイントとアドバイス、失敗談を紹介します!先日、セスナに乗って長崎の廃墟、軍艦島を撮影してきました!語彙力を失うほどのめちゃくちゃヤバい体験・・・!https://www.droneskyfish.com/airshare/一緒に行った...

セスナに乗った感想

初めてセスナに乗った感想としては、通常の飛行機と比べるとダイレクトに振動が伝わり、視野も広いので、離着陸の時はやはり緊張しました。

また前の席は操縦桿やペダルがあって普通に手が届いてしまうので変な緊張感があります。

軍艦島フライト

実際にフライトしてみると、思った以上に風の影響で揺れがあります。(それでもこの日は安定していたそう)

また旋回する際にかなり傾くので、絶叫系のアトラクションに乗っているような迫力ある飛行体験できます。

AIR SHARE

揺れや高いところ、ジェットコースターなどが苦手な方は・・・覚悟して乗ってくださいw

AIR SHARE

用意すると良いもの

軍艦島フライト

セスナに乗った経験から、2つのものをお勧めします。

まず、フライト前に酔い止めは飲んでおいた方が良さそうです。

念のため酔い止めを飲んでいたからなのか、幸いなことに3人とも酔ってしまうことはなかったですが、保険的に服用しておいた方が安心です。

さらに今回はトータル2時間のフライトだったので、事前におむつの用意をおすすめされていましたw

確かに自分はトイレが近いのでAmazonで購入して、フライト時にはおむつを履いてフライト。

結果使わなかったのですが、余計な心配をすることなく撮影に集中できたので御守り的に用意するのは間違いないです。

後日談として、

東京に帰る空港の保安検査で、カメラとドローンのバッテリーが入った荷物が引っかかり、荷物チェックすることになったのですが

AIR SHARE
AIR SHARE


保安検査官の方が目の前でバッグを開けたところ

AIR SHARE

予備のおむつが出てきて恥ずかしい思いをしました・・・

AIR SHARE

おむつはバッグの奥底にしまいましょう・・・

エアシェアを利用したまとめ

AIR SHARE

今回、空から肉眼で軍艦島を眺められるということで、とても貴重で唯一無二な体験ができました。

軍艦島には、一部の区画だけ上陸できるツアーもありますが、(自分達のような一般人が気軽に)真上からこんなに近くで迫力ある軍艦島を見ることができるのはエアシェアのサービスだけかと思います。

軍艦島フライト

体験内容を考えれば思っているより金額感も手頃なので、ぜひ興味がある人は試してみてはいかがでしょうか?

動画も公開しているので、ぜひチェックしてみてください!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ドローンブロガー /ドローン飛ばしたり、ブログ書いたり、写真撮ったりしています。 ドローンはDJI、カメラはCANON、SONY、FUJIFILMを使っているSIGMAのArtレンズ好き。

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる