スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮する一般人のBLOG-

東京在住の普通の会社員がDJIのドローンを勢いで買ってしまったブログです。

スカイフィッシュのドローンブログ

【Lowepro】冬場に必須!カメラ、ドローンの操作に便利なフォトグローブ

f:id:drone_skyfish:20180102193217j:plain

先日、カメラ用のフォトグローブを購入したのですが、ドローンの操縦にもぴったりでした。

 

 

カメラ、ドローンの操作に便利なフォトグローブ

寒い時期のドローン操作は、手がかじかんでしまうので送信機の使用に注意が必要です。

ドローンの操縦に、カメラ用フォトグローブとの相性がとってもいいのでご紹介。

購入したのはこちらのグローブ

 

Lowepro プロタクティックフォトグローブ

 

カメラバッグで有名なメーカーLowepro(ロープロ) のカメラグローブ

洗練されたデザインと、実用的な機能が付いた人気のグローブです。

 

フォトグローブの特徴

このグローブの主な特徴

 

開閉式の指先

まず特徴的なのは人差し指と親指の部分が開閉式となっているところ

f:id:drone_skyfish:20180102165038j:plain

これによって細かな操作や、慎重な局面でも、グローブを脱がないでも操作ができます。

さらに指を出した先端の生地はマグネット式で固定でき、プラプラしないところも嬉しい。

f:id:drone_skyfish:20180102165031j:plain

滑り止めのシリコンライン

手のひらには滑り止めのシリコン仕様

大切なカメラ、ドローン、送信機を落としてしまうリスクを軽減します。

f:id:drone_skyfish:20180102165851j:plain

 

内側の暖かい生地 

内側にはフリースの様な生地を使っているので暖かく、寒い場所での使用にも対応しています。

f:id:drone_skyfish:20180102170511j:plain

 

ドローンの操縦に便利

実際にこのグローブを使ってドローンを飛ばしてきました。

寒い時期には手がかじかんでしまい、ドローンの操縦がおろそかになってしまう可能性があるので、冬場には必須だと感じます。

 

Phantomの操縦

シャッターボタン等は人差し指で操作するので、指先がオープンになるのはほんと便利!

f:id:drone_skyfish:20180102171414j:plain

f:id:drone_skyfish:20180102171419j:plain

f:id:drone_skyfish:20180102171424j:plain

Phantomの送信機画面のタッチには反応しないので、設定の際などに先端部の開閉は便利でした。

f:id:drone_skyfish:20180102171405j:plain

 

Sparkの操縦 

小さめの送信機なので、手のひらのシリコンでしっかりホールドできます。

f:id:drone_skyfish:20180102171800j:plain

f:id:drone_skyfish:20180102171753j:plain

なぜかiPhoneの画面タッチは反応あり。嬉しい誤算。

f:id:drone_skyfish:20180102171805j:plain

 

冬場のカメラ操作に必須

当然ですが、冬場のカメラ操作にもぴったりでした。

f:id:drone_skyfish:20180102172609j:plain

f:id:drone_skyfish:20180102172618j:plain

人差し指はシャッターボタン、必要な人は親指AF用にも指を出せるので便利。

f:id:drone_skyfish:20180102172625j:plain

 

他にも

自分は一般的な成人男性にあたる体型ですが、Mサイズのグローブでぴったりでした。

f:id:drone_skyfish:20180102172900j:plain

留め具付きでグローブ同士をくっつけておけるので、バッグの中にしまっても見つけやすい。

f:id:drone_skyfish:20180102172912j:plain

 

最後に 

ドローン操作には機材チェックだけでなく、自分のコンディションも大事です。

繊細な指の動きが必須のドローン操作には、冬場や寒い地域では手の感覚が無くなってしまいとても危険です。

フォトグローブは、カメラを操作することを考え作られているので、ドローン操作にも応用できます。

ぜひ寒さ対策としてフォトグローブの使用をおすすめします。