スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮する一般人のBLOG-

東京在住の普通の会社員がDJIのドローンを勢いで買ってしまったブログです。

スカイフィッシュのドローンブログ

【動画サイズ】ドローンで撮影するのなら4K?HD?

f:id:drone_skyfish:20170912210410j:plain

すっかり馴染んだ言葉になった、

 4K動画、4Kテレビ

 

身近なところだと

iPhone7等の最近のスマホは4K動画が撮影できます。

 

4Kって?という初歩的なところから、

 

ドローンで撮るならどうしたらいいの?という話。

 

 

ドローンで撮影するのなら4K?HD?

ドローンで撮影可能な動画サイズについて

 

4Kとは

初歩的な話からですが、

4Kとはざっくり言うと画面サイズのこと。

 

シャープ 50V型 液晶 テレビ AQUOS LC-50U40 4K対応 HDR対応 高精細4K低反射液晶パネル

シャープ 50V型 液晶 テレビ AQUOS LC-50U40 4K対応 HDR対応 高精細4K低反射液晶パネル

 

 

3840×2160ピクセル(それ以上もあるけど)の大きな画面のテレビや、

そのサイズに合わせた画像サイズのことです。

 

1000は1K(キロ)の単位で表示されるので、

3840(約4000) = 4Kということです。

 

4Kはサイズがそれまで綺麗といわれてきた

フルHD(1920×1080)の4倍の面積です。

 

ちなみにフルHDはブルーレイのサイズなので、

語弊があるかもしれませんが

4Kは、ブルーレイの4倍の繊細さを表示できることになります!

いかにすごいか、何となく分かと思います。

  

 

 

ドローンで設定する4KとHD

f:id:drone_skyfish:20170912210604j:plain

 

一般的なビデオカメラやデジカメと同じで、

撮影可能な動画のサイズは細かく設定できます。

 

DJI製のドローンであれば、

Phantom4シリーズや、Mavicなら4Kで撮影可能です。

 

何がいいのか

分からな状態だと、とりあえず一番良い状態で撮ればいっか!

と、なりがちですが、一度よく考えた方がいいかもしれません。

 

下記はPhantom4 Proの動画のサイズに関する設定の一部です。

動画モード(H.264

C4K:4096×2160 24/25/30/48/50/60p @100Mbps
4K:3840×2160 24/25/30/48/50/60p @100Mbps
2.7K:2720×1530 24/25/30p @80Mbps
2.7K:2720×1530 48/50/60p @100Mbps
FHD:1920×1080 24/25/30p @60Mbps
FHD:1920×1080 48/50/60 @80Mbps
FHD:1920×1080 120p @100Mbps
HD:1280×720 24/25/30p @30Mbps
HD:1280×720 48/50/60p @45Mbps
HD:1280×720 120p @80Mbps

 

DJI Phantom 4 Pro - スペック、FAQ、チュートリアル、ダウンロード

 

 

できるだけ分かりやすい様に色分けしてみました。

左の4K とかFHD(フルHD)、HDが動画の画面サイズの名称です。

 

赤い文字が実際の画面サイズのピクセル数です。

ピクセル数が大きければ、大きな画面で鑑賞することができます。

4Kの映像は本当に綺麗です。

ただ、鑑賞する画面が小さかったり、対応していないと

せっかくの4Kも恩恵を得ることができません。

つまり現時点で、一般的には鑑賞できる場所が限られます

  

青い数字がフレームレート。

前にも言いましたが、動画をパラパラ漫画に例えると

1秒間に何枚絵があるかということになります。

 

例えば(そのままですが)、24であれば1秒間に24枚、

60であれば1秒間に60枚という具合です。

/で区切られている中からフレームレートを選べます。

 

何が変わるかというと、動画の滑らかさが違います

フレームレートが大きければより滑らかな映像になります。

但しその分、動画のサイズが大きくなります

 

緑の数字のMbpsというのはビットレートといって

1秒間のデータ量を表します。

このデータ量が多ければ綺麗な動画になります。

これも大きければその分だけ重い動画になります。

(この表では最大ビットレートが記載していると思われます。)

 

赤い数字 画面の大きさ

青い文字 映像の滑らかさ

緑の文字 映像の綺麗さ

の部分に関係してきます。

 

ですので、4Kだからいい!といわけではありません。

大きく綺麗な映像になるほど、

データも大きく、扱いも大変になります。

 

新いちばんやさしいiMovie入門 Mac/iPhone/iPad対応

新いちばんやさしいiMovie入門 Mac/iPhone/iPad対応

 
今すぐ使えるかんたん Premiere Elements 15

今すぐ使えるかんたん Premiere Elements 15

 

   

ストレージ

f:id:drone_skyfish:20170912211024j:plain

動画を撮影して必ず必要になってくる保管する場所。 

上でも書きましたが、動画は綺麗な映像になるだけ、

その分、情報量が多くなり、大きなデータとなります。

 

ドローン本体のマイクロSDカードに保管されますが、

すぐにいっぱいになることと思います。

 

僕の以前撮った4Kの動画

f:id:drone_skyfish:20170912200607p:plain

f:id:drone_skyfish:20170912200548p:plain

 

1分半の動画で、なんと1GB以上にもなります!

 

バックアップとして保管しておくために

大きめのHDDは必要です!

 

4Kで撮る場合には1TB以上あるといいと思います。 

 

 

 

 撮影後の動画

f:id:drone_skyfish:20170912211648j:plain

自分のドローンで撮影した映像を初めてみると

 

4K動画は、めちゃくちゃ綺麗で、 

その光景と、自分で撮影したという満足感で本当に感動します。

 

ただ、その後のことを考えておかないと結構困ります。

 

4Kはサイズが大きいので

容量を食い

扱いにくく

編集も大変です。

 

そこそこのスペックのパソコンだと編集がめちゃくちゃ大変です。

パソコンのスペックによっては、まともに再生すらできないかもしれません。

 

もし手軽に編集して公開したり

まわりに見せたりするのなら

FHDやHDで十分かもしれません。

HDでも十分綺麗な映像です。

 

現時点でも4K対応のサービスは出てきていますし、

今後さらに高画素の製品が普及してくるので

今後の時の為、又できるだけ高画質で記録したい方は

4Kで高品質なまま保管するのがおすすめです。

 

まとめ 

ドローンで撮影時、4K、HDの設定は簡単です。

しかし撮影後に4KをHDに変換したりするには手間がかかります。

 

撮影後にどう扱うか、をしっかり決めて、

自分の撮りたい映像環境に合わせて設定するのが良いですよ!