世の中には2種類の男がいる。肩パンする男と肩パンされる男の話。

f:id:drone_skyfish:20170903195338j:plain

パリピという言葉をご存知だろうか?

パーティーピープルの略である。

 

夜な夜なクラブなどで遊び、酒を浴びるそんな人種のことだ。

 

僕はパリピが苦手だ。

 

僕は引きこもりでもないし、

そこそこ人付き合いもする、

酒も人並みに飲むし、

昔はクラブにも何度も行ったのだが、

今は全く行きたいと思わないのは、

つまり自分がパリピではないということだ。

 

そんな話。

 

(ドローンブログですがネタが尽きそうなのでドローン関係ありません)

 

 

世の中には2種類の男がいる。

肩パンする男と肩パンされる男の話”>肩パンする男と肩パンされる男の話

f:id:drone_skyfish:20170903195601j:plain

タイトルの

肩パンとは肩パンチののことだ。

小中学校では、休み時間なんかには

比較的よくみられる光景だ。

一人が二の腕に力を込め、別の人間がそこにパンチをする。

 

エスカレートするといじめ等の問題になるであろうこの行事。

僕の場合、いじめとかではないが、肩パンをされたことは記憶にある。

  

肩パンされる男というのは、

逆に言えば肩パンしない男とも言えると思う。

全てではないだろうが、僕の場合はそうだ。

いくら暇でも肩パンをしようとも思わない。

人生で一度もしたいなんて思ったことが無い。断言できる。 

 

中には肩パンを交互に(力比べのつもりだろうか?)行う行為もみられ、

子どもながら自分には到底理解できなかった。

 

普通に痛いだけだし何がしたいのか。

肩パンには良い印象はない。

 

さらに肩パンだけではない、

ボクサーでもないのに相手にシャドーボクシングを仕掛けるやつもいる。

まじで理解できない。

  

男だったら、昔こんな経験したに違いない。

きっとどちら側かの男のはずだ。

 

 

平凡”>平凡 

皆さん察していると思うが

僕は、パワー系ではない

といっても知能派でもない

いじめられるでも

いじめる側でもない

平々凡々な自分には

これといった特徴もなく

目を引くような特技もない。

 

昔から体型はほとんど変わらず、

肥満でもなければガリガリでもない

中肉中背のよくいる、普通体型の男だ。

  

心理”>心理

もしかするとこんなことをわざわざ書いてしまう時点で

 

なんとなく心の奥底に

友人であったとしても、相手に対して

肩パンができるその無神経さと

肉体的な強さに憧れがあるのかもしれない。

 

これだけは言える事”>これだけは言える事 

結果言えることは

 

多分、EXILEは肩パンする側だ。

 

三代目はEXILEがいたら、肩パンされる側だろう。

 

でも会社を出たらきっと肩パンする側だ。

 

 

きっとパリピも肩パンする派だろう。

 

つまり僕は一生パリピにはなれない。

 

 

 

今からハロウィンが怖くてしょうがない。

 

 

 

 

パリピMAX アガる洋楽 MIX Mixed by DJ AYUMU

パリピMAX アガる洋楽 MIX Mixed by DJ AYUMU

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ドローンブロガー /ドローン飛ばしたり、ブログ書いたり、写真撮ったりしています。 ドローンはDJI、カメラはCANON、SONY、FUJIFILMを使っているSIGMAのArtレンズ好き。

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる