【ドローンのおすすめアイテム】ドローンと一緒に買うべき5つのもの 続き

f:id:drone_skyfish:20170827185141j:plain

 

前回ドローンと一緒に買うべき5つのもの

という記事を書きました

あわせて読みたい
【ドローンのおすすめグッズ】ドローンと一緒に買うべき5つのもの
【ドローンのおすすめグッズ】ドローンと一緒に買うべき5つのものドローンってフライトに必要な物はセットになっているので、買ってしまえばとりあえず飛ばすことはできます。 ただ、そのままだと「あれ買っとけばよかった」とか「これ...

droneskyfish.com

 

そのあと、やっぱこれもいるよなーっというものが出てきたので

前回の続きです。

(今回も自分のPhantom4 Proのことを元に書いています。)

 

 

 

目次

ドローンと一緒に買うべき5つのもの

前回の記事では

素人目線の基本的なものを中心に紹介しました。

今回のものも基本的なものなのでぜひ押さえておいて下さい!

 

マイクロSDカード”>マイクロSDカード

f:id:drone_skyfish:20170827185214j:plain

ドローンの撮影した映像の元データは、ドローンに差し込まれたマイクロSDカードに保存されます。

 

(たしか)最初からマイクロSDカードは付いていたんですが容量が16GBのものだったのです。

 

ドローンに限らずでしょうが、4K動画、写真をRAWで撮影すると、

ものすごくデータを使います。4K60fpsなんてやばいです!

(fpsというのはフレームレートといって、パラパラ漫画に例えると1秒間に何枚の絵が入っているかということ。多いほどスムーズに動きますがデータが大きくなります)

 

さらにドローンは仕様上、一つのバッテリーで20〜30分しか飛ばせない為、

一度飛ばすとせっかくなので、動画撮りっぱなしとか、

写真をとりあえずたくさん撮る

というケースは多いかと思います。

 

ですので、16GBの容量なんてあっという間です!

絶対に16GBだと少ないのであらかじめ用意しておくのがベスト!

 

用意するなら容量が大きいに越したことはありませんが、

自分の場合はもしものリスクを考え64GBを2枚用意しています。

 

買えるのであればより大きい容量が良いかと。 

 

 

ブロワー”> ブロワー

f:id:drone_skyfish:20170827192332j:plain

カメラを持っている方にはお馴染みのブロワー。

シュッシュして風でホコリを飛ばします。

 

ドローンって空を飛ぶので汚れなさそうですが、

空中にはホコリとか虫とか結構漂っています。

離着陸の際には砂も飛んできます。

 

ドローンは精密機器なので、カメラだけでなく、

ジンバル周りとか、機体の各パーツも念の為ブロワーを使って

ゴミを残さない様にしています。

僕はカメラ用のを持っているので一緒に持って行きます。

 

 

予備バッテリー”>予備バッテリー

f:id:drone_skyfish:20170827193247j:plain

一番最初バッテリー1つ付いているのですが、あきらからに足りないと思ったので、

最初から予備で1つ買っていました。

 

しばらくバッテリー2個体制で撮影していたのですが、

全然足りない!

というのも、最初のうちは操作にも慣れておらず、

一回のフライトでもかなり手こずっていたので

練習している間に、あっという間にバッテリーがなくなってしまうのでした。

もっと練習したいのに飛ばせない!というジレンマに悩まされます。

 

その後もう1つ買い足し、現在ではバッテリー3個体制で撮影しています。

欲を言えばもう1つ欲しいのですが、とりあえずしばらくは今のままの予定です。

 

予備バッテリーは操作に慣れない最初こそ必要ですよ!

 

 

 

アンテナブースター”>アンテナブースター

f:id:drone_skyfish:20170827194529j:plain

送信機のアンテナに装着する、電波の増幅器(?)の様な物。

たまたまこれを見つけ時、正直眉唾でしたが、安いので試しに買ってみました。

結果、確かに安定しています!!

指向性が高くなるので、飛行中は取り付けたブースターの面をドローンの方に常に向けておくのですが、

付けていない時に比べより電波が安定している感じです。

 

無理な飛行はしないのでこれは気休め程度ですが、毎回持って行きます。

f:id:drone_skyfish:20170827195327j:plain

 (一応ですがお使いの際は自己責任で)

 

 

Adobe-Creative-Cloud”>Adobe Creative Cloud

f:id:drone_skyfish:20170827224931j:plain

ご存知の方が多数でしょうが、画像編集、動画編集のソフトのシリーズのことです。

 

以前は売り切り型で販売していたソフトですが、

今では契約期間中のレンタルの様なプランのソフトになっています。

そのお陰で、今まで何十万と高価だったプロが使うソフトを

短ければ月単位で手軽に導入できる様になったのです。

 

f:id:drone_skyfish:20170827202658p:plain

画像編集に特化したLigtroom、Photoshop

動画編集に特化したPremiere、After Effects

イラストに特化したIllustrator

など、どのソフトを使いたいかでプランが変わってきます。

 

とりあえず

ドローンで撮った写真を編集するならLigtroomがおすすめ!

ドローンで撮った動画を編集するならPremiereがおすすめ!

 

最初の敷居は高いかと思いますが

やれば絶対使える様になります!

そしてただ撮っただけの写真、映像は編集することによって

何倍にも良くなります!

 

ソフト単品の契約もありますが、

写真編集をするならLigtroom、Photoshopが使えるフォトプランがおすすめです。

どんなことがしたいかで選んで下さい!

 

詳しくはAdobeのサイトで

 

ちなみに僕は全ての製品が使えるコンプリートプランを1年契約で使っています。

 

まとめ

こんな感じで結局買うべきものまだまだ出てきそうな予感・・・

 

最後の編集ソフトなんて、空撮した後の話なんですけど

ドローンって飛ばすのも楽しいけど、

飛ばした後の写真とかみるのも楽しいんですよね。

当たり前ですが。

 

その写真とか動画をより楽しくする為には編集は必須です!

そのうち撮った後の編集方法とかも書いていこうと思います。

 

写真が変わる劇的RAW現像 (学研カメラムック)

写真が変わる劇的RAW現像 (学研カメラムック)

 

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ドローンブロガー /ドローン飛ばしたり、ブログ書いたり、写真撮ったりしています。 ドローンはDJI、カメラはCANON、SONY、FUJIFILMを使っているSIGMAのArtレンズ好き。

コメント

コメントする

目次
閉じる