【ほぼ異世界】まぼろし博覧会に行ってドローン撮影してきた!

まぼろし博覧会
まぼろし博覧会

こんにちはブロガーのスカイフィッシュ(@drone_skyfish)です。

先日、静岡県の伊豆にある有名なテーマパーク「まぼろし博覧会」に行ってきました。

まぼろし博覧会

他では見ることのできない、リアル?シュールレアリズムというか、サブカルのごった煮とでも言えばいいのか・・・とにかく無茶苦茶、でもなんだかずっと居たくなる、また来たくなる不思議な空間です。

そんな不思議な魅力を秘めた人気のスポットなのですが、今回許可を頂き、敷地内をドローンで撮影させて頂きました。

撮影は一緒に行ったtoshibo(@JIYUKENKYU_jp)に協力してもらっています。

Toshibo
Toshibo

小型のFPVドローンをメインで使用して撮影したのですが、まるで異世界に迷い込んでしまった様な撮影ができました。

目次

まぼろし博覧会とは

まぼろし博覧会は静岡県伊東市に所在する私設のテーマパーク

まぼろし博覧会

閉鎖された観光施設、博物館、美術館などから引き取った、捨てらるはずだったあらゆるモノが、東京ドームほどの広さの敷地の中に展示されています。

まぼろし博覧会

お子様からお年寄りまで、みんなが無邪気な笑顔になれる「能天気」で「キモ可愛い」夢のパラダイスで、日々進化増殖しています。

 まぼろし博覧会

カルト的な人気を誇るB級?スポットなのですが、ここ最近ではNHKの72時間で放送されたり、さまざまなメディアで取り上げられており、小さな子供からおじいちゃんおばあちゃんまで幅広い人が訪れているとのこと。

公式ホームページ:https://maboroshi.pandora.nu/index.html

住所:〒413-0231 静岡県伊東市富戸1310−1

入場料:大人1200円:小中学生600円

営業時間:9:30〜17:00 (無休)

館長セーラちゃん

まぼろし博覧会の目玉といえば、館長のセーラちゃん

セーラちゃん

一見、怪しいぶっ飛んだ見た目の人物ですが、話すととても気さくで優しい方。

この見た目は、お客さんにとにかく楽しくなってもらいたいとの思いで始めたそうです。

どうやったら楽しくなってもらえるかなというときに、スーツ着てても誰も楽しくならないし、それより気持ち悪いほど可愛いのがいたら楽しくなるじゃないですか。

セーラちゃん NHK ドキュメント72時間より

実際セーラちゃん目当てでまぼろし博覧会に訪れる人も多いそう。

旗を振り、全速力で最後のお見送りをする姿は名物となっていますw

BRUTUSの特集で、セーラちゃんの想いや考えが読めるので、ぜひチェックしてみて。面白いです。

BRUTUS https://brutus.jp/maboroshi_izu/

まぼろし博覧会
まぼろし博覧会

撮影した動画

先日撮影させてもらった動画がこちら

FPVドローンでまぼろし博覧会を飛行させてもらったのですが、その不思議な光景から、異世界の中に迷い込んだ気分になれます。

こちらの動画では大仏殿をメインに撮影しています。

こちらの動画はまぼろし博覧会の全体をフライトし撮影した動画。

見所をぐるっとドローンで駆け巡っています。

見どころスポット

一言では言い表せない見どころが沢山あるまぼろし博覧会。

実際に行ってきて個人的に気になったポイントを写真メインで紹介します。

参道

駐車場からチケットの窓口まで続く参道。

既にここからまぼろし博覧会の洗礼は始まっています。

まぼろし博覧会

大仏殿

チケットを購入し、まずは一番のメインスポット(と思われる)大仏殿に。

元々植物園だった場所を改装したそうで、広いスペースに巨大な像や置物が所狭しと並んでいます。

聖徳太子像

沢山の短冊と草をかき分けて進むと、目の前に現れる巨大な聖徳太子像

まぼろし博覧会 聖徳太子像
すごい。とにかくすごい。
まぼろし博覧会 聖徳太子像
50mあるそうで、下から見上げるとかなり大きい
まぼろし博覧会 聖徳太子像
ドローンで上から見ると聖徳太子が植物化しているように見える

仁王像

ロックバンドR指定のライブステージ美術だった仁王像

まぼろし博覧会 仁王像
まぼろし博覧会 仁王像
天気が良いと光が差し込み、神聖な雰囲気すらある。

牛頭馬頭御輿

東京藝術大学の学生が製作した牛頭馬頭御輿

まぼろし博覧会 牛頭馬頭御神輿
まぼろし博覧会 牛頭馬頭御神輿
牛頭馬頭かっこいい

その他の写真

まぼろし博覧会大仏殿
おじさんのマネキンと古代文明の顔面
まぼろし博覧会
まぼろし博覧会大仏殿
岩下の新生姜
まぼろし博覧会大仏殿
雛人形こわい・・・
まぼろし博覧会 聖徳太子像
FPVドローンで接近したところ

まぼろし神社

正直どこからどこまでがまぼろし神社なのか分からないけど、それを考えるのはまぼろし博覧会では野暮なことだと思うので、まぼろし神社っぽい写真をアップ

まぼろし博覧会 まぼろし神社

メモリアル伊勢国際秘宝館

三重県の伊勢にあった秘宝館(閉館)から引き取った数々の珍品、チン品が多数

正直モザイクなしでは載せられないものもあるので、敢えて載せません。ぜひ自分の目で見て下さい。

まぼろし博覧会 国際秘宝館
秘宝館のマスコットキャラクターのおじさん

安井大サーカス

まず名前が好きw

本物の剥製が無造作に積まれたカオスなスペースです。

まぼろし博覧会 安井大サーカス 
ライオンの剥製

藪病院

ヤブ病院。まぼろし博覧会ではこういう駄洒落な名称がめちゃくちゃ多いw

まぼろし博覧会 薮病院 
モグリでアル中・・・w
まぼろし博覧会 薮病院
薮病院の受付

梅淋楼

春画を思わせる営みをマネキンで表現したスペース。暗いし怖いです・・・

まぼろし博覧会 梅淋楼

昭和の時代を通り抜け

昭和の三十年代当時を懐かしんでもらう体験スペース。戦前・戦後から1980年代頃まで、時代を象徴するモノが展示されています。

まぼろし博覧会

ほろよい横丁

少年少女時代と言えば思い出す、懐かしいおもちゃの数々。懐かしい、楽しかった思い出が走馬灯のようによみがえります。

まぼろし博覧会ほろ酔い横丁

ハロウィン天国

みんな大好きなハロウィン、だったらと一年中ハロウィンしてみたスペース

まぼろし博覧会ほろ酔い横丁

アートでパラダイス

アートとは何か・・・考えても絶対に答えは出ないであろうアートでパラダイスな空間

まぼろし博覧会ほろ酔い横丁

未確認生物博覧会「村崎百郎館」

鬼畜ライター、故・村崎百郎の遺品を公開するスペース。アーティストの作品の展示も。

まぼろし博覧会ほろ酔い横丁

まぼろし島

インターナショナルジャポニズムまぼろし島

まぼろし博覧会まぼろし島

まぼろし島舞台

ジャポニズムな舞台。舞台を彩るのは秘宝館のマネキンらしい。

まぼろし博覧会まぼろし島
まぼろし博覧会まぼろし島

おっさん神宮

伊豆を一望できる場所に祀られたおっさんを御神体とした「おっさん神宮」

参拝するとなにかご利益があるかも知れない・・・

まぼろし博覧会おっさん神社

メルヘンランド

ぬいぐるみやおもちゃなど、可愛いキュートなモノを集めたお部屋。

これまでのスペースと比べるとポップで明るい印象。でも夜はきっと怖い・・・

まぼろし博覧会メルヘンランド
まぼろし博覧会メルヘンランド

物販コーナー

入場して大仏殿までの通路に設置されたスペース。一般的なミュージアムショップ?と言ったらいいのか。

販売されているのはまぼろし博覧会のグッズから、セーラちゃんの会社が出版した本(セーラちゃんは出版社経営)、学生運動のヘルメットの様な謎のモノも。

まぼろし博覧会 
まぼろし博覧会

この先、大仏殿に続きます。

セーラちゃん

まぼろし博覧会まとめ

まぼろし博覧会大仏殿

以上、たくさんの写真を紹介してみましたが、まぼろし博覧会行ってみたくなりましたか?

個人的におすすめの楽しみ方としては、あまり難しいことは考えず、気の向くままこの異世界を散歩してみる、くらいがちょうど良いんじゃないかなと思います。

やりがいありますよね、楽しそうな笑顔で帰られると。
現実世界がどんどん生きづらいようになってきてるし、これからもそうなると思うんで。それでやっぱり生きられない人っていっぱい出てきてるんで。
かっこいいユートピアじゃなくて、泥臭いユートピア大事じゃないですかね。

セーラちゃん NHK ドキュメント72時間より

きっとセーラちゃんが温かく迎えてくれるはずです。

まぼろし博覧会
帰りのお見送りをしてくれるセーラちゃん

行った方は復習として、行っていない方は予習として動画チェックしてみて下さい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ドローンブロガー /ドローン飛ばしたり、ブログ書いたり、写真撮ったりしています。 ドローンはDJI、カメラはCANON、SONY、FUJIFILMを使っているSIGMAのArtレンズ好き。

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる