スカイフィッシュのドローンブログ | カメラ・ガジェット・ドローンの撮影レビューメディア

東京在住のドローンブロガー"スカイフィッシュ"による、カメラ・ガジェット・ドローンの撮影&レビューブログです

スカイフィッシュのドローンブログ

【脱ピークデザイン !?】KUVRDのカメラストラップ が超絶かっこいい!【使用レビュー】


KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

先日クラウドファンディングのキックスターターで支援していた

KUVRD(カバード)のカメラストラップ が到着しました!

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ 

支援の段階から、カッコいいデザインと機能的な作りでかなり期待していた製品

 

KUVRDユニバーサルストラップのレビューです。

KUVRDユニバーサルストラップ

 

 

【脱ピークデザイン !?】KUVRDのカメラストラップ が超絶かっこいい!【使用レビュー】 

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

カメラストラップとハンドストラップ(リストストラップ)が届いています。

 

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

優れたデザインと機能をあわせ持ったカメラストラップの紹介

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

 

ピークデザインの弱点

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

ここ数年のカメラストラップ事情といえば、プロアマ問わずピークデザインが圧倒的に幅をきかせています。

今では必ずと言ってもいいほど街中でピークデザインユーザーを見かけます。

もちろん自分もその中の1人。

ストラップの取り回しが劇的に良くなるアンカーシステムは、今では無くてはならない存在になっています。

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

 

しかしピークデザインも欠点がないとは言えません。

 

アンカーが邪魔

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

ピークデザインのアイコンとなっているアンカーは使いやすい様にアップデートを繰り返しています。

ですが、アンカーを使うということを絶対条件にしている以上、カメラからアンカーを取り外すことは出来ません。

ストラップを外した状態では、ぴょこっと飛び出たアンカーは見た目があまりよろしくないし、悪目立ちするカラーリングが残念。(真っ黒が欲しい)

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ 

 

動画で音が入る

動画を撮影する場合、カメラに残されたアンカーがカメラとぶつかり音を出してしまうことがあります。

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ 

ストラップを利用して手持ちで撮る際や、三脚に固定する際には問題ありませんが、ジンバルで移動しながらだと、プラプラしたプラスチックのアンカーがカメラ本体にぶつかり、カチッカチッという音が発生。

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ 

この時アンカーは本当に邪魔(みんなどうしているのだろう?)

 

アンカーが捻れる

可動する方向が自由自在なアンカー

その分、捻れてしまうことが多いのでストラップの取り外しを行うケースが多々あります。

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

 

クラシカルなデザインに合わない

1つのストラップを複数のカメラに共有可能な所もピークデザインの魅力

でも正直、自分の持っているFUJIFILM X100Vにはあまり合いません。

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

主観ではフィルムカメラや、FUJIFILM、Leicaなどのメーカーなど、クラシカルなデザインの本体にはピークデザインのアンカーは似合いません。

 

KUVRDが優れている点

ということで、そんなピークデザインの弱点を克服したかの様なストラップが登場しました!

 

今回のストラップの一番の特徴は、どんなカメラでもアンカーなしで、素早く取り外しが出来る点

 

主な特徴を紹介します

 

簡単にストラップの着脱が可能

KUVRDユニバーサルストラップ 

オリジナルデザインのフックを搭載したKUVRDのカメラストラップ。

アンカーを利用する事なく、簡単な着脱が可能になることで、カメラ本体もすっきりした状態で使えます。

 

どんなカメラにも取り付け可能

KUVRDユニバーサルストラップ

カメラによって様々な形状の金具がありますが、そのほとんどで使うことが出来る様に設計されています。

KUVRDユニバーサルストラップ

 

長さの調整も簡単

KUVRDユニバーサルストラップ

バックルの利用で、長さの調節も簡単。

ピークデザインのスライドのバックルよりもしっかりした作り。

 

使い方は自由

KUVRDユニバーサルストラップ

首掛け、肩掛け、ユーザーの好きな様に使えるストラップ。

 

360°回転するヘッド

KUVRDユニバーサルストラップ

フック部分が360°回転するので変に捻れる事なく使えます。

 

デザインがカッコいい

KUVRDユニバーサルストラップ

とにかくシンプルでカッコいい。

無駄な装飾も無く、ロゴなども黒で統一されているので、カメラや服装も選ばないのがめちゃくちゃ良い。

 

公式からのスペックはこちら

最小長さ:約71cm(フックの長さを含む)

最大長さ:約121cm (フックの長さを含む)

幅:約3cm

厚み:1mm~2.5mm

重量:283g

対荷重:95kg以上

素材:ステンレススチール、アルミ合金、ガラス繊維ナイロン、バリスティックナイロン

 

 

KUVRDの実際の製品

実際に届いた製品を見てみます。

届いたのはストラップとハンドストラップ。

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

 

まず思ったのが、ピークデザインのパッケージを思わせる作り。

KUVRDカメラストラップ
KUVRDカメラストラップ
KUVRDカメラストラップ
KUVRDハンドストラップ
KUVRDハンドストラップ
KUVRDハンドストラップ

念のため、これがピークデザインの箱

Peak Design スライド
Peak Design スライド
Peak Design スライド

製品の仕様の時点で分かっていますが、かなりピークデザインを意識しています。

 

ユニバーサルカメラストラップ

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ 

ピークデザインのスライド ライト に近いサイズ感のストラップ 

 

ストラップにはポーチが付属

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

 

特徴的なフック部分のパーツ。レバーを引くと開閉する仕組み。

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

 

長さを調整するバックル。比較的重量感がありしっかりした作りで、シンプルなデザインの中にも存在感がある。

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   


ストラップ部分に関してはスライドと本当によく似た質感。

(悪い言い方すると)シートベルトっぽい。

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

 

裏側とフックの接続部分は合皮の様な素材になっており、長期間の使用で変化してきそう。

経年劣化を考えると正直不安な部分。

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

 

SONY α7RIIIとSIGMAのレンズの組み合わせ。非常によく似合っていると思う。

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

 

ユニバーサルハンドストラップ

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

ピークデザインのリストストラップ カフに似たストラップ 

 

カメラストラップと同じフック素材

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

 

四角のパーツを動かすことで、手首を入れる輪っかの大きさを調整できます。

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

 

FUJIFILM X100Vにもしっくりくる。

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

 

ピークデザインとの比較

ピークデザインと比較してみました。

 

左がピークデザインのスライドライト、右がKUVRD

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

長さは最短、最長ともにKUVRDの方が長い(わずかに)

重量は素材の違いもあってピークデザイン スライドライトの方が軽い

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

比べてみるとKUVRDのバックルがかなり大きいことが分かる。

 

左がピークデザインのカフ、右がKUVRD

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

カフの形状が直線になっているのに対し、KUVRDは立体的な作りに。

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

パーツの素材が違うことにより、ピークデザイン カフの方が若干軽い。

 

www.droneskyfish.com

   

KUVRDを使ってみた

こちらがユニバーサルカメラストラップ

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

しっかりした存在感のカメラストラップ。

使用感もスライドライトに近いと思う。見た目はこっちの方が完全にカッコいい。

 

こちらはハンドストラップ

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

シンプルで見た目は良い。

しかしフックの形状ゆえ、アンカーと比べると可動の自由度が限られる。

 

ピークデザインのカフでも起きる現象だけど、カメラの重みでギュンってなるのやめてほしい・・・ 

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

落下防止とはいえ、手首から取り外しにくくなるので、手首を締める必要はほとんどないと思う。

 

KUVRDの残念な点

使ってみると上で挙げた問題点があるように、他にも気になる点が見つかりました。

 

キズがつく

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ 

1日使ってみた状態で既に塗装が剥げています。

ブラックの塗装が美しい製品ですが、そのままキレイに使うことは出来なさそうです。

KUVRD

 

変に引っかかる

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

X100Vの細い金具の穴に取り付けたところ、若干引っかかるケースがありました。

これ、てこの原理でフックを動かない方に持ち上げたら曲がってしまいそう・・・

ちょっとこわい。

 

フックのゆるさが心配

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

簡単に取り外しが出来る様に、フックのバネは軽い力で開閉します。

(言葉では説明しづらいけど、固くはない)

簡単に開閉してしまうので、気付かないうちに外れてしまわないか心配です。

 

希望する改善点

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

個人的な改善の希望点を挙げるとすると、

フック部分の形状やゆるさが気になるので、そこが改善されたら嬉しい。

例えばフックにロック機構を付けたりしてくれないかな。

 

フック部分の仕組みやデザインは最高にカッコいいので、もっと軽めに使えるピークデザインのリーシュの様な、細めのストラップの登場を望みます。

 

おまけ KUVRDのレンズキャップ

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

今回のストラップの配送が遅れたことで、おまけでレンズキャップが付いてきました。

 

これはゴム製のレンズキャップで、KUVRDの人気製品

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

ゴム製なのでレンズの直径に左右されず使え、収納時にはコンパクトになるアイデアグッズ

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

一般販売されているので気になった方はぜひ。

 

KUVRDのストラップについてのまとめ

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

今回ゲットしたKUVRDのユニバーサルストラップのまとめはこちら

 

他にはないカッコいいデザインのストラップ。

ピークデザインのストラップをさらにミニマルにしたデザインです。

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

アンカーを利用せずとも簡単にストラップを着脱可能。

デザインと機能が合わさった、今までになかった製品になっています。

KUVRD ユニバーサルカメラストラップ   

 

最後に

f:id:drone_skyfish:20200829091005j:plain

以上、新しく登場したカメラストラップの紹介でした。

ここ最近、手持ちのカメラには全てアンカーを取り付け、ピークデザインのシステムを利用していましたが、今回KUVRDのストラップを使うために外したところ、かなりすっきりした状態になり驚きました。(本来の状態だけど)

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ

 

KUVRDのユニバーサルストラップの登場により、もしかしたら今後、カメラマンのピークデザイン離れなんて言葉が登場するかも!?

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ 

 

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ、きっとその内どこかで一般販売すると思うので、気になった方は使ってみて下さいね!

KUVRDのユニバーサルカメラストラップ 

 

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com