スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮する一般人のBLOG-

東京在住の普通の会社員がDJIのドローンを勢いで買ってしまったブログです。

スカイフィッシュのドローンブログ

【ドローンNDフィルター】空撮動画の撮影にマストなドローン用NDフィルターの使用方法

f:id:drone_skyfish:20180615232904j:plain

カメラレンズから入ってくる光量を抑えることができるNDフィルター

そんなNDフィルターはドローン用の物も作られています。

f:id:drone_skyfish:20180615233537j:plain

今回はドローン用のNDフィルターの使い方。

f:id:drone_skyfish:20180615231824j:plain

 

ドローンの空撮動画の撮影に必要なドローン用NDフィルターの使い方

ドローンのカメラに取り付けるNDフィルターについて

f:id:drone_skyfish:20180615224609j:plain

 

NDフィルターとは

数日前のブログでも書きましたが、NDフィルターとは、レンズから入り込む光をあえて少なくし、印象的な写真に仕上げることができるカメラアクセサリーのこと。

f:id:drone_skyfish:20180615233607j:plain 

詳しくはこちらのブログから

www.droneskyfish.com

 

その際さらっと紹介したドローン用のNDフィルターf:id:drone_skyfish:20180604103557j:plain

ドローン用のNDフィルターは、写真の為というよりは動画の為に使います。

  

ドローンにNDフィルターを使う理由とは

f:id:drone_skyfish:20180615233638j:plain

ドローンでNDフィルターを使うべき理由

 

動画のフレームレート

ドローンでNDフィルターを使う理由は動画のフレームレートの為。

パラパラ漫画をイメージすると分かりやすいのですが、フレームレートというのは1秒間に何コマの写真があるか?ということです。

フレームレートが高いほど映像がヌルヌルになり、低いとカクカクになります。

f:id:drone_skyfish:20180611130600j:plain

一般的に普及しているフレームレートは30fpsほど、

ヌルヌルした映像は60fps、スローモーションなんかは120fpsで撮影したりします。

最近ではスマホの動画撮影でも設定できるので馴染みがあるかもしれません。

f:id:drone_skyfish:20180611130603j:plain

 

フレームレートとシャッタースピードの関係 

f:id:drone_skyfish:20180615231853j:plain

ここにシャッタースピードが関係してきます。

動画撮影におけるシャッタースピードは、フレームレートと同じ〜×2倍までの逆数(1/◯◯)までという目安があります。

 

例えば、30fpsのフレーレートの場合にはシャッタースピードは1/30〜1/60

60fpsのフレーレートの場合にはシャッタースピードは1/60〜1/120

 

シャッタースピードが、この目安から外れるとどうなるか?

動画がカクつきます。

カクついた動画を見るのは、どんなに綺麗な映像でもストレスそのもの。

 

特に明るい日中の場合、上記のシャッタースピードの限界がある為、明るさを落とすNDフィルターを使う必要が出てくるのです。

 

レンズの絞り

通常、カメラの設定で明るさを調整できる部分であるレンズの絞り

簡単に言うと、レンズの窓の開き具合で光の入ってくる量の調整をすること。

絞りの値が大きくなる分、窓が小さくなり光の量が少なくなります。

ドローンもカメラの部分に関しては、通常のカメラと考え方は同じです。 

www.droneskyfish.com

 

レンズの絞りがF2.8〜11まで調整できるPhantom4 Proシリーズ

f:id:drone_skyfish:20180404064946p:plain

f:id:drone_skyfish:20180126111251j:plain

この絞りが調整できるPhantomシリーズでも明るい日中にはNDフィルターは必須。

実際にセブ島にPhantom4 Proを持って行った時にはNDフィルターは付けっぱでした。

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

 

Mavic Proの絞りはF2.2の固定f:id:drone_skyfish:20180615223518j:plain

 

Mavic Airの絞りはF2.8の固定f:id:drone_skyfish:20180124154615j:plain

 

Sparkの絞りはF2.6の固定です。f:id:drone_skyfish:20180125121945j:plain

つまり絞りで明るさが調整できないのです。

なので、この上記機種ではさらにNDフィルターは必須と言えます。

 

一応、目安のシャッタースピードでそのまま撮影(NDフィルター無し)をするとどうなるかと言うと、多くの場合、白飛びした様な映像になります。

あと、オートで撮影してしまうと、きっとシャッタースピードが早すぎるはず。

   

ドローン用のNDフィルターの使い方

Phantom4 ProのNDフィルターの付け方を写真で紹介

 

これは純正のNDフィルター 

f:id:drone_skyfish:20180611130500j:plain

f:id:drone_skyfish:20180611130506j:plain

 

通常の状態のPhantom4 Proのカメラです。

f:id:drone_skyfish:20180611130511j:plain

f:id:drone_skyfish:20180611130516j:plain

 

元々先端には保護フィルターが付いています。

f:id:drone_skyfish:20180615224629j:plain

 

Phantom4 Proの保護フィルターを外しました。

f:id:drone_skyfish:20180611130528j:plain

f:id:drone_skyfish:20180611130522j:plain

 

下は、左が保護フィルター、右がNDフィルター

f:id:drone_skyfish:20180615224723j:plain

 

NDフィルターを取り付けます。

f:id:drone_skyfish:20180615233727j:plain

f:id:drone_skyfish:20180611130539j:plain

f:id:drone_skyfish:20180611130534j:plain

これで完了!見た目のとおり暗くなります。

これだけで光を抑えて撮影ができます。 

 

ドローン用のNDフィルターの種類

各ドローンごとにカメラのサイズなどが違うので、それぞれのNDフィルターが発売されています。

 

Phantom4 ProのNDフィルター

f:id:drone_skyfish:20180615231140p:plain

 

Mavic AirNDフィルター

f:id:drone_skyfish:20180615231158j:plain

 

Mavic ProのNDフィルター 

f:id:drone_skyfish:20180615231215p:plain

 

SparkのNDフィルター

f:id:drone_skyfish:20180615231231j:plain

 

最後に

ドローンの動画撮影に必須のNDフィルター

用意していなかった方はぜひこの機会にご用意を! 

f:id:drone_skyfish:20180615231932j:plain