スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮する一般人のBLOG-

東京在住の普通の会社員がDJIのドローンを勢いで買ってしまったブログです。

スカイフィッシュのドローンブログ

【GoPro】新しい空撮の可能性!Wiral LITEがすごい!【iPhone】

f:id:drone_skyfish:20171029205034j:plain

ネットを見てたら面白そうな製品を見つけました!

 

 

新しい空撮の可能性!Wiral LITEが面白そう!

とりあえず

こちらの動画を見てみて下さい!

 


The IMPOSSIBLE film shot - POSSIBLE

 

この映像、全て一つの機材で撮影されています。

空撮の映像もありますが

ドローンを使っているわけではありません。

 

こちらはWiral LITE

 という新しいガジェットが使われています!

 

Wiral LITEって何?

Wiral LITEはこちら

f:id:drone_skyfish:20171029190224j:plain

この写真ではGoProをマウントして使っています。

 

本体だけだとこんな感じ

f:id:drone_skyfish:20171029190340p:plain

 

これだけ見ると何?

って思うかもしれません。

 

一式の画像はこんな感じ

 

f:id:drone_skyfish:20171029190448p:plain

 

このWiral LITEは、上の写真の黄色いロープを柱や木に張って

そこにカメラを乗せたWiral LITE本体を滑走させるのです。

 

カメラは1.5kgまで大丈夫な様で

色々なカメラが搭載できそうです。

 

どんな風に使うの?

使い方はこんな感じ


How to Use Wiral LITE

 

メイキングの映像もあるのでこんな感じで使用します。

 


Personal CABLE CAM system for GoPro - Wiral LITE

 

ドローン持ちから見たWiral LITEの良いところ

空撮の映像があるので、

空撮だったらドローンでいいでしょっと思うかもしれません。

でも、このWiral LITEはドローンでは撮れない映像が撮れるのです!

 

f:id:drone_skyfish:20171029200420p:plain

 

狭い場所でも撮影できる

参考の動画でもいろいろなポイントで撮影していますが

狭い車内や部屋の中、

木が多い森の中でも、

ロープが張れればどこでも撮影ができます。

 

ドローンでは森の中を飛ばすのはリスクが非常に高いですが

このWiral LITEではロープの軌道上を移動するので

どんな狭い場所でも走らせることができます。

 

ドローン飛行禁止エリアでも使える

もちろん場所によりますが、

ドローンが使えない場所でも使える可能性があります。

 

特に公園ではドローン飛行禁止の場所が多いですが

このWiral LITEであれば木に引っ掛けて撮影が可能です。

 

いろんなカメラが使える

重量の制限が1.5kgまでですが、

GoProやiPhone、OSMOや、軽量な一眼レフカメラも!

様々なカメラ、レンズが使用できます!

f:id:drone_skyfish:20171029190756g:plain

 

バッテリーの駆動時間が長い

バッテリーは2〜4時間とのこと。

ドローンは15〜30分くらい。

かなり違います。 

 

 事故の確率が少ない

ドローンの飛行にはリスクが付きまといます。

最悪の場合を考えて、飛行させなければいけません。

 

Wiral LITEはレール上を移動させるので事故リスクは

ドローンと比べると圧倒的に少ないです。

 

移動しながらのタイムラプス動画が撮影できる

ドローンはバッテリー時間が短いので

長時間のタイムラプス映像の撮影ができません。

 

このWiral LITEはタイムラプスモードもあり

 ドローンでは撮れない様な長時間の

タイムラプス映像が撮影できます。 

f:id:drone_skyfish:20171029200310g:plain

 

その他のWiral LITEのスペック

f:id:drone_skyfish:20171029201555j:plain

  • 最高時速45km
  • リモコンで操作
  • 重さは600g

 

 Wiral LITEはどこで買えるの?

現在Wiral LITEは普通に発売されていません。

 

クラウドファインディングのKickstarter

製品化するための資金を集めています。

 

クラウドファインディングとは

クラウドファンディング - Wikipedia

 

Kickstarterとは

Kickstarter - Wikipedia

 

studio9さんでKickstarterの利用方法について書かれています。

photo-studio9.com

 

このWiral LITEのクラウドファインディングでは

参加した人に対して完成した製品が送られます。

 

そして、このWiral LITEはすでに目標金額に達成しています!

2017年の11月16日まで期間があるので、今なら参加可能です。

もちろん日本からの応募も可能!

 

到着予定は2018年3月ごろ!

 

メリットとしては、

Kickstarterで参加しておけば

割安に最新の製品を手にすることができます。

 

気になった方はぜひ見てみて下さい!

 

Wiral LITE/Kickstarter

 

アプリもあります!

 

 

 

 

イラスト図解式 この一冊で全部わかるクラウドの基本

イラスト図解式 この一冊で全部わかるクラウドの基本

 
60分でわかる!  クラウド ビジネス最前線 (60分でわかる! IT知識)

60分でわかる! クラウド ビジネス最前線 (60分でわかる! IT知識)