スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮する一般人のBLOG-

東京在住の普通の会社員がDJIのドローンを勢いで買ってしまったブログです。

スカイフィッシュのドローンブログ

【ドローンおすすめアイテム】実際に飛ばしてみて分かったDJI Sparkと一緒に用意するべき10のモノ

f:id:drone_skyfish:20171031113144j:plain

今回購入したDJI Sparkは

僕にとって2台目のドローン。

 

1台目のドローン Phantom4 Proのサブ機として購入しました。 

 

 今までPhantomを使ってきたので

ドローンを使う上で用意するモノは何となく分かるのですが、

小型のドローンは仕様が違うので

必要なものが若干違ってきます。

 

昨日のブログで書きましたが、

www.droneskyfish.com

 

今回Sparkを実際に使ってみて

改めて必要だと感じた小物を紹介します。

 

 

DJI Sparkを使うなら用意するべき10個のおすすめアイテム

僕はフライモアコンボという

一式のセットを購入したのですが、

 

写真はフライモアコンボのセット内容

f:id:drone_skyfish:20171103022630j:plain

Sparkはスマホだけでも飛行させることができるので

本体のみの単体でも販売しています。

 

ここで紹介するアイテムは、

フライモアコンボに入っている物もあるので

Spark単品以外で用意するべき物を紹介します。

 

 

マイクロSDカード

 

前にも言いましたが、ドローンで撮影すると

あっという間にデータ容量がいっぱいになってしまいます。

予め大きめの容量のマイクロSDカードを用意しておくことをおすすめします。

 

ちなみにSpark背面にマイクロSDカードを入れるスロットがあります。右の穴。

一応左はマイクロUSB端子。

f:id:drone_skyfish:20171103021907j:plain

 

これは個人的に、マイクロSDカードあるあるだと思うのですが、マイクロSD差し込みの表裏が分かり辛いので写真で。

こっち向きで入れるのが正しい。一見裏側っぽいけど。

f:id:drone_skyfish:20171103023539j:plain

 

こっち向きは違います。

f:id:drone_skyfish:20171103023543j:plain

 

 

予備バッテリー

f:id:drone_skyfish:20171103021902j:plain


ドローンのバッテリーの時間は短いんですが、

Sparkは特に短く、カタログでは16分とのこと。

実際の運用では10〜12分くらいでしょうか。

飛ばすとあっという間に時間が過ぎてしまうので

予備バッテリーは絶対にあった方がいいです。

f:id:drone_skyfish:20171103021931j:plain

 

 

 


 

 

プロペラガード

f:id:drone_skyfish:20171102115206j:plain


パームコントロールと言って、

手のひらから簡易的に

飛行させることができるのが

Sparkの魅力です。

 

手のひらから離陸、着陸させる際には

プロペラガードが必須です!

 

f:id:drone_skyfish:20171103021833j:plain

又、ドローンは飛ばす場所が限られるので、
最初、家の中で飛ばしたくなります。
で、これで結構クラッシュするみたいです。

 

家の中ではGPSが拾えないので

不安定で、特に初心者には危険です。


慣れないうちは家の中で飛ばすのはやめた方がいいです。
それでも、という方は自己責任ですが、絶対にプロペラガード付けて下さい!

 

プロペラはかなり回転が早いので

事故にならない為にも必ずご用意を! 

f:id:drone_skyfish:20171103021815j:plain
f:id:drone_skyfish:20171103021819j:plain
プロペラガード装着

 

【国内正規品】DJI Spark プロペラガード

【国内正規品】DJI Spark プロペラガード

 

 


 

送信機

f:id:drone_skyfish:20171103021852j:plain

 

ドローンは送信機で操作するのですが、

Sparkは手だけ、スマホだけでも操作できてしまいます。

 

ただ、これではSparkの性能を100%出すことができません。

せっかくなら送信機を使い、

より空撮を楽しむべきです!!

f:id:drone_skyfish:20171103021824j:plain


 

 

【国内正規品】DJI Spark 送信機

【国内正規品】DJI Spark 送信機

 

 

 

送信機ケーブル

f:id:drone_skyfish:20171103021845j:plain


送信機とスマホをつなぐケーブルです。

通常、送信機とスマホWi-Fiでつなぐのですが、

この接続があまり良くなく、映像の遅延が出たり、

なかなか繋がらなかったりします。

このケーブルで有線接続すると簡単に解決するのでぜひ使って下さい!

f:id:drone_skyfish:20171103021808j:plain
f:id:drone_skyfish:20171103021848j:plain
送信機ケーブル

 

お使いのスマホに合わせて端子を選んでください。

僕はiPhone7なので、Lightning端子の15cmの長さにしましたが、

長すぎも短すぎもせず、ちょうど良いくらいの長さでした。

 

 



 

モニターフード

f:id:drone_skyfish:20171103021759j:plain
基本的にドローンは屋外で日中操作します。

晴天時、日差しが強いとスマホの画面

(ドローンの見ている映像が映し出されます) 

が光に反射して全くと言っていいほど見えなくなります。

 

そんな時この簡易的なモニターフードを付けておくと便利です!

操作中に画面が見えないのは致命的なのでぜひご用意を。

f:id:drone_skyfish:20171103021802j:plain

 

 僕はiPhone7ですので、L111mmのサイズがぴったりでした。

 

 

 

レバーキャップ

f:id:drone_skyfish:20171103021859j:plain


送信機のレバーを保護するキャップ。

Sparkの送信機はやけにレバーが飛び出ています。

f:id:drone_skyfish:20171103021852j:plain
f:id:drone_skyfish:20171103021855j:plain
送信機のレバーがやけに飛び出てる

カバンの中に入れておくと引っかかってしまうので

なんとなく不安。

レバーを隠す単純なアイテムですが安心です。 

 

f:id:drone_skyfish:20171103021836j:plain
f:id:drone_skyfish:20171103021841j:plain
こんな感じで安全

  

あれ?自分逆に付けてたわ 

 

 

ジンバルカバー

f:id:drone_skyfish:20171103021927j:plain


これはまじでおすすめ!

Sparkのジンバル&カメラを保護するカバー。

純正かと思うほどぴったりはまります!

f:id:drone_skyfish:20171103021919j:plain
f:id:drone_skyfish:20171103021923j:plain
カバーあると安心!

Sparkは手軽に持ち出せるのが魅力なので、

カバンに突っ込んで持ち歩きたくなりますが

そのままだとジンバルとカメラがむき出しです。

ぜひこのカバーを付けましょう!

 

 

  

プロペラロック

f:id:drone_skyfish:20171103021805j:plain


ジンバルカバーと同じように、

プロペラ部分はむき出しなので、そのままだとくるくる動きます。

そのままカバンの中に入れると心配なので

これででロックさせると便利。

カチッとなり、ぴったりです。

f:id:drone_skyfish:20171103021934j:plain

 


  

風速計

f:id:drone_skyfish:20171103021754j:plain


風速計は以前の記事でもドローン持ちには必要と言いましたが、

特にスパークは小型の為、風に影響されやすいので

目安となる風速計は必要だと思います。

 

安全に飛ばしましょう!

 

 

 

最後に 

今回の紹介したモノは、

僕が実際にSparkを使ってみて感じる、

あったら便利なモノから、

あと一歩のところをフォローしてくれるモノ

 

全て購入して使ってみた感想です。

Spark使いの方、

これから検討している方には

自信を持ってオススメします!

 

大切なドローンを楽しむ時に

より快適に、より安全になること間違い無し!!

 

 

それでは皆さん素敵なドローンライフを!

 

 

DJI STOREはこちら