スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮する一般人のBLOG-

東京在住の普通の会社員がDJIのドローンを勢いで買ってしまったブログです。

スカイフィッシュのドローンブログ

ドローンと一緒に買うべき5つのもの

f:id:drone_skyfish:20170822150855j:plain

ドローンってフライトに必要な物はセットになっているので、

買ってしまえばとりあえず飛ばすことはできます。

 

ただ、そのままだと「あれ買っとけばよかった」とか

「これ必要だな」というものが必ず出てきます。

しかも出先で。

 

一般人がドローンを買った際の目線で

これは必要だと感じた物を紹介します。

 

 

ドローンと一緒に買うべき5つのもの

細かい物や基本的な物ですが、

これらはいずれ買うことになると思うので

ドローン購入の際には一緒に用意しておくことを強くおすすめします!

 

ネックストラップ

プロポ(送信機)を首からぶら下げるストラップ。

 プロポにはストラップを取り付ける金具がついており

首から下げることが出来ます。

f:id:drone_skyfish:20170821191752j:plain

 

なぜ必要かというと、操縦中、プロポのレバーはとっても敏感で

少し動かすだけでドローンがぐいーんと移動します。

 

もし操縦中に誤ってプロポを落としたとします。

マーフィーの法則に従い、きっとレバーが地面と激突し、

ドローンがあらぬ方向に飛んでいき

最悪の場合、衝突や墜落に。

考えただけでも恐ろしい・・・

 

 万が一に備えて、プロポはストラップで繋いで操縦しましょう!

 

あと移動にも便利です!

こんな感じでたすき掛けしてもOK

f:id:drone_skyfish:20170821190221j:plain

 

ほんとネックストラップはマスト! 

僕はDJIの純正ストラップを使用しています。

パットが入っており首も痛くならないのでオススメです。 

 

僕はグレーですが、ブラックもかっこいい! 

 

 

ヘリポート

丸いトランポリン?みたいな感じの素材感のヘリポート。

 

f:id:drone_skyfish:20170819141016j:plain

 

ヘリポートなんて大げさじゃ?と思うかもしれませんが結構大事!

 

ドローンは思っている以上に風を起こします。離陸、着陸時周りが土の地面だと

砂埃が発生し、

大切なドローンのボディやカメラに傷を付けてしまったり、

内部に入り込んでしまう危険性があります!

 

地面を介さずにハンドキャッチ、ハンドリリース

(これについては後日書こうかと思います。)

という選択肢もありますが、

最初の内はヘリポートは用意しておくのが無難です!

 

折りたたみ式でコンパクトになるので

持ち運ぶ際もそんなに苦になりません。 

 

 

風速計

f:id:drone_skyfish:20170824014433j:plain

ドローンは基本屋外で飛行させるので、

天候、気候にかなり影響されます。

雨の日に飛ばせないのは当然ですが、

風が強い場合も要注意です!

風の強さは体感ではなかなか判断し難いので

風速計も用意しておきましょう!

 

手元で簡単に測ることができるのですが

実は地上と上空では全く風の強さが異なり、

上に行くほど風は強くなります!

ですので、ドローンを飛ばす高さも考慮して

目安として考えて下さい。

 

ちなみに僕のPhantom4 Proはスペックを見ると

最大風圧抵抗 10m/s

と表示があるのですが、

そんな状況では恐くて飛ばせません(汗)

あくまでカタログスペックとして

みなさん無茶をしないように。

 

除菌シート

f:id:drone_skyfish:20170824014426j:plain

これ意外というか、なんでって感じかと思いますが、

僕は出かける時に絶対持っていきます。

 

それは屋外(特に河川敷とか)でドローンを飛ばせば分かるんですが

  • ドローン飛ばします 
  • しばらくして戻します
  • プロペラが殺人現場みたいになります!

どういうことかと言うと、

飛んでる最中に蚊とか小さい虫がプロペラにぶつかり

そのままプロペラに付着し、めちゃくちゃ汚れるんです!

妖刀かってくらい無双してる時もあります。

グロいので写真は撮っていません。

 

大体ドローンを飛ばすロケーションって山とか川とかが

多いと思うんですが、当然虫も沢山いるんですよね。

 

汚したくないんで、蚊の大群(よく見る河川敷とかにいるむらむらしてるやつです)

に気づいていれば避けて飛ばすんですが、

ホバリングしてると

気のせいかドローンに虫が寄ってくるんですよ。

 

汚れていていると気分が悪いだけでなく、

プロペラをそのまま放置しておくと

最悪飛行にも支障が出ると思うので

飛行が終わったらその場で除菌シートで拭くようにしています。 

別にティッシュとかハンカチでもいいと思うんですが

精神衛生上、除菌しています。

 

バッテリーカーチャージャー

f:id:drone_skyfish:20170824014429j:plain

車のシガーソケットに差し込むタイプのバッテリー充電器です。

 

ドローンの飛行時間って機種によって違いますが、長くても30分くらい。

安全とバッテリーの寿命の為30分ギリギリまで飛ばすことはありません。

大体バッテリーを30%くらい残して下ろします。

 

ドローンのバッテリーはコンセントで充電するんですが、

外出先に充電できる場所はなかなか無いですよね。

 

予備バッテリーを沢山持っていればいいんですが

そこは予算もあるのでなかなか増やせないところ。

 

移動が車であれば、シガーソケットに差し込む充電器が便利!

コンセントと同様に差し込むだけでOK

バッテリーとプロポも同時に充電できます。

 

僕は車を持っていないので、使う時は

レンタカーや、実家に帰った時くらいですが、

これのおかげで何倍も飛行時間を増やせました。

持ってなかった時はバッテリー残量が無くなれば

そのまま帰宅するしかありませんでした。

 

車もっている方はもちろん、持っていない方も

使う機会がきっとあるのでぜひご用意を!

 

純正はこちら

 

純正は高いので僕はこれ使ってます。(Phantom4 proにも使えます。)

ちょっと不安でしたが意外と普通に使えています。一応使う時は自己責任で。

 

Mavicの方はこちら

 

まとめ

以上が、ドローンと一緒に買うべき5つのものでした。

これは僕がドローンを飛ばしに行く時に必ず持っていくものです。

これを用意するかしないかでフライトは大違いです!

皆さん忘れずご用意を!

 

現在DJIストアでは最大40%offのキャンペーン中とのこと!

人気商品も特別価格になっている様です! 

DJIストアページ

 

 

 

あともしあと一つ、ドローンと一緒に買うべきものを上げるとしたら

 

 

車!

 

車欲しー!

 

 

POPEYE(ポパイ) 2017年 6月号 [車が欲しい! ]

POPEYE(ポパイ) 2017年 6月号 [車が欲しい! ]