スカイフィッシュのドローンブログ

東京在住の一般人がドローンを勢いで買ってしまったブログ。

スカイフィッシュのドローンブログ

ドローンを持ってたら合コンでお持ち帰りができた

f:id:drone_skyfish:20170831181603j:plain

前回のブログとの落差がひどい。

オカンなんかごめん!

 

昨夜の出来事である

  

 

ドローンを持ってたら合コンでお持ち帰りができた

かっこいいの方程式 

 

f:id:drone_skyfish:20170831111402j:plain

 

ドローン = かっこいい = ドローン持ってたらかっこいい

  

 

男にはきっと、何かかっこいいと思うものがあるはずだ。

僕の場合、ドローンだが

かっこいいものならなんでもいい

車、飛行機、カメラ、スニーカー、楽器…

 

人それぞれだが

男であれば先ほどの方程式に何か当てはまるはずだ。

 

かっこいいものには男のロマンがある。

 

ロマンとは

理想的に物事をとらえること。夢や冒険などへの強いあこがれをもつこと。

 らしい

 

 
つまり男はみんなロマンチストな冒険家だ。

この方程式は完璧なはずだった。

 

ただ一つの誤算を除いて。

 

 

誤算 

f:id:drone_skyfish:20170831111709p:plain

かっこいいの基準が

男女では全く異なるのだ

 

女の可愛いがまったく可愛くないのと同時に

 

男のかっこいいは女には通じない

(いや誰から見てもかっこいい人はいます)

 

男のかっこいいが女にモテるわけではない。

 

この男と女のかっこいいの差を埋めるものはこの世に二つしかない。

本人のキャラクターか、金である。

 

基本インスタ映えしか考えていない生き物である。

そこの隙間に入り込むには、女の感じる、キモくない男の部類に属するか、

(あくまで女によって違うのでこれには正解がない。)

とにかく現金を持つしかいない。

 

事実

ここでドローンに話を戻す

 

ドローンは荷物になる

 

最近のDJIのSparkやMavicはコンパクトなのでバッグに入るが

単純に荷物が増える。 

 

僕のPhantom4なんて街でもってたら完全に旅人だ。

 

 

そして女は男の荷物を許さない。

 

圧倒的に男は手ぶらがモテるらしい。

 

逆に、荷物が多い男はなんかキモいらしい。

 

 

つまりドローンはモテないのである。

 

驚愕の事実だ。

 

「趣味?ドローンやってるよ」

「きゃーカッコイイ!抱いて!」

これを夢見てドローンの世界に入った。

 

しかし現実は残酷だ。

 

アドバイス

f:id:drone_skyfish:20170831112921j:plain

男性諸君、モテたかったら

 

街コンには手ぶらで行くといい!

 

相席屋でもいい!

 

とにかく今すぐドローンを窓から捨てなさい!

 

 

昨夜の出来事

 

ドローンを持ってたら合コンでお持ち帰りができた

 

 

という夢を見た

 

 

 

 

夢をみた

夢をみた

  • 作者: ジョナサン・ボロフスキー,オン・サンデーズ,金沢一志
  • 出版社/メーカー: イッシ・プレス
  • 発売日: 1987
  • メディア: ?
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

 

王様の夢枕 アイボリー (専用カバー付)W52×D34×H12cm 【マルチ枕付き】