スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮する一般人のBLOG-

東京在住の普通の会社員がDJIのドローンを勢いで買ってしまったブログです。

スカイフィッシュのドローンブログ

【Parrot ANAFI】最新ドローンが遂に到着!ハンズオンレビュー!

f:id:drone_skyfish:20180822085804j:plain

フランスのドローンメーカーParrotの新作ドローンANAFIがついに到着しました!

 

f:id:drone_skyfish:20180822091541j:plain

開封から、実機の写真と感想など。

 

 

Parrotの最新ドローンANAFIが到着!ハンズオンレビュー!

待ちに待ったParrotの新作ドローンANAFIが到着!

予約したものの、発売日が遅れに遅れ・・・ようやく我が家にやって来ました。

実は到着したのは僕が中国に行っている間。

(配達先は職場にしていたので会社の人が受け取ってくれていた)

www.droneskyfish.com

 

本来なら中国で使いたかったのです・・・泣

 

武陵源で、下からのアングルでこの奇岩を撮影したかったなー(遠い目)

武陵源

武陵源

 

Parrotとは?ANAFIとは?

そもそもParrotというのはフランスのドローンメーカーのことです。

f:id:drone_skyfish:20180115122225p:plain

面白いトイドローンや、フランスらしいオシャレなドローンが特徴

f:id:drone_skyfish:20180822100126j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822100130j:plain

 

こちらはParrotドローンの記事

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

  

しかし、ドローンメーカーとしては中国のドローンメーカーDJIに遅れをとっている感は否めない印象でした。

 

そこに来てこの新作ドローンANAFIの発表!

180度上下に稼働するカメラや

非劣化のデジタルズーム

コンパクトデザインなどかなり攻めた内容。

DJIのドローンには無い機能でかなり話題になりました。

www.droneskyfish.com

 

1社独占状態のドローン市場よりも、様々なメーカーが競合してくれた方がユーザーとしては選択肢も広がるので嬉しいところ。 

www.droneskyfish.com

  

人柱になる覚悟で発表後にすぐに予約したのでした。

 

Parrot ANAFIのスペック

Parrot ANAFIのスペックについて

 

ドローン本体のスペック

f:id:drone_skyfish:20180607103518p:plain

  • 折りたたみサイズ:244x67x65mm
  • 広げたサイズ:175x240x65mm
  • 重量:320g
  • 最大伝送距離:コントローラで4km
  • 最大飛行時間:25分
  • 最高水平速度:15.3m / s(55km / h)
  • 最大垂直速度:4m / s
  • 最大風抵抗:50km / h

 

バッテリー

f:id:drone_skyfish:20180607103806j:plain

  • バッテリー容量:2700mAh
  • バッテリー寿命:25分
  • 充電ポート:USB-C 

 

カメラスペック

f:id:drone_skyfish:20180607103537j:plain

  • センサー:1 / 2.4インチCMOS
  • 絞り:f / 2.4
  • 焦点距離(35mmフォーマット相当):23-69mm(写真)、26-78mm(ビデオ)
  • 被写界深度:1.5m - ∞
  • シャッター速度:電子シャッター1〜1/10000秒
  • ISO範囲:100-3200

 

動画スペック

f:id:drone_skyfish:20180607103612j:plain

  • 4K Cinema 4096x2160 24fps
  • 4K UHD 3840x2160 24/25 / 30fps
  • FHD 1920x1080 24/25/30/48/50 / 60fps
  • 最大ビデオビットレート:100 Mbps
  • ビデオフォーマット:MP4(H264)

 

デジタルズーム機能

f:id:drone_skyfish:20180607100719j:plain

  • デジタルズーム 
  • Lossless::最大2.8倍(FHD)および1.4倍(4K)
  • Standard:最大3倍(4Kシネマ、4K UHD、FHD)

 

写真の解像度

f:id:drone_skyfish:20180607103727j:plain

  • ワイド:21MP(5344x4016)/ 4:3/84°HFOV
  • 直角:16MP(4608x3456)/ 4:3 / 75.5°HFOV
  • 写真形式:JPEG、Adobe DNG(RAW)
  • HDR:4K UHDビデオ

 

スタビライザー機能

f:id:drone_skyfish:20180607103631j:plain

  • スタビライザー:3軸ハイブリッド
  • メカニカル:2軸ロール/チルト角
  • デジタル(EIS):3軸ロール/パン/チルト角
  • 制御可能な傾斜範囲: - 90°〜+ 90°(合計180°)

 

コントローラー

f:id:drone_skyfish:20180607103643j:plain

  • 折りたたみサイズ:94x152x72mm
  • サイズ展開:153x152x116mm
  • 重量:386g
  • 伝送システム:Wi-Fi 802.11a / b / g / n
  • 動作周波数:2.4〜5.8GHz
  • 最大伝送距離:4km
  • ライブストリーミング解像度:HD 720p
  • バッテリー容量:2500mAh 3.6V
  • バッテリー寿命:2h30(Android)/ 5h30(iOS)
  • サポートされるモバイルデバイス:最大6インチの画面サイズ
  • USBポート:USB-C(充電)、USB-A(接続)

  

ANAFI到着!開封してみます!

到着したANAFIを開封します!

まずはボックスから

f:id:drone_skyfish:20180822091234j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091237j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091240j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091244j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091247j:plain

 

ボックス裏側

f:id:drone_skyfish:20180822091251j:plain

 

ボックス側面

f:id:drone_skyfish:20180822091254j:plain

 

オープン!

f:id:drone_skyfish:20180822091258j:plain

 

ANAFIのセット内容

ANAFIのセット内容は以下の通り

  • ANAFI 本体
  • Parrot Skycontroller 3(送信機)
  • キャリーケース
  • 16GB MicroSD card
  • USB-AーUSB-C cable(充電ケーブル)
  • スペアプロペラ
  • 専用工具 

 

キャリーケースに本体が入っています。

左下が送信機のParrot Skycontroller 3

右下がスペアのプロペラ

f:id:drone_skyfish:20180822091301j:plain

 

同封されている紙類はこんな感じ

f:id:drone_skyfish:20180822091305j:plain

保証書

f:id:drone_skyfish:20180822091309j:plain

 

なぜかオーストラリアとニュージーランドのドローンルール?のチラシ

f:id:drone_skyfish:20180822091312j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091315j:plain

 

フライトガイドとクイックスタートガイド

f:id:drone_skyfish:20180822091319j:plain

 

フライトガイドは注意事項について。日本語もあります。

f:id:drone_skyfish:20180822091326j:plain

 

クイックスタートガイドは文字は無く、絵で描かれていて分かりやすい。

f:id:drone_skyfish:20180822091322j:plain

 

ANAFI本体の写真

各製品を写真に撮ったので紹介

 

まずは本体から

長めのキャリーケース。縦笛みたい 

f:id:drone_skyfish:20180822091418j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091421j:plain

 

本体がぴったり収まっています。

f:id:drone_skyfish:20180822091425j:plain

 

本体の底にはケーブルとマイクロSDのアダプター

f:id:drone_skyfish:20180822091428j:plain

 

本体がこちら。折りたたんだ状態の感想は細長い

f:id:drone_skyfish:20180822091432j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091435j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091438j:plain

 

底面

f:id:drone_skyfish:20180822091445j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091442j:plain

 

前後のアームは横に広げるだけ!簡単!

Mavic AirやMavic Proと比べると展開がめちゃくちゃ楽です!

メーカーが「3秒で展開」ってうたっているのも理解できます。

f:id:drone_skyfish:20180822091449j:plain

 

カメラ部分。保護キャップが被せられています。

DJIのドローンの様なジンバルガードはありません。

f:id:drone_skyfish:20180822091452j:plain

キャップを外したカメラの様子

f:id:drone_skyfish:20180822091456j:plain

こちらはキャップ。小さいので無くしそう・・・

f:id:drone_skyfish:20180822091459j:plain

キャップ自体は簡易的な被せ式です。

f:id:drone_skyfish:20180822091503j:plain

 

広げてみました!

DJIのドローンとは違ったカッコ良さがあります!

f:id:drone_skyfish:20180822091506j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091510j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091513j:plain

 

特徴である真上のカメラアングルもこの通り

f:id:drone_skyfish:20180822091516j:plain

 

手に持ってみた感想はとても軽い

f:id:drone_skyfish:20180822091520j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091523j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091527j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091530j:plain

 

折りたたんだ状態

少し長めですが、細いのでとても持ちやすい。

f:id:drone_skyfish:20180822091534j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091538j:plain

 

重量は320gですからね!まじで携帯性に優れています。

f:id:drone_skyfish:20180822091545j:plain

 

四角のボタンが電源ボタン

f:id:drone_skyfish:20180822091551j:plain

 

中央の部分は、バッテリーを外す為のボタン

f:id:drone_skyfish:20180822091548j:plain

押しながら引くとバッテリーが外れます。

f:id:drone_skyfish:20180822105922j:plain

 

この部分にデータを保存するマイクロSDカードが入っています。

銀色のパーツを手前に引くと

f:id:drone_skyfish:20180822105954j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822105947j:plain

マイクロSDカードが取り出せます。

f:id:drone_skyfish:20180822105951j:plain

 

最初からセットになっているのはSanDiskの16GBのマイクロSD

f:id:drone_skyfish:20180822091609j:plain

 

バッテリーの充電は本体にバッテリーを装着したまま、付属のケーブルを使います。

f:id:drone_skyfish:20180822091616j:plain

USB-C の差し込み口

f:id:drone_skyfish:20180822091623j:plain

ケーブル側

f:id:drone_skyfish:20180822091626j:plain

 

接続したら、USBで充電します。

iPhoneとかのアダプター使えば、コンセントからも充電できます。

f:id:drone_skyfish:20180822091619j:plain

 

送信機(Parrot Skycontroller 3)の写真

ゲームのコントローラーの様なデザインの送信機

f:id:drone_skyfish:20180822091329j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091333j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091336j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822105901j:plain

中央部分を上に持ち上げます。

f:id:drone_skyfish:20180822091343j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091346j:plain

 

ここにスマホを設置

f:id:drone_skyfish:20180822091353j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091350j:plain

 

送信機の充電も付属のケーブルを使います。

f:id:drone_skyfish:20180822091629j:plain

 

上のUSB-C の部分に差し込みます。

(下のUSB端子は操縦する際にスマホとつなぐ為のもの)

f:id:drone_skyfish:20180822091633j:plain

本体同様これで充電します。

f:id:drone_skyfish:20180822091636j:plain

  

スペアのプロペラの写真

ボックスに入ったスペアのプロペラ

f:id:drone_skyfish:20180822091356j:plain

広げるとこの様になっています。

f:id:drone_skyfish:20180822091401j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091404j:plain

プロペラは2種類あるので、分かりやすくA・Bと表記されています。

f:id:drone_skyfish:20180822091408j:plain

f:id:drone_skyfish:20180822091411j:plain

 

葉っぱの様なデザインのプロペラ

f:id:drone_skyfish:20180822091414j:plain

 

 

ANAFIを使う為に必要なアプリ「FreeFlight 6」

ANAFIを操縦するには、スマホ側でこちらのアプリを使います。

FreeFlight 6

f:id:drone_skyfish:20180822104850p:plain

 

このアプリを使うことで、飛行中の映像やカメラの設定などを行います。

ダウンロードしておきましょう。 

FreeFlight 6

FreeFlight 6

  • Parrot SA
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

最後に

待ちに待ったANAFIでしたが、実際に触ってみて、思った以上にコンパクトで軽い!

というのが正直な感想。

 

今までDJIのPhantom4 Pro、Mavic Pro、Mavic Airなどを実際に使ってきましたが、

ANAFIは独特な握りやすい細長い形状と、

驚くほど簡単な展開のしやすさが印象的でした。

 

ということで、近いうち実際に飛ばしてみて

フライトの感じや、カメラの映像を検証してみようと思います!

 

ANAFI初フライト!!  

www.droneskyfish.com

 

ANAFIと一緒に必要な物!   

www.droneskyfish.com

 

f:id:drone_skyfish:20180822091642j:plain