スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮する一般人のBLOG-

東京在住の普通の会社員がDJIのドローンを勢いで買ってしまったブログです。

スカイフィッシュのドローンブログ

【ドローンで桜空撮】DJIのドローンPhantom4 Pro でサクラの撮影をする!

f:id:drone_skyfish:20180401185458j:plain

全国で桜満開のニュースもあり、お花見日和な天気が続きます。

今回、桜をドローンで撮影しました! 

 

 

 

DJIのドローンPhantom4 Pro で桜を撮影した空撮写真

f:id:drone_skyfish:20180401191054j:plain

今年も桜が満開!桜の撮影目的で出掛けたわけではないのですが、出掛けた先でたまたま桜の木があったのでドローンで撮影して来ました。

 

ドローンで桜の空撮 

ということで早速、コチラ!

(レタッチ、トリミングしています)

 

f:id:drone_skyfish:20180401193621j:plain

f:id:drone_skyfish:20180401193628j:plain

f:id:drone_skyfish:20180401193636j:plain

f:id:drone_skyfish:20180401193642j:plain

f:id:drone_skyfish:20180401193649j:plain

f:id:drone_skyfish:20180402101238j:plain

f:id:drone_skyfish:20180402101241j:plain

枚数も少ないしほぼ同じ様なアングルですが・・・

普通に見る桜とは少し違った風景ではないでしょうか。

 

撮影に使ったドローン

今回撮影に使ったドローンはPhantom4 Pro

f:id:drone_skyfish:20180401194140j:plain

1インチセンサーカメラ搭載のドローン

業務等でも使われるこのドローン、驚くほど綺麗な映像が撮れます。
 

 

 

ドローンで桜を撮影する時に気をつけること

主観になりますが、ドローンで桜の花を撮影する時に気をつけることについて

 

飛行させてもいい場所か

人口密集地域だったり、私有地だったり色々なケースがあるので、ドローンを飛行させてもいいのか確認しておく必要があります。

公園などはドローンが禁止されている所があります。 

www.droneskyfish.com

 

人口密集地を飛ばす場合には、国土交通省に申請を出すことで飛行させることが可能になります。 

www.droneskyfish.com

 

 これはドローンのフライトに役立つ地図アプリ

www.droneskyfish.com

 

人の多いところは避ける

f:id:drone_skyfish:20180402102253j:plain

桜がある場所は人気のスポットの場合が多いです。なので人が沢山集まる可能性があります。

トラブルの原因にもなるので、人が多い場所はやめましょう。

時間帯に関して言えば、早朝であれば人が少ないと思うのでおすすめです。

 

 

桜に近づきすぎない

f:id:drone_skyfish:20180402102313j:plain

ドローンのプロペラの巻き起こす風はかなり強いです。

近づきすぎると桜の花を無駄に飛ばしてしまったり、枝がプロペラに巻き込まれて衝突してしまったり、他の桜を楽しんでいる人の邪魔をしてしまう可能性も。

 

もし近づいて撮影したい場合は、手持ちのカメラで撮影するのがベター。

又、飛行させずドローンを手で持って撮影することもできます。ドローンのジンバル機能でブレない映像が撮れるので、普通のカメラの手持ちよりブレを抑えることが可能です。f:id:drone_skyfish:20180322113742j:plain

 

これはMavic Pro専用の手持ち撮影の為のパーツ

 

せっかく咲いた桜の花、みんなでお花見を楽しむ為にモラルを守って撮影しましょう。

 

レタッチする

f:id:drone_skyfish:20180402102332j:plain

記憶色記録色という言葉を聞いたことがありますか?

自分の目で見た記憶と、カメラの記録では色が異なっているということ。

 

自分の目で見た光景は、自分のイメージ、記憶、フィルターがかかり脳に記憶されます。これが記憶色

カメラが撮影した光景は、センサーが捉えた、客観的な情報です。これが記録色

 

なので、桜というのは自分の記憶やイメージでピンクなイメージがありますが、

実際の記録で言えば限りなく白に近い色です。

なので、桜を見たイメージを伝えたければ、レタッチして、自分のイメージに近づける必要があります。

 

記憶色、記録色どちらが良いとかでは無く、

写真撮ったけど見た時となんか違うな〜って場合は、レタッチで自分の感じた様に編集してイメージに近づけましょう! 

 

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

 

www.droneskyfish.com

www.droneskyfish.com

 

夕方の撮影も狙い目! 

www.droneskyfish.com

 

写真の編集、管理にはLightroomPhotoshopが必須です!

 

 

最後に

桜を撮影するつもりは無かったのですが、今回は出かけた先で近くに咲いていたので撮影できました。

ドローンがあれば普通のカメラと違った、空撮での写真の楽しみ方があります。

ぜひドローンをお持ちの方も、お持ちでない方も、桜の空撮に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

僕も来年は本格的に桜の撮影したい!