スカイフィッシュのドローンブログ -DJIのDroneで空撮する一般人のBLOG-

東京在住の普通の会社員がDJIのドローンを勢いで買ってしまったブログです。

スカイフィッシュのドローンブログ

【ドローン必需品】ドローンユーザーが教える、DJI Mavic Airと一緒に必要なモノ!

f:id:drone_skyfish:20180307114129j:plain

 

先日発売され、すごい人気のドローン Mavic Air

4Kでの撮影ができるカメラを搭載し、今までよりもさらにコンパクトで軽くなった機体。Mavic Airからドローンを始めた方も多いのでは?

 

そんなMavic Airを買った方も、検討している方も、機体と一緒に用意にしておくと良い物があります。

 

僕がドローンを購入した時には何の予備知識も無く、ドローンを飛ばしに行った先「これ必要だな〜」とか「あれあると便利だな〜」とかその場で発見したり後悔したりしていました。

今までの僕のドローンの経験を元に、Mavic Airと必要なモノをご紹介します。

 

ドローン経験者がおすすめするDJI Mavic Airと一緒に必要なモノ!

f:id:drone_skyfish:20180124014128j:plain

 

予備バッテリー

f:id:drone_skyfish:20180307102636j:plain

Mavic Airの最大飛行時間は21分

これはあくまでカタログの数値

実際に飛ばすとなると、バッテリーの劣化を抑えるため7,8割のバッテリー残量でやめておく事をおすすめします。

ですので実際の飛行時間は15分くらいでしょうか。かなり短い・・・

個人的には予備バッテリー2,3個は欲しいところ。

 

せっかくドローンを飛ばしに遠出して来たのに、慣れてきたころに電池が無くなって帰ることになるのは悲惨です。(体験談)

f:id:drone_skyfish:20180307102645j:plain

 

 

ヘリポート

f:id:drone_skyfish:20170819141016j:plain

ドローンのプロペラは思った以上に風を発生させます。 そのままだと周囲の砂などを巻き込む恐れも。精密機器であるドローンにキズを付けたり汚れがつく可能性もあります。

そこで小さく折りたためるドローン用のヘリポートがあります。

安心して起動、離着陸が出来る様になりますし、万が一のリターントゥーホーム(自動帰還システム)の際の目印にもなります。

 

又、Mavic Airの手だけで操作するスマートキャプチャーは地面から起動します。

(Sparkの手だけで操作するジェスチャーコントロールは手のひらから)

f:id:drone_skyfish:20180124010954p:plain

屋外は綺麗な場所だけではないので、最初のうちは簡易的なヘリポートがあると安心。

コンパクトになるので持ち運びも○ 

 

ブロワー

f:id:drone_skyfish:20170827192332j:plain

カメラのレンズ等の汚れを風圧で飛ばすブロワー。

ドローンのカメラ、ジンバルは繊細なので、下手に触るより飛ばせる汚れはブロワーで吹き飛ばしましょう! 

ドローンを安心して使える様、こまめなメンテナンスは大切です。 

 

アルコール除菌シート(ウェットティッシュ)

これから暖かくなってくる季節、外では虫が発生してきます・・・ 

ドローンのフライト後、プロペラやボディには思った以上に汚れることがあります。

(虫の残骸が・・・)

フライトが終わったら除菌シートで簡単に拭いておくのをおすすめします。 

 

 

アンテナブースター

送信機のアンテナに装着する、電波の増幅器

正確には電波を増幅するわけでは無く、電波の方向を絞ることで電波の指向性を高めるものです。(水道のホースをつまむ様な感じ?)

下の写真はPhantomの送信機に取り付けたアンテナブースター。鏡の様に反射して、限られた方向に電波が飛ぶような感じ

f:id:drone_skyfish:20170827194529j:plain

正直これは気休めな感じもありますが、僕は常に使っています。

指向性が高くなるので、飛行中は常にドローンの方向にブースターの面を向けておく必要があります。

 

 

最後に 

以上、 DJI Mavic Airと一緒に必要なモノ!でした。

知らないとドローンのフライト直前、フライト直後に必要だな〜と思うことになると思うので、ぜひ予めご用意を!

 

Mavic Airを持っている方も、検討中の方も参考になれば幸いです。